第64回東京新聞杯(クラレント)

ダッシャーゴーゴーという馬が少し前の短距離界で活躍していました。
私は運よくこの馬の好走ポイントを割と早期に発見できまして
その後のこの馬が出走しているレース予想では、そのデータに大変お世話になりました。

まあ、そのデータをブログで発表したらあっという間に周りに広がって
パクっ・・・いえ、インスパイアされて、予想していただいたのには少し苦笑しましたが(笑)
私も先人の予想技術を大分パクっ・・・いや参考にさせていただいていつので、人の事は言えないのですが。



何が言いたいかと言うと、レース分析も大事ですが、競走馬そのものの特徴を掴むことも大事だというお話です。
そこで今回はクラレントを取り挙げます。


昨年、データで残ったのに切ってしまって馬券を外してしまったので
じっくり研究してみました。

■3着以内に入ったレース
東京新聞杯02

■4着以下に負けたレース
東京新聞杯03
※距離の違うレースは前半を平均ラップにして誤魔化してありますw


大まかに分けると、クラレントは右肩下がりの瞬発力戦では好走し
右肩下がりもしくは平行な持続力を問われるレースでは負けています。

わりとはっきりと特徴が出ているのでわかりやすいんじゃないでしょうか。


昨年のスローの瞬発力戦の東京新聞杯はまさにピッタリの展開だったという事ですね。

逆に言うと、今年もスローなら上位に来る可能性が高いですし
ハイペースで上りがかかるようなら、消えると思います。

スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: