第148回天皇賞(秋) 回顧

脳内妄想全開で外した天皇賞秋を回顧します。



■今日の馬場
まず今日の馬場であるが、9Rで芝1400m1.20.3というタイムが出たので
天皇賞秋の勝ちタイム1.57.5はそれ程極端に速いタイムではないように思う。

1日の中で馬場の変化があり、馬場差を出すのが難しいのだが
高速馬場ではないにしろ、良の中でも比較的良いタイムの出る状態ぐらいのイメージだろうか。

普通の良が-0.15~-0.1/Fとして限りなくー0.15/Fに近いかやや超えるイメージ
(高速馬場は-0.2/F以上目安)


なので今日のレースも超ハイペースと言うわけではないと思う。


■レースラップ
今日の天皇賞秋のラップを馬場差を考慮せずに平均ラップと比較すると以下の通り。
天皇賞秋02

平均的な天皇賞秋のペースであったと思う。


■ジャスタウェイの好走理由
手前味噌な話で申し訳ないが、ジャスタウェイは昨年の天皇賞秋の予想日記で猛プッシュした馬である。
第146回天皇賞(秋)予想②

残念ながら昨年は前提条件の天皇賞らしいハイペースではなく、スローの瞬発力戦になり
(逃げたシルポート除くw)
ジャスタウェイは3着以内に入れなかったが、少なくとも昨年時点から天皇賞秋で好走する基礎能力はあったように思う。
(ここまで楽勝するとは思わなかったがメンバーの質が落ちたせいもあると思う)

また、距離延長や斤量増加を気にされた方もいるかと思うが
私自身は非根幹距離・根幹距離とか全く信じていないし、200mの距離延長も人が50歩ほど多く走る程度と同等と考えているので、気にしていなかった。
<私の考え方のスタンス>
競走馬の距離適性について

斤量も58kgの経験無で好走した馬はダークシャドウ等を含め数多くいるので、馬格のある馬なら気にする必要はないのではと思っている。
(基本的に3歳秋からバリバリのG1馬で無い限り、(特に上り馬は)58kgという斤量を背負う機会の無い馬が多い)


ちなみに今回の勝ちっぷりでジャスタウェイがJCでも有力と考えている方もいるだろうが
私は「(ハイペースになりやすい)天皇賞秋だから、好走できる下地があった」
と考えており、JCでの好走は疑問視している。
(まだ詳しく分析していない現時点での考え)
JCでも走れるなら昨年の天皇賞秋でも好走できたのではないかと思えるからである。




■トウケイヘイローの敗因
基本的に天皇賞秋は東京コースのG1・G2実績馬が好走しやすく
好走歴の無い馬の中では札幌記念勝ち馬が好走するケースが多い。

トウケイヘイローも札幌記念の勝ち馬だが、今年は函館開催である。
札幌も函館も同じ洋芝で2000mのG2じゃないかと思われる方もいるだろうが
日記のどこかに書いたと思うが、函館の芝2000mは持続力が問われ、札幌の芝2000mは持続力と瞬発力がバランスよく問われるコースで両者はかなり違う。

札幌記念の回顧日記に書いたと思うが、この馬は有馬記念で是非狙ってみたい馬である。
「距離が~。」と思われる方もいるだろうが、私の考え方は上に書いた通り。

ちなみに1986年以降の有馬記念の良馬場の平均タイムは2.32.7である。
芝1600mのOP特別から参戦し、「あっと驚くダイユウサク」と言わしめた年の有馬記念の勝ちタイムは2.30.6で期間中4番目に速いタイムである。

距離が長いと言われたダイワメジャーがディープの3着に粘った年は2.31.9で平均より速い。


よく言われる短距離馬はスローでないと長い距離のスタミナが持たないという理屈が実に疑わしいと私が思う理由だ。



■エイシンフラッシュ買い時?消し時?
今回の私の妄想の原因である(笑)

エイシンフラッシュはムラ馬のイメージがある。
私と相性が悪く、買うと来ないし、消すと来るw

G1を勝っている割には成績も安定していない気がする。
その理由を探っている内に1つのデータに行き着いた。

そのデータが以下のものである。
◆間隔別集計
クラス:重賞
集計期間:2010. 1.17 ~ 2013.10.26
----------------------------------------------------
間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------
連闘 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
2週 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
3週 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
4週 0- 2- 0- 1- 0- 3/ 6 0.0% 33.3% 33.3%
5~ 9週 2- 0- 1- 0- 0- 1/ 4 50.0% 50.0% 75.0%
10~25週 1- 1- 3- 0- 0- 3/ 8 12.5% 25.0% 62.5%
----------------------------------------------------

フラッシュが重賞に出走した場合のレース間隔別成績である。
まず、3週で1戦1勝と安定しているように思えるが
1勝 毎日王冠9着→天皇賞秋1着
と凡走後の1勝である。

次に4週だが2着2着は
1回目 大阪杯3着→天皇賞春2着
2回目 JC8着→有馬記念2着

となり、整理するとレース間隔4週以内の場合、連続して馬券になったのは7戦して1回しかない。
(距離が激変した1回のみ)

5週以上の12回中8回馬券になっているのと比較すると明らかに成績が良くない。

ここで私の脳内には
「フラッシュって間隔短いと連続して走る気無くすんじゃね?」
という脳内妄想全開になり、

「ここでフラッシュをバシッと切って3連単当てたらカッコよくね?」
(今日はどうせ儲かっているしw)
と妄想が広がったのであるwww

その結果は、見事にご覧の通りである。

但し、このデータは全く的外れなものではないと今も思っている。
今回3着とはいえかなり離されたものであるし
メンバーのレベルが低かったせいで3着に来れたとは考えられないだろうか。

となるともし、次にJCに出走して来た場合にこの中途半端な好走(3着)は何とも悩ましいのだが
現時点では凡走パターンなのではないかと思っている。


以上、何だかよくわからない回顧である。

スポンサーサイト

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ジャスタウェイ突き抜けましたね!
エイシンの間隔別成績は非常に参考になります。自分も相性悪いので。ただ今回は予定よりメンバー弱体化と、2000mはあまり崩れていない点から買い目に加えました。(ジェンティル1着固定の裏を買わず外れましたが)
コディーノはスローペースで切れを活かす展開の方があっているんでしょうね。

No title

ジャスタウェイ強く見えましたね

大舞台で輝きを放つ辺りがいかにもハーツクライの仔って思わされますね笑

こちらはようやく秋のG1的中できて天皇賞春秋的中できてよかったです

しかしこれでジャパンカップはますます難解なレースと一般の競馬ファンは見る形になりそうですね

今年のジャパンカップは伏兵の活躍に期待したいなという思いであります

Re: No title

あしげさん

ジャスタウェイ強かったです。
フラッシュの間隔データ見つけた時は「これだ!」と思ったんですがw
確かに2000mは大きく崩れていないですね。

コディーノはキンカメ産駒の夏の成長を期待したのですが
残念でした。
リスポリ騎手はマイルを勧めているようですが、どうなんでしょうかね~。

Re: No title

天然の馬人さん

ジャスタウェイは今後も楽しみですね。
春秋天皇賞的中おめでとうございます。

JCはア共和国杯の結果にも注目ですね。

解説ありがとうございます(笑)

しかし、競馬って欲が出るとホント当たりませんよね。
この土日はテラノイロハで歯車が狂いましたw

Re: タイトルなし

KuUさん

欲に負けてはだめですねw

テラノイロハは本当にもったいなかったですね。

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: