先週の回顧(追記有)

3連休だったので日曜日から遊びに出かけており、遅くなりましたが回顧を。






■アルゼンチン共和国杯

軸馬
ムスカテール 8着

上り3F:35.2なのでややスロー寄りという感じでしょうか。
1着アスカクリチャンは2400m以上の実績が無かったので消していた馬ですね。
一応前走2000mで4着ですが、斤量59kgで0.2秒差(2000m向きの感じ)、2100m以上実績全くなしでは買えませんでした。
過去の傾向に全く当てはまらない馬だと思います。
エックスマークやメイショウナルトが凡走したことで、2400m以上の実績が望ましいのは間違いないと思うのですが、来年への申し送りをするなら
・G2で連対実績のある馬は別扱い
・(2400m実績の無い)2000mG2で連対馬がそれより軽い斤量で出走して来た場合
上記のケースは例外扱いくらいしか現時点では思いつきません。

2着アドマイヤラクティは、週中のコメントでも書いていたのですが東京コースの芝2400m以上の実績があるので評価はしていたのですが、16番に入った時点で消しました。
過去1度も無い15番より外で好走されたので止む無しと思う事にします。


ちなみに週中の日記で紹介した1600万を58kgで勝った馬が2着・4着でしたね。
今後もこのデータは覚えておくと、得をするかもしれません。


≪追記≫
ラップのグラフを作成してみたのですが
早めのスパートで後3Fが加速のあまりない珍しいラップになってますね。
この辺りが2000mまでしか実績のないアスカクリチャンが好走できた理由かもしれません。

ア共和国杯01

このラップを見る限り、今後アスカクリチャンが2400m以上で好走できるかと言われると、ちょっと疑問かもしれません。

ムスカテールの敗因はこの辺りにあるのかもしれません。


■アルテミスS
このレースは相性の良いレースで2年連続的中です。
好走馬の傾向がはっきりしているので狙いやすいレースですね。

少しヒントをいうと加速力とトップスピードのある馬が好走しやすいのですが
単純に上り3Fの数値だけで考えていても当たらないと思います。

実はこのレース馬券をアップしているのでお分かりだと思いますが
穴狙いでヤマニンアリエッタを買っていました。

単勝167倍だったのですが、この馬の新馬戦はレベルが高いと思ってます。
勝ちタイムは1.24.2と遅いのですが、2着馬ナムラアッパーは上りで0.5秒も遅いのに、次走未勝利戦を楽勝してOP特別や500万でソコソコ好走しています。

3着のデリッツァリモーネは上り1位で追い込んでましたが、先日OP特別の萩Sを勝ちました。
このデリッツァリモーネとヤマニンアリエッタの上り3Fは0.2秒しか違いません。

レース後のコメントを見ても

11着 ヤマニンアリエッタ 高倉稜騎手
「返し馬のときから走りづらそうだったのですが、スタートで脚をとられて、道中はそれを支えながら馬のリズムを整えようとしていました。直線ではジリジリという脚で、最後も不利がありました。うまくいけば5着はあったと思いますが、不完全燃焼でした。しかし、夏に乗ったときと比べて馬は成長しています。体も大きいので、さらに成長すればそこそこやれるのではないでしょうか」

レースにならなかったことが伺えます。
この馬次走あたり500万クラスに出てきても全く人気ならないと思うのですが、いつか好走して穴を開けるのではないかと期待してます。

小回りコースとかに出てきたら是非狙ってみたいですね。


■みやこS
このレースは見したのですがインカンテーションが2着に入りました。
日記で何度か若い馬は瞬発力戦で好走しやすく、高齢馬は持続力戦で好走しやすいと書いたと思います。
その意味においてダート戦は持続力が問われやすく、古馬混合戦のダート重賞で3歳馬が好走するのはかなり大変な事になります。

実際に2001年以降ダート3歳以上重賞のD1800~D2100で3着以内に入ったことのある3歳馬は
------------------------------------------------
日付 開催 R レース名 馬名S
------------------------------------------------
131103 5京2 11R みやこSG3 インカンテーション
121202 5阪2 11R JCDG1 ホッコータルマエ
121104 5京2 11R みやこSG3 ホッコータルマエ
091206 5阪2 11R JCDG1 シルクメビウス
091206 5阪2 11R JCDG1 ゴールデンチケット
091003 4阪7 10R シリウスHG3 ワンダーアキュート
091003 4阪7 10R シリウスHG3 ゴールデンチケット
061125 5東7 11R JCDG1 アロンダイト
051126 5東7 11R JCDG1 カネヒキリ
041128 5東8 10R JCDG1 ジンクライシス
021123 4中7 11R JCDG1 アドマイヤドン
011124 5東7 11R JCDG1 クロフネ
------------------------------------------------
これだけしか例がありません。

後のG1馬が5頭/9頭で、殆どの馬がG2まで勝っています。
インカンテーションの今後に期待してみたいですね。

できれば本命にした前走勝ってほしかったのですが(笑)


Against All Odds - Phil Collins
スポンサーサイト

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: