第47回スプリンターズS 予想の根拠

障害戦と新馬戦は一切買わないので、この時間を利用して


今回のスプリンターズSの予想は、最低でもスプリンターズSの平均的なペースになるという前提での予想である。

■スプリンターズSがハイペースの場合
2001年以降の良馬場で平均より上りのかかったレースは4回ある。
そのレースの1-3着馬を見てみると次の通り。

スプリンターズS02

この表を見て気が付くことがある。
ハイペースになると1-3着馬は次の2つのパターンしかない。
○逃げ馬か4角4番手以内の馬
○4角10番手以降の追い込み馬

つまり、4角5番手~9番手の中団の位置の馬は馬券にならないのである。

これは、逃げ・先行馬は元来道中に溜めが無くても走る事に慣れている。
これがハイペースになると差し馬はなし崩し的に脚を使わされて最後伸びなくなる。

最後方に近い位置の馬がかろうじて多少溜めることができるので、伸びるのではないだろうか。

よって、逃げ・先行馬か追い込み馬しか馬券ならないという極端な状況になるのだと判断した。


さて、このハイペースで馬券になった馬には共通点がある。
当然、ハイペースのレースで好走した経験があるのである。

私の調べでは、ラップバランス比率(上り3F/AVE-3F)が「1.04」以上の持続力戦での好走経験があった。
これは、先日スプリンターズSの平均ラップバランス比率が「1.045」と紹介した数値に非常に近い。

よって今回スプリンターズSで狙う馬も「1.04」以上のレースで好走経験がある馬を中心に買いたい。


■昨年~今年のハイペースのレース
昨年の1月以降、ラップバランスが「1.04」以上の芝1200mのレースを調べてみると

<1.05以上>
130825 函館 キーンラG3 フォーエバーマーク(1.054)
130818 小倉 北九州記HG3 ツルマルレオン(1.071)
130428 福島 福島民友 アウトクラトール(1.098)
130302 中山 オーシャG3 サクラゴスペル(1.069)
121103 京都 京洛SH サドンストーム(1.051)
120902 小倉 小倉2歳G3 マイネルエテルネル(1.076)
120819 小倉 北九州記HG3 スギノエンデバー(1.078)
120729 小倉 佐世保特1000 スギノエンデバー(1.052)

<1.03~1.049>
130714 福島 バーデンH マイネルエテルネル(1.043)
120930 中山 スプリンG1 ロードカナロア(1.040)
120630 函館 TVhH1600 フォーエバーマーク(1.044)
120610 函館 UHB杯1000 フォーエバーマーク(1.038)
120325 中京 高松宮記G1 カレンチャン(1.038)

となる。
つまり、これらのレースで好走していた馬が、今回も好走する可能性が高い。
(と私は思っているw)

ロード、ハクサン、ドリームの3頭は「1.05以上」のレース経験は一度も無く
「1.04以上」も昨年のスプリンターズSしかない。

よって、例年よりハイペースになった場合に、いわゆる3強は対応できない可能性があると考えている。


■フォーエバーマークを軸馬にした理由
フォーエバーマークの買い材料は意外と沢山ある。

まず、先ほどのハイペースの場合4角4番手以内か、追い込み馬しか来ない。
今回逃げ・先行して4番手以内にいそうなのは
フォーエバーマーク
ハクサンムーン
サクラゴスペル
マヤノリュウジン

だろうか、この中で先ほどの「1.05以上」のレースで好走した経験のある馬は
フォーエバーマーク
サクラゴスペル
の2頭となる。


次に函館芝1200mのG3で「1.05」を超えるハイペースのレースを勝った馬は
スプリンターズSで好走する確率が高い。

スプリンターズS03

タイムこそ時計のかかる馬場だったので遅いが、「1.051」という前傾ラップのレースで
先行馬が壊滅して差し馬が上位に台頭する中、唯一逃げて1着である。

では、早い時計に対応できるのかという不安点もアイビスSDを見れば解消する。
ハクサンムーンの2着だが、ハクサンが馬番14番に対してフォーエバーマークは4番である。

新潟1000mは外枠が圧倒的に有利なのは有名な話で、どっちの馬が強いレースをしたのかは考えるまでもない。

第20回函館スプリントSはスローの瞬発力戦で度外視できるし
福島民友カップはラップバランス「1.098」という強烈な前傾レースである。

前傾ラップのレース適性はかなり高い。


また、シーズン的にも現在確変中の期間である。

◆月別集計
集計期間:2010. 7.18 ~ 2013. 8.25
------------------------------------------------------------------
月 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------
1~3月 1- 0- 0- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 82 35
4~6月 2- 1- 2- 0- 1- 2/ 8 25.0% 37.5% 62.5% 58 180
7~9月 1- 2- 0- 0- 0- 0/ 3 33.3% 100.0% 100.0% 173 340

10~12月 2- 0- 0- 0- 0- 4/ 6 33.3% 33.3% 33.3% 145 60
------------------------------------------------------------------

◆月別集計
集計期間:2010. 7.18 ~ 2013. 8.25
------------------------------------------------------------------
月 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------
6月 2- 0- 1- 0- 0- 0/ 3 66.7% 66.7% 100.0% 156 186
7月 0- 2- 0- 0- 0- 0/ 2 0.0% 100.0% 100.0% 0 415
8月 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 520 190
9月 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
10月 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 430 190
------------------------------------------------------------------
6月から10月まで馬券を外したことが無い。


■サクラゴスペルを軸馬にした理由
既に述べたが先行馬の中で前傾ラップレースの実績があるからである。
それにしっちぃ☆氏も調教がA評価でもある。


この2頭から「前傾ラップに強い」追い込み馬に流して3連単を買ってみたい。


とここまで書いて3連単にはドリームバレンチノはいらない気がしてきた(笑)
スギノエンデバーと入れ替えようか悩み中w


グランプリボス最初は切るつもりだったが
恐らくペースについていけずに後方待機になる。

今年のマイラーズCが芝1600mにも関わらず「1.035」の前傾ラップで1着の実績もあり
2003年のアドマイヤマックスパターンが考えられるので押さえる。

本当は最も前傾ラップとなった2001年がダート出身馬が大穴を開けているのでシルクフォーチュンも怖いのだが。

スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

後から登場してアレですが実は私もサクラゴスペル本命です

理由は単純に追い切りが良かったからです

これは… 夢あるかもしれませんね笑
プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: