第47回スプリンターズS 的中へのアプローチ②

また少しだけデータを公開

【前3F:34.4以下】※スロー
◆前走距離別集計
集計期間:2005.10. 2 ~ 2012. 9.30
----------------------------------------------------------------------
前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
----------------------------------------------------------------------
同距離 4- 4- 4- 4- 4-45/65 6.2% 12.3% 18.5% 72 69
今回延長 0- 0- 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
今回短縮 1- 1- 1- 1- 1- 5/10 10.0% 20.0% 30.0% 20 95
----------------------------------------------------------------------


【後3F:34.5以上】※ハイペース
◆前走距離別集計
集計期間:2001. 9.30 ~ 2009.10. 4
----------------------------------------------------------------------
前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
----------------------------------------------------------------------
同距離 3- 3- 4- 2- 3-27/42 7.1% 14.3% 23.8% 62 144
今回延長 0- 1- 0- 1- 1- 4/ 7 0.0% 14.3% 14.3% 0 28
今回短縮 1- 0- 0- 1- 0- 8/10 10.0% 10.0% 10.0% 81 27
----------------------------------------------------------------------


さてさて今年はどうでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

実力が足りるか分かりませんが、マヤノリュウジンに期待しています。
阪神の1400勝ちと、休み明けの前走がそこそこ良かったので。

内枠に入れば、カナロアと二頭軸で狙ってみたいです。

Re: タイトルなし

蜜柑さん

真実のシモさんも推してましたね。
来れば高配当間違いなしで面白い1頭かもしれませんね。

No title

賭神さんの持論とは異なったデータになってしまうのですが気になったので一応コメントしてみます。

前函館開催時芝の極悪馬場(8/18以降)で走った馬の次走成績(函館競馬場を除く)がかなり悲惨なことになっています。

あそこまで馬場悪化するとなると流石に影響があるのでしょうか?まあ、あんなに悪化することはあまりないので気にすることはないのかもしれませんが・・・

1-8-2-46/57 確率でみても回収率でみてもあまり良いとは思えないです(あくまで今のところはですが)

スプリンターズSでも該当馬がいたのでここにコメントしてみました。フォーエバーマークなんかは狙おうと考えてたんですけど・・・

Re: No title

うまつんたさん

貴重なデータありがとうございます。
なるほど、そうですか~。

フォーエバーマークは私も気になる1頭なんですよね。
差し馬が上位に来る中1頭だけ残り
かなりの前傾ラップのレースですから。

前にレコードタイムを出して勝った馬のその後の成績を調べたことがあったんですが
確か5週後(中4週)から成績が回復して来たと記憶してます。

馬場による疲労も同じ回復とは限らないのですが。

Re: No title

私も18日以降の芝レースで3着以内を調べてみたら
◆馬場状態別集計
本レースより後の2走
集計期間:2013. 8.31 ~ 2013. 9.22
------------------------------------------------------------------
馬場状態 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------
芝 4- 7- 4- 3- 3-20/41 9.8% 26.8% 36.6% 83 90
ダート 0- 1- 0- 0- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 85
全 4- 8- 4- 3- 3-21/43 9.3% 27.9% 37.2% 79 90
------------------------------------------------------------------
こんな感じでした。

何か微妙にデータが違いますね。


時計のかかる馬場で疲れるなら、ダート戦は常に疲れるってことになるんですよね~。

No title

出走馬全体と函館競馬場以外(バイアス次第だったと考えているため)、次走成績のみで出したので結構検索条件が違うのかもしれません。

後は札幌記念出走馬の疲れが抜けないとのコメントもあった気がします。

------------------------------------------
>>時計のかかる馬場で疲れるなら、ダート戦は常に疲れるってことになるんですよね~。

そうですよねー・・・ 私は疲労や故障に関しては結論が出ないです。故障は馬場の硬度と深い関係があるのかなとなんとなく思っているのですが・・・

私の穴馬

ピックアップした説明はできませんが…
って言うか、「勘」に近いものがありますが…

Sエンデバー
Aセプター

が三着に突っ込んでくるような気がします。

どないでしょうか??

お疲れ様です。
時計の掛かる馬場→疲労=ダート
に少し気になったので、私的見解を。

ダートは砂の上を走るので摩擦抵抗が芝レースよりも数段上なので時計は掛かります。

しかし馬への負担は圧倒的に芝>ダート。

例えばハートビートソングなどは常に脚に不安を抱える馬なので、ダート戦転向を余儀なくされました。

実際今の中央競馬の高速馬場。
硬いアスファルトの上を走ることと砂の上を走ることによる脚への負担差は想像するに容易い。
ダート馬はちらほらタイトなローテーションを組むことが多いです。
勿論レース賞金が低い+中央重賞レースが少ない。降級による賞金減額制度などの理由により4歳馬は使わざるをえないのでしょうが…
ホッコータルマエなどがまさにそうでしたよね。
しかし故障率は圧倒的に芝レースの方が多い。
脚の不安からダート転向後、活躍した馬もたくさんいますので、ダート=疲労という見解はどうかな?と思います。
話は戻りますが、開催末期函館の異常馬場ですが、内の馬場は芝が掘り起こされボコボコだったそうです。人間が歩くことでさえ脚をとられる状態だったそうな。
このような状況下で走っていた馬への影響は少なからずあると考えて当然かもしれませんね。
ソースは確か競馬ブックコラムだったような気がします。

長文になりましたが、さしでがましくも見解を書かせていただき申し訳ありませんm(__)m

Re: 私の穴馬

若輩者さん

理由の説明がないと何ともコメントのしようがありませんが
今のところ私の買い候補には入っていないです。

しいて言うなら、Aセプターは距離短縮組になるのでスローなら
Sエンデバーは超ハイペースになるならチャンスがあるのではないでしょうか。

Re: タイトルなし

mussyuさん

コメントありがとうございます。
いろいろ参考になりました。

但し1点だけ訂正させていただくと
>故障率は圧倒的に芝レースの方が多い。

これは昔の話で最近では違うようです。

http://blog.keibaoh.com/kuriyama/2010/06/post-bef1.html

<引用>
たとえば芝のレースの競走馬の故障率は1999年頃がいちばん高く、約2%だった(出走馬100頭中2頭という意味)が、最近はその半分強(1.1~1.2%)にまで下がっている。それに対してダートの故障率は現在でも1.4%程度だ。


こういう話もあります。
http://www.jairs.jp/contents/newsprot/2011/3/2.html

<引用>
2010年10月31日までの2年間における延べ75万4,932頭の出走馬を対象に調査したところ、予後不良事故の発生は、ダート馬場で出走馬1,000頭につき2.14頭の割合であったのに対して、人工馬場では出走馬1,000頭につき1.51頭の割合であった。

人工馬場=オールウェザーの事だと思います。
※恐らくダートより固い?

よく、芝が高速馬場になったから馬の故障率が上がったんだと、競馬ファンの揶揄を聞きますが
実際は違うようです。


なんと!それは私の勉強不足でした…
これはなんとお詫びしてよろしいか…

しかし大変勉強になりました(^^)
貴重な情報、時間を割いてのご指摘ありがとうございます!

個人的にダートは瞬発力戦が少なく、レース質からも故障率が低いと思っていたのですが、この情報は目から鱗ですね。

うむむ…参りました(笑)

Re: タイトルなし

mussyuさん

いえいえとんでもないです。
こちらこそ様々な情報提供助かっております。

今回はたまたま偶然何かで見た記憶があったのでぐぐってみました。

今後とも忌憚ないご意見お待ちしております。

お世話になっております

日々、色々と勉強させて頂いております。
まだまだ精進が必要だと痛感させられる毎日ですが、
(おこがましいですが)少しでも賭神先生に近づけられるように頑張ります。

函館Cコースの馬場状態(不良)について、私見を述べさせて頂きたいと思います。

芝(良馬場)
⇒芝生を走る感じ

芝(重馬場)
⇒(芝の生え(密度)が良く)地盤さえしっかりしていれば水溜まりが出来る程度で、少し走りにくい程度。

ダート
⇒砂浜を走る感覚

函館Cコース(不良馬場)
⇒田植え時のような、ぬかるんでしまいまともに走れない。下がしっかりしていないので、蹴る力(下が硬ければ反発力で推進力が増す)自体が弱まってしまい、普段使わない筋肉を使用する =筋肉痛や関節を痛める原因となる。

※人間で例えるならば、新婚当時(当時25歳)の男が、田植えなどやったことがないのに『ちょっと手伝いなさい』と嫁父に言われ、少ししか田植えをしていないにも関わらず、その後4日間まともに歩けなかった状態です。(・・・あ、私だ(苦笑))

通常とは違う馬場を(思いっ切り)走る場合、普段は使用しない筋肉を使っている可能性が高く、その回復度は(普段使用していない分)遅いと考えています。

あまりお役に立てない情報で申し訳ないですが、御一読頂ければ幸いです。

これからも勉強させて貰いたいと思いますので、どうぞお身体に留意されて頑張って下さい。

長文、失礼致しました。

Re: お世話になっております

松友ひろしさん

コメントありがとうございます。
言わんとされることはわかりました。
それでも
・競争馬は人間に例えると(普段から鍛えている)アスリートとも言っていい存在で、走るという行為自体には変わりがない点
・そもそも函館開催で疲れが残っているのか

という疑問はあります。

2番目に関しては
同じ時期の他の開催と比較すると
<函館>
◆馬場状態別集計
本レースより後の2走
集計期間:2013. 8.31 ~ 2013. 9.22
------------------------------------------------------------------
馬場状態 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------
芝 4- 7- 4- 3- 3-20/41 9.8% 26.8% 36.6% 83 90
ダート 0- 1- 0- 0- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 85
------------------------------------------------------------------

<新潟>
◆馬場状態別集計
本レースより後の2走
集計期間:2013. 8.24 ~ 2013. 9.22
------------------------------------------------------------------
馬場状態 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------
芝 5- 6- 7- 6- 4-22/50 10.0% 22.0% 36.0% 58 78
ダート 0- 0- 2- 1- 0- 0/ 3 0.0% 0.0% 66.7% 0 176
------------------------------------------------------------------

<小倉>
◆馬場状態別集計
本レースより後の2走
集計期間:2013. 8.24 ~ 2013. 9.22
------------------------------------------------------------------
馬場状態 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------
芝 8- 9- 9- 6- 4-29/65 12.3% 26.2% 40.0% 136 141
ダート 2- 0- 4- 0- 1- 4/11 18.2% 18.2% 54.5% 115 87
------------------------------------------------------------------


小倉よりは確かに悪いのですが、新潟とはほぼ同じです。
函館芝  4- 7- 4- 3- 3-20/41  9.8%  26.8%  36.6%
新潟芝  5- 6- 7- 6- 4-22/50  10.0%  22.0%  36.0%
小倉芝  8- 9- 9- 6- 4-29/65  12.3%  26.2%  40.0%

小倉とも回収値は別として、勝率・複勝率も著しい違いは見られない気がします。

多少普段より疲れがあるとして、それを考慮すべきレベルまで達しているのかどうか。

何か私が意地になって疲れがあることを認めたくないようになってますが(笑)


例えば過去G1レースでレコードを記録した馬の次走までの間隔別成績ですが
◆間隔別集計
本レースより後の1走
集計期間:1990. 6.10 ~ 2013. 6. 2
------------------------------------------------------------------
間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------
連闘 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
2週 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
3週 2- 0- 0- 0- 1- 4/ 7 28.6% 28.6% 28.6% 62 37
4週 2- 2- 2- 1- 0- 1/ 8 25.0% 50.0% 75.0% 91 140
5~ 9週 4- 1- 2- 2- 1- 3/13 30.8% 38.5% 53.8% 80 96
10~25週 10- 1- 2- 1- 2- 7/23 43.5% 47.8% 56.5% 110 74
半年以上 0- 0- 1- 0- 0- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 160
------------------------------------------------------------------
明らかに3週目までは成績が良くない傾向が顕著だと思うんですよ。
(ごめんなさ、前のコメントに5週って言いましたが4週でした)

これは疲労があると思うんですよね。
ここまで函館の例が顕著かと言うと、う~んという感じです。
プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: