FC2ブログ

第67回セントライト記念 予想②

前回の日記でラジオNIKKEI賞がリンクすると申し上げたのですが
ラップを分析したところ、どうも微妙な感じです。



■ラジオNIKKEI賞のラップ

セントライト記念03

今年のラジオNIKKEI賞のラップと平均ラップ及び近年セントライト記念に好走馬を出している、アロマカフェ
の年及びレオマイスターの年のラップと比較してみた。

今年のラップの特徴は中盤が緩んだ瞬発力戦で、上り3Fの勝負になっている。
対して平均ラップはもっと持続力を要求されるラップであるし
近年の好走馬を出している2レースは、後4Fからのロングスパート戦になっている。

その意味において今年のラップはかなり微妙である。

では、全く好走する可能性がないのかというとそうでもなく(笑)
次のグラフは、やはりセントライト記念で好走馬を出したロックドゥカンブの年のラップと比較してみた。
セントライト記念04

実にそっくりである(爆)


結論として、好走しそうでもあり、そうでもない気もする(笑)



■好走馬の共通点
そこで、別の視点で好走馬の条件を調べてみた結果が次の表である。
セントライト記念05

【好走条件】
<条件戦上りなら>
① 1000万条件を上り1位で1着
② 500万条件を上り1位で1着(-0.3差以上)

<春から活躍していた馬なら>
○日本ダービー連対馬
○中山重賞3着以内
○重賞連対馬

この5つの条件で、過去6年間の1-5着馬の内、(微妙に足りない馬も含めれば)例外はグレーで塗りつぶした2頭しかいない。2頭/30頭の確率でしかも4着と5着馬である。

表を見ていただければわかるが、「着差が0.1秒足りない」「上り順位が2位」など微妙に外れた馬も含めている。但し、そういう馬は殆ど4着以下である。


ならば、最低限上記の条件はクリアしている馬から検討に入るべきだろう。
条件クリア馬は次の通り。

<500万条件>
130901 2新C 8R 500万下 ユールシンギング
130825 4函4 9R 積丹特別500 バンデ ★
130526 2東C 6R 1960500* サイモンラムセス ★★
130518 1新5 10R 早苗賞500* ナンヨーケンゴー

★超時計のかかる重たい馬場であった。
★★上り順位が2位

<1000万条件>
該当馬無し

<中山重賞3着以内または重賞連対馬>
130630 2福2 11R ラジオNIHG3 ケイアイチョウサン
130427 2東3 11R 青葉賞G2 ヒラボクディープ
130427 2東3 11R 青葉賞G2 アポロソニック
130121 1中5 11R 京成杯G3 ケイアイチョウサン

<日本ダービー連対馬>
該当馬無し

※たまたまフェノーメノが2着なのでこの条件にしたが、重賞連対程度でも好走馬が出ているので
もう少し下位の馬でも好走する可能性はある。

ということで明確に条件をクリアした馬は
ユールシンギング
バンデ
ナンヨーケンゴー
ケイアイチョウサン
ヒラボクディープ
アポロソニック
の6頭である。
スポンサーサイト



テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。

ラップ分析とかコース分析等を「TARGET frontier JV」を使って
かなり細かくやっています。

時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: