第49回札幌記念 予想①

私用で忙しく、しばらく更新ができませんでした。



さて、今年の札幌記念は函館開催となり、過去データが使えない。
また函館記念組が多数参加しており、函館記念の結果をそのまま信じて良いのかも判断に悩むところである。


今回は少し新しいラップ分析の観点から函館記念の分析を行ってみたい。



■Ave-3Fと上り3Fの比率からコース特性を探る。


Ave-3Fとは、レース全体のタイムから上がり3ハロンのタイムを引いたタイムを、その残りの距離で割って3ハロン分に換算したものである。つまり、上がり3ハロンの位置までの前半の3ハロン平均タイムになる。

このAve-3Fと上り3Fを比較することで、そのレースが前傾ラップの持続力戦だったのか、後傾ラップの瞬発力戦だったのかを判断することができる。


これは言い換えれば、中央競馬の各コースの平均タイムからそのコースが平均的にどの程度持続力(瞬発力)を要求されるコースなのかどうかがわかるという事である。

また、各コースの「上り3F/Ave-3F」を比較すれば、似た特性を要求されるコースはどこなのかを判断することもできるという事になる。

※但し、条件戦戦レベルでは上り3Fのスパートだが、重賞レースだと能力の高さから後4~5Fのスパートになる点は注意が必要である。


■函館2000mと他コースの比較(中京2000mを除く)
以下は2000mの各コースの1000万クラスの平均ラップの「上り3F/Ave-3F」を比較して、数字の大きい順に並べたものである。
札幌記念01

数字が大きいほど前傾ラップであることを示し、持続力を問われることになる。

この表からわかる事は函館2000mが最も前傾ラップになりやすいコースであるということである。
(直線距離が最も短いという点も裏付けている)

また、札幌2000mは中央付近に位置し、同じ洋芝でも函館コースより瞬発力を要することがわかる。
(※札幌記念が中央4場の重賞にリンクしている裏付けにもなる)

これで、函館記念と札幌記念があまりリンクしていないことも説明できる。

この表から函館2000mとラップ比率が最も近いのは福島2000mであることがわかる。


■函館記念を振り返る

函館2000mと福島2000mのラップ比率が近いことを前提に、過去の函館記念を振り返ってみる。

【2013年】
1着 トウケイヘイロー
2着 アンコイルド
3着 アスカクリチャン
4着 サトノギャラント
5着 トウカイパラダイス

<出走馬 福島2000m実績 >
---------------------------------------------------------------------------------
日付 開催 R レース名 馬名S C 性齢 斤量 頭 人 着 距離
---------------------------------------------------------------------------------
121104 3福2 12R 檜原湖特500 アンコイルド 牡3 55 12 1 1 芝2000(A)★2着
120708 2福8 11R 七夕賞HG3 アスカクリチャン   牡5 55 16 14 1 芝2000(B)★3着
100410 1福1 5R 未勝利 コスモラピュタ   牡3 56 16 1 1 芝2000(A)
060701 2福5 8R いわき特500 ネヴァブション 牡3 54 8 3 1 芝2000(B)
---------------------------------------------------------------------------------
★2-3着馬(7・8番人気)が福島2000mの実績があった。
コスモタピュタは未勝利戦の実績であり、ネヴァブションは06年の実績なので無視できる。

【2012年】
1着 トランスワープ
2着 イケトップガン
3着 ミッキーパンプキン
4着 トウカイパラダイス
5着 マヤノライジン

<出走馬 福島2000m実績 >
---------------------------------------------------------------------------------
日付 開催 R レース名 馬名S C 性齢 斤量 頭 人 着 距離
---------------------------------------------------------------------------------
100411 1福2 10R 福島民報 ミッキーパンプキン 牡4 55 16 8 3 芝2000(A)★3着
060701 2福5 8R いわき特500 ネヴァブション 牡3 54 8 3 1 芝2000(B)
---------------------------------------------------------------------------------
★3着(7人)のミッキーパンプキンに福島2000mの実績があった。


さて、福島2000mといういわばマイナーなコース実績馬の成績としては、ここまではかなり高確率であったと思う。問題はここからで、毎年平均的なラップになるとは限らないので、年によっては傾向がかわる。

【2011年】
1着 キングトップガン
2着 マヤノライジン
3着 アクシオン
4着 メイショウクオリア
5着 コロンバスサークル

<出走馬 福島2000m実績 >
---------------------------------------------------------------------------------
日付 開催 R レース名 馬名S C 性齢 斤量 頭 人 着 距離
---------------------------------------------------------------------------------
101120 3福9 11R 福島記念HG3 ダンスインザモア 牡8 55 16 12 1 芝2000(C)
100703 2福5 11R 阿武隈S1600 ダイワジャンヌ 牝5 55 13 10 1 芝2000(B)
090412 1福2 10R 福島民報 マンハッタンスカイ 牡5 57 14 1 2 芝2000(A)
081124 3福A 11R 福島記念HG3 マンハッタンスカイ 牡4 56 15 7 1 芝2000(C)
---------------------------------------------------------------------------------
★この年は全く好走できていない。その理由は例年よりスローペースで瞬発力が要求された年であるからである。(この年のPCI3は2001年以降で2番目に高い51.03)

この年は札幌2000mの実績馬が好走している。
---------------------------------------------------------------------------------
日付 開催 R レース名 馬名S C 性齢 斤量 頭 人 着 距離
---------------------------------------------------------------------------------
100911 2札1 8R 500万下 ウォークラウン 牡4 57 16 3 1 芝2000(B☆★7着
100822 1札4 9R 札幌記念G2 アクシオン 牡7 57 16 7 3 芝2000(A)★3着
090822 2札7 9R ポプラH1600 マイネルスターリー 牡4 56 16 8 1 芝2000(C)☆8着
090822 2札7 9R ポプラH1600 アクシオン 牡6 57 16 6 2 芝2000(C)★3着
090726 1札C 9R 函館記念HG3 マヤノライジン 牡8 55 16 10 2 芝2000(A)★2着
080831 1札6 11R 知床特別500 マイネルスターリー 牡3 54 16 4 1 芝2000(A)☆8着
060909 2札1 11R TVhH1000 アクシオン 牡3 54 11 1 2 芝2000(A)★3着
---------------------------------------------------------------------------------


【2010年】
1着 マイネルスターリー
2着 ジャミール
3着 ドリームサンデー
4着 エアジパング
5着 フィールドベアー

<出走馬 福島2000m実績 >
---------------------------------------------------------------------------------
日付 開催 R レース名 馬名S C 性齢 斤量 頭 人 着 距離
---------------------------------------------------------------------------------
090412 1福2 10R 福島民報 マンハッタンスカイ 牡5 57 14 1 2 芝2000(A)
081124 3福A 11R 福島記念HG3 マンハッタンスカイ 牡4 56 15 7 1 芝2000(C)
080413 1福2 11R 福島民報 フィールドベアー 牡5 56 16 6 1 芝2000(A)★5着
061028 3福3 3R 未勝利 エアジパング セ3 57 16 8 1 芝2000(A)
---------------------------------------------------------------------------------
★この年も殆ど福島2000mの実績馬は好走していない。

その理由はハイペースであり、通常の函館2000mで問われる持続力よりも、更に持続力を問われる流れになったからである。
(※前5F:57.8は2001年以降最速)

2000mでは函館2000mより持続力を問われるコースは無い。
では好走する馬をどうやって探したら良いのかというと・・・・


ズバリ距離実績である。
これまで何度も述べてきた私の持論
「ハイペース程短い距離の実績(持続力戦)が、スローの瞬発力戦ほど長い距離の実績(瞬発力戦)が必要」
果たして上位馬の距離実績を見てみると
マイネルスターリー
◆距離別集計
集計期間:2007. 8.26 ~ 2013. 5. 5
----------------------------------------------------------------------
距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
----------------------------------------------------------------------
1500m 1- 0- 0- 1- 0- 0/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 170 85
1600m 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
1700m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1800m 3- 2- 3- 3- 1- 6/18 16.7% 27.8% 44.4% 87 318
1900m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
2000m 4- 0- 0- 2- 4-16/26 15.4% 15.4% 15.4% 141 41
2100m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
2200m 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
----------------------------------------------------------------------
★最も得意としているのは1800mで1500mでも悪くない実績がある。

ドリームサンデー
◆距離別集計
集計期間:2006. 9.10 ~ 2010. 8.22
----------------------------------------------------------------------
距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
----------------------------------------------------------------------
1600m 0- 0- 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
1700m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1800m 4- 4- 6- 1- 1- 3/19 21.1% 42.1% 73.7% 218 188
1900m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
2000m 2- 2- 1- 0- 1- 8/14 14.3% 28.6% 35.7% 46 97
----------------------------------------------------------------------
★この馬も1800mの実績の方が優秀である。

2着のジャミールだけ、2000m以上の実績が優秀であるが、これはハイペースの差し馬であり、展開に恵まれたものだと判断している。

【2008年】
1着 トーセンキャプテン
2着 フィールドベアー
3着 マンハッタンスカイ
4着 エリモハリアー
5着 マヤノライジン

<出走馬 福島2000m実績 >
---------------------------------------------------------------------------------
日付 開催 R レース名 馬名S C 性齢 斤量 頭 人 着 距離
---------------------------------------------------------------------------------
080713 2福8 11R 七夕賞HG3 ミストラルクルーズ 牡5 53 15 11 2 芝2000(B)
080705 2福5 11R 阿武隈S1600 ブレーヴハート 牡6 57 16 12 1 芝2000(B)
080413 1福2 11R 福島民報 フィールドベアー 牡5 56 16 6 1 芝2000(A)
050703 2福6 6R 未勝利 ピサノパテック 牡3 56 16 1 1 芝2000(B)
050424 1福8 3R 未勝利 ピサノパテック 牡3 56 10 1 3 芝2000(B)
---------------------------------------------------------------------------------
★この年も福島2000mの実績馬は好走していない。
 この年もハイペースで前5Fは3番目に早く、RPCIは2番目に速い年である。

ということで、上位馬の距離実績を見てみると

トーセンキャプテン
◆距離別集計
集計期間:2007. 1.13 ~ 2011. 6.11
----------------------------------------------------------------------
距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
----------------------------------------------------------------------
1600m 3- 0- 0- 0- 1- 2/ 6 50.0% 50.0% 50.0% 223 76
1700m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1800m 0- 0- 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
1900m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
2000m 1- 0- 0- 1- 1- 4/ 7 14.3% 14.3% 14.3% 98 35
2100m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
2200m 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
2300m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
2400m 0- 0- 2- 0- 0- 1/ 3 0.0% 0.0% 66.7% 0 290
2500m 0- 0- 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
----------------------------------------------------------------------
★最も好成績なのは1600mである。

フィールドベアー
◆距離別集計
集計期間:2006. 1.29 ~ 2010.10.10
限定条件:芝のみ
----------------------------------------------------------------------
距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
----------------------------------------------------------------------
1200m 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
1300m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1400m 0- 0- 1- 1- 0- 1/ 3 0.0% 0.0% 33.3% 0 53
1500m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1600m 2- 1- 2- 0- 2- 2/ 9 22.2% 33.3% 55.6% 120 111
1700m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1800m 3- 4- 2- 1- 0- 8/18 16.7% 38.9% 50.0% 106 74
1900m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
2000m 2- 4- 2- 2- 1- 4/15 13.3% 40.0% 53.3% 89 123
2100m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
2200m 1- 0- 0- 1- 1- 0/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 540 133
----------------------------------------------------------------------
★2000mの実績もあるが、1600mと1800mが好成績であり、速いペースにも対応可能なことがわかる。


つまり、ハイペースの年には短い距離の実績馬が好走しやすいのである。

よく、競馬解説者が「このレースはハイペースなのでスタミナが必要ですね~。」等と言っている場合があるのだが、それがまるで見当はずれな意見であることがわかる。
(※少なくとも2000m以下の距離では)


ペース毎の距離実績はこれまで何度となく検証してきたが一貫して
○ハイペース→短距離実績馬
○スローペース→長距離実績馬
で変わらないので、間違いなのでは。


ポイントをまとめると
○函館2000mは2000mで最も持続力が問われるコース
○福島2000mが平均的には割と近い
○スローペースになると、もっと瞬発力を問われるコースの実績が重要にある。
○ハイペースになると1800m以下の距離実績が重要になる。
スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

いつも拝見しております!
とても参考になります!勉強させて頂いてます。

どうぞお身体に気をつけてご自愛下さいませ!

Re: タイトルなし

mmさん

お気遣いのお言葉ありがとうございました。

Ave-3Fと上り3Fの比率からコース特性を探る。
↑のグラフ?が見当たりませんでした(・・;)

今週は函館Cコースというのも注意してみようかなと思っています。何でもこのコースを使うのは17年振りらしいですよ! 賭神さんならご存じかもしれませんが・・・笑

Re: タイトルなし

うまつんたさん


本当ですね。
大変失礼しました。
修正しておきました。


17年ぶりのCコースのニュースは、今日たまたま散髪に行った先にスポーツ新聞が置いてあり
その新聞に記載されていたので見ました。

私自身はスポーツ新聞も競馬雑誌も買わないので、割とそういう情報には疎いですw
プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: