FC2ブログ

少しブログの方向性を変更します。

夕方少し寝てしまって寝れないのでw


来週から少しブログの方向性を変更します。
今までは週末の重賞予想がメインだったのですが

今後は馬券力の底力アップを目指した、コース攻略とか血統とかもっと汎用性の高い内容へのシフトを考えています。

重賞はいろんな方が予想をしてますし、
1週間丸々時間かけて重賞1レースの予想より
自分自身の週末のレース予想をもう少し効率的に行うための方向転換だとお考えください。
何より基本的な馬券予想力のアップにつながると考えてえおります。


最初は第一弾として中山D1200mの解説を考えていたんですが、
今週末阪神芝1200mの特別レースが2レースあるので
阪神芝1200mにしたいと思います。

今週はスプリンターズSもありますが
この阪神芝1200mの分析で、セントウルSを振り返り(できれば)1頭有力馬を消したいと思ってます。



次回から阪神芝1200mの分析を行う上で、少しプロローグ的な話をさせていただくと
ラップ分析を行うようになって、今まで自分の中でバラバラだったピースの内いくつかがつながってきました。
その上でこのブログでもいくつか独自の持論を紹介させていただきました。

例えば
「斤量は加速力とトップスピードに影響がある」
「競争馬にスタミナという概念はあまり重要ではなく、もっと影響が大きいのは持続力のレースか瞬発力のレースかである」
「中山芝1600mと相性が良いのは阪神芝1400mと新潟芝1400m」
「持続戦なら距離延長組が、瞬発力戦なら距離短縮組が好走しやすい」
など等です。

ここでまた新しい持論を紹介したいと思います。
「短距離戦のレース結果は、(中・長距離戦より)ペースや枠順の外的要因の影響がかなり大きい」

ようは短距離戦は馬の競争能力の分析に時間をかけるくらいなら、ペースや枠順の影響を分析した方が馬券の的中に近いという考え方です。


私の予想はご存じの通り、
できるだけ印を少なく、
できるだけシンプルに
(保険を賭けた)複勝とワイドがメイン
にしています。


これは作業の方向性としては、余分な(馬券にならない)馬を削っていく作業です。
個人的に馬をいっぱい買うのはあまり好きじゃないのでw

当然多数の馬を買って的中率を上げる方法も有りだと思います。
方向性の違いだけでようは回収率が100%を超えればいいのですから
自分な好きな方向性で馬券を買えば良いと思います。


ラップ分析をしていて、短距離戦は割と鬼門でした。
思った通りの結果にならない事が多く、消した馬に好走されることもしばしばあります。


そこでいろいろ研究していくうちに上記の結論に至りました。
多分皆さんが想像している以上に外的要因の影響は大きいと思います。
短距離戦で消す馬はデータ的に浮き彫りにできます。


その辺りを当分解説していきたいと考えています。


まだ研究途中の段階でもあり、みなさんのご意見も頂戴できれば思います。

スポンサーサイト



テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

そろそろ有料になりますか?(笑)

Re: タイトルなし

KuUさん

前にも書きましたが有料化は全く興味ないです。
このブログは自身の予想力アップのためのものなので
(みなさんに公開しているのはモチベーション維持と自己顕示欲を満たすためw)

何よりチキンハートなので、有料化にするとそのプレッシャーに私自身が耐えられないと思います(笑)


はいわかりました( ̄▽ ̄)

ですけど一つだけお願いが

二歳戦のラップ分析は是非

続けてほしいです。

非常に二歳は難しいので

お願いします。

Re: タイトルなし

コルトガバメントさん

2歳戦や重賞レースも、面白そうだと思ったら
さらっと予想を書くつもりではあります。

芙蓉Sはマユキに注目です。

No title

賭神さん、お疲れ様です♪
自分はD専門で馬券を買っていますが、D短距離戦に関しても同じ見解です。

例えば先週の中山1200D茨城新聞杯

前半34秒を切ると予想すれば、1人気のタマブラックホールやカリスマサンスカイは切れません。というか軸候補たりえます。
ですが基本Dは前有利。
惰弱な前は一掃されますが、こうなった場合、同条件での実績+同クラス実績+そしてハイペースで尚且つコーナー4番手以内で上がり上位を出せていたら合格点。

それに近い馬がジェイケイでしたので同馬を軸。
残念ながらクレバーを押さえることが出来ず馬連しか取れなかったのですが。。。
D1000組やリベルタドーレスが出走していたのでペースは良い感じで流れてくれましたね^^

もうひとつ先行勢は瞬発力よりもパワー、スピードのミスプロ系が中山では特に走っているのも印象的ですね。
これはダート戦の先行馬における資質がスピード持続力≫瞬発力なのだと思います。あと中山の馬場は時計が掛かるので、尚いっそうミスプロが走るのかもしれませんね。

まぁ阪神D2000mのように瞬発力が重要なコースもありますけど笑

余談ですが京都D短距離においても同様に差しが決まるときはこのような条件が多い気がしています(しっかり調べてはいませんが)
阪神D短距離はコースレイアウトより、ペースがそこまで速くならないので、追込み一手は厳しい印象ですね。

上記の理由により、自分も枠やペースの考察に重きを置いてダート戦を予想しております^^

と、恐れ多くもイロイロ書いてしまいましたが、いつも勉強させてもらってます。
自分の予想磨きで手一杯な為、あまり余裕はありませんが、時間を作って賭神さんの見解をジックリ勉強させて貰いたく思っています♪

お体に気をつけて、これからも頑張って下さいね^^

Re: No title

mussyuさん

沢山のコメントありがとうございます。
そして茨城新聞杯の的中おめでとうございます。
茨城新聞杯は私は若干違うアプローチで行き着きましたが
参考になりました。

こちらこそ今後とも宜しくお願いいたします。

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。

ラップ分析とかコース分析等を「TARGET frontier JV」を使って
かなり細かくやっています。

時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: