第49回農林水産省賞典函館記念 予想③

ようやくいなくなったと思っても、またすぐ現れるもんなんですね~。
はぁ~(タメ息



無理やり探した穴馬サクラボールドは残念がら出走しないようなので、今度は真面目に過去データを調べてみた。

いつもの様に上り3Fで、平均より上りの速かった年と上りの遅かった年で傾向を見てみる。


<後3F:36.0以下:上りが平均より速かった年>
◆脚質上り別集計
集計期間:2003. 7.27 ~ 2011. 7.24
--------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------------
平地・逃げ 0- 2- 0- 1- 1- 1/ 5 0.0% 40.0% 40.0% 0 162
平地・先行 3- 2- 1- 1- 0-11/18 16.7% 27.8% 33.3% 135 157
平地・中団 2- 1- 2- 2- 3-17/27 7.4% 11.1% 18.5% 121 70
平地・後方 0- 0- 2- 1- 1-15/19 0.0% 0.0% 10.5% 0 38
--------------------------------------------------------------------
★逃げ・先行馬が有利なようである。


◆脚質上り別集計
集計期間:2003. 7.27 ~ 2011. 7.24
--------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------------
3F 1位 2- 0- 1- 0- 0- 2/ 5 40.0% 40.0% 60.0% 374 154
3F 2位 2- 0- 1- 0- 2- 2/ 7 28.6% 28.6% 42.9% 467 201
3F 3位 0- 1- 1- 0- 0- 2/ 4 0.0% 25.0% 50.0% 0 307
3F ~5位 1- 2- 1- 2- 0- 6/12 8.3% 25.0% 33.3% 47 150
3F 6位~ 0- 2- 1- 3- 3-32/41 0.0% 4.9% 7.3% 0 26
--------------------------------------------------------------------
★馬券になった延べ頭数を見ると上り順位はさほど気にしなくて良いのかもしれない。
 但し、上り順位が良い方が勝率は高い。


◆斤量別集計
集計期間:2003. 7.27 ~ 2011. 7.24
-----------------------------------------------------------------------
斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-----------------------------------------------------------------------
49.5~51kg 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
51.5~53kg 0- 2- 0- 1- 1-12/16 0.0% 12.5% 12.5% 0 113
53.5~55kg 2- 2- 2- 1- 0-18/25 8.0% 16.0% 24.0% 88 82
55.5~57kg 2- 1- 3- 2- 3-11/22 9.1% 13.6% 27.3% 140 100
57.5~59kg 1- 0- 0- 1- 1- 2/ 5 20.0% 20.0% 20.0% 86 40
-----------------------------------------------------------------------
★斤量の重い方が好成績である。
 実績重視と考えれば良いのだろう。


◆前走距離別集計
集計期間:2003. 7.27 ~ 2011. 7.24
---------------------------------------------------------------
前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値
---------------------------------------------------------------
同距離 2- 0- 1- 1- 1-11/16 12.5% 12.5% 18.8% 62
今回延長 2- 4- 2- 2- 3-28/41 4.9% 14.6% 19.5% 96
今回短縮 1- 1- 2- 2- 1- 5/12 8.3% 16.7% 33.3% 63
---------------------------------------------------------------

★上りが速い=瞬発型に近いので、距離短縮組が好成績である。




<後3F:36.1以上:平均より上りの遅い年>
◆脚質上り別集計
集計期間:2001. 7.22 ~ 2012. 7.15
--------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------------
平地・逃げ 0- 0- 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
平地・先行 1- 2- 4- 2- 0- 9/18 5.6% 16.7% 38.9% 77 127
平地・中団 3- 3- 1- 2- 3-16/28 10.7% 21.4% 25.0% 82 98
平地・後方 1- 0- 0- 1- 2-18/22 4.5% 4.5% 4.5% 28 8
平地・マクリ 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
--------------------------------------------------------------------
★逃げ馬は成績が良くない。
 中団からの差し馬が大きく成績を上げている。


◆脚質上り別集計
集計期間:2001. 7.22 ~ 2012. 7.15
--------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------------
3F 1位 3- 0- 0- 2- 0- 0/ 5 60.0% 60.0% 60.0% 546 194
3F 2位 2- 3- 0- 0- 0- 0/ 5 40.0% 100.0% 100.0% 318 392
3F 3位 0- 1- 2- 0- 3- 0/ 6 0.0% 16.7% 50.0% 0 198
3F ~5位 0- 1- 0- 2- 1- 7/11 0.0% 9.1% 9.1% 0 14
3F 6位~ 0- 0- 3- 1- 1-43/48 0.0% 0.0% 6.3% 0 20
--------------------------------------------------------------------
★上り順位が優秀な馬ほど好成績である。


◆斤量別集計
集計期間:2001. 7.22 ~ 2012. 7.15
-----------------------------------------------------------------------
斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-----------------------------------------------------------------------
49.5~51kg 0- 0- 1- 0- 0- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 195
51.5~53kg 0- 1- 2- 1- 1-10/15 0.0% 6.7% 20.0% 0 96
53.5~55kg 3- 1- 1- 1- 3-16/25 12.0% 16.0% 20.0% 89 76
55.5~57kg 2- 3- 1- 2- 1-17/26 7.7% 19.2% 23.1% 80 58
57.5~59kg 0- 0- 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
-----------------------------------------------------------------------
★斤量の軽い馬が上りの速い年より好成績である。

ここで補足をしておきたいのだが、私の持論は斤量は加速力とトップスピードに影響を与え、斤量の影響が大きいのは
・瞬発力戦>持続力戦
・短距離>長距離
なのだが、ここでは上りのかかるレースの方が軽量馬が活躍している。

これは、函館コースが基本的には、小回りコースの持続力を問われるコースであり
加速力やトップスピードが斤量の影響を受けるのは、1F:11秒前後の速いラップの争いになった場合だからであると思っている。
今回は上りのかかる=全能力を出し切っている状態に近い=斤量の影響を受けやすくなったと考えている(あくまでも私の個人的な想像)


◆前走距離別集計
集計期間:2001. 7.22 ~ 2012. 7.15
----------------------------------------------------------------------
前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
----------------------------------------------------------------------
同距離 1- 0- 0- 2- 0-16/19 5.3% 5.3% 5.3% 32 10
今回延長 4- 5- 5- 3- 5-26/48 8.3% 18.8% 29.2% 77 105
今回短縮 0- 0- 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
----------------------------------------------------------------------
★上りのかかる持続力戦なので、距離延長組が好走しやすい。

個人的には200mの延長で「距離をこなすスタミナが~」と言っている方は、こうした上りのかかる消耗戦の方が距離延長組の成績が良い点をどう思っているのだろうと本当に疑問に思う。


<まとめ>
私の想定では、メンバー的には上りのかかるハイペースになりやすいメンバー構成だと思っているが、いかんせん今年の函館競馬は超高速馬場なので、通常よりやや速いくらいのペースではスローになる可能性もある。

最終的には土曜日の馬場状態を見て
・超高速馬場なら>上りの速い瞬発力戦
・普通~高速馬場程度なら>上りのかかる持続力戦
と想定して、最終予想を行いたい。
スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

昨日は名前入力ミスしててすいません。
明日はなにか美味しい馬いますか?(笑)
福島メインはアンアヴェジェントで単勝勝負予定なんですがオッズ次第なんですよね!あとはローカル小回りがどうかなんですが!?ディーエスとの馬単、ワイドも面白そうですが。
あと函館2歳未勝利1レース③アイナはどうですかね?前走ゆういつの1400ダート組ですがダート組の中ではテンは速く千なら押し切れても!血統的にも距離短縮プラスに出そうですが!?
プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: