第18回ユニコーンS 回顧

馬連は的中したが、サウンドリアーナの頭固定で3連単を外したユニコーンSの回顧を行う。





まず、事前にお約束した通りチャーリーブレイヴの消し理由について説明する。

以下は、事前に一部の方にだけ公開した日記を抜粋(一部加筆)したものである。


=====================================================================================

まず、最初に違和感を感じたのは3歳500万のレースのラップグラフを分析した時。
日記にも書いたがヒヤシンスSをあの好タイムで勝った割には、スローなのに上りが遅い点。

ヒヤシンスの超ハイペースを差したことを含め
この馬ハイペース耐性の強いジリ脚なのではないかと懸念を抱いた。


そこで調べてみたIndian Charlie産駒の血統。

<血統>
◆馬場状態別集計
集計期間:2004. 9. 4 ~ 2013. 5.11
------------------------------------------------------------------
馬場状態 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------
芝 4- 3- 3- 1- 1-29/41 9.8% 17.1% 24.4% 48 49
ダート 12- 7- 4- 4- 1-16/44 27.3% 43.2% 52.3% 208 113
------------------------------------------------------------------

圧倒的にダートに偏っているパワー型



◆馬場状態別集計
集計期間:2004. 9. 4 ~ 2013. 5.11
限定条件:ダートのみ
------------------------------------------------------------------
馬場状態 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------
ダ・ 良 11- 6- 2- 2- 1- 8/30 36.7% 56.7% 63.3% 208 122
ダ・稍重 1- 0- 2- 2- 0- 3/ 8 12.5% 12.5% 37.5% 367 153
ダ・ 重 0- 0- 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
ダ・不良 0- 1- 0- 0- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 50
------------------------------------------------------------------
湿った馬場も不得意(良馬場が最も得意)


■距離別のRPCI別成績(D1600m~1800m)
◆RPCI別集計
集計期間:2004. 9. 4 ~ 2013. 4.27
限定条件:ダートのみ
------------------------------------------------------------------
RPCI 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------
RPCI~36 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 390 140
~44 2- 1- 0- 0- 0- 2/ 5 40.0% 60.0% 60.0% 96 78
~52 2- 0- 0- 0- 0- 6/ 8 25.0% 25.0% 25.0% 437 103
~60 0- 1- 0- 1- 0- 0/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 50
------------------------------------------------------------------
RPCIがハイペース時(数値の小さい時)に好走が偏っている。


チャーリーブレイヴは血統的にかなり持続型&パワー型に偏った馬。
現在の湿った馬場で上りが速くなると厳しい。


<タイム>
タイムは同じ数字でも価値のあるタイムと、あまり価値の無いタイムがあると思う。

例えば、ある馬が上り33.0を使ったとして、数字だけは凄いが
2位の馬も33.1、3位の馬も33.2だった場合はどうだろうか。


同じように好タイムも同じタイムで同時に走っている馬が多い場合
それは馬場や展開のせいである。


チャーリーブレイヴのヒヤシンスSは確かに好タイムであるが
4着まで0.2秒差であり決して抜けたものではない。

過去のヒヤシンスSを見ても、後にG1まで上り詰めた馬は好タイム且つ2着あるいは3着をかなり引き離していた。


チャーリーブレイヴのヒヤシンスSのタイムの価値は低いと思う。


以上がチャーリーブレイヴ消しの理由である。

================================================================================
抜粋ここまで



結果的にこの推論は正しく、チャーリーブレイヴは負けるべくして負けたと思っている。

逆に買い時は良馬場のハイペース(上りのかかる)になりそうなレース(特に冬場)。または力のいる地方競馬場のレース等ではないだろうか。



■今年のユニコーンSのラップ
以下のグラフは今年のユニコーンSのラップを1600万条件の重馬場の平均ラップと比較したものである。

2013ユニコーン12


前半はややスローで後半かなり上りの速いラップであり、このラップならば最後方から4角大外を回り上り1位で届かず2着のサウンドリアーナが最も強い。

大事なことだからもう一度言いますねw
「サウンドリアーナが一番強い競馬をした。」



問題は掛かり気味の気性で、今後気性が成長すれば距離はもっと伸びても大丈夫だと思う。
(基本的にクラスが上がるとペースは速くなるのでD1600までは今後も基本的に大丈夫だろう。)
(但し、地方競馬でペースが遅くなるようなら不安点になる。)


ひょっとしたら、今後競馬マスコミ関係者及び予想記者からスローだからリアーナが距離が持ったなどと言う話が出るかもしれないが、そんな方たちは一体何度騙されたら済むのだろう本当に成長が無いと思う。



(これだけ毎週距離不安の馬が好走するのだ。200m程度の延長にスタミナという要素は必要ない。)
(大事なのは馬の能力をきちんと見抜く目と、好走できるペースになるかどうか、気性的に問題は無いかどうかだろう。)


以上、ユニコーンSの回顧である。

スポンサーサイト

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

目から・・・

こんにちは、いつも楽しく読ましていただいています。

チャーリーブレイヴの考察に思わず唸っちゃいました。
「ハイペース耐性の強いジリ脚」
なるほど!目から何かが落ちました!w
これで、チャーリーブレイヴの買い時に迷わなくてすみそうです。
これからも更新楽しみにしています!

Re: 目から・・・

むらさめさん

いつもご覧いただきありがとうございます。

今回はたまたまひらめいただけで毎回こう上手くいくわけではない事はご承知の通りです。(笑)

拙い予想日記ですが、今後とも宜しくお願いいたします。

No title

 賭神様

こんばんは。いつも楽しく拝見させて頂いてます。私もホント勉強になります、お仕事もお忙しいでしょうが、ブログは絶対続けて下さいね!

Re: No title

マロンさん

こんばんは。
お久しぶりです。


祇園精舎の鐘の声

諸行無常の響きあり

沙羅双樹の花の色

盛者必衰の理をあらわす

おごれる人も久しからず

ただ春の世の夢のごとし

たけき者も遂には滅びぬ

偏に風の前の塵に同じ



現在は自分の競馬予想のスキル磨きのモチベーション維持でブログを続けてますが、いつまで・・・w


絶対の真理として、私は確実に儲かるようになれたら人に予想は教えませんwww


今のうちに役に立ちそうな予想方法があったら盗んでください(笑)

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: