第20回函館スプリントS 予想

来週から函館競馬が開幕で、いよいよ本格的に夏競馬が始まる。

今日は知らない人には目から鱗のデータを公開する。
さて、「第20回函館スプリントS」の予想をするにあたって
「函館1200m」と「札幌1200m」の違いについて理解しておかなければならない。

同じ洋芝で1200mの小回りコースだが、両者には微妙に求められる適性に違いがある。

例えば、2005年以降の血統的傾向

<函館1200m 1000万以上>
◆チェック種牡馬別集計
集計期間:2007. 6.16 ~ 2012. 7.15
ソート:着別度数順
---------------------------------------------------------------------------
チェック種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
---------------------------------------------------------------------------
サンデー系 8- 3- 8- 8- 12- 72/111 7.2% 9.9% 17.1%
テスコボーイ系 7- 6- 5- 4- 6- 35/ 63 11.1% 20.6% 28.6% ☆
ミスプロ系 4- 14- 12- 11- 8- 89/138 2.9% 13.0% 21.7%
ヴァイスリージェント系 3- 3- 4- 1- 0- 15/ 26 11.5% 23.1% 38.5% ★
ヘイルトゥリーズン系 3- 3- 1- 4- 3- 23/ 37 8.1% 16.2% 18.9%
ノーザンダンサー系 3- 3- 0- 2- 3- 12/ 23 13.0% 26.1% 26.1% ★
リファール系 3- 2- 1- 3- 1- 8/ 18 16.7% 27.8% 33.3% ★
ロベルト系 2- 2- 1- 0- 1- 14/ 20 10.0% 20.0% 25.0% ☆
グレイソブリン系 2- 2- 0- 2- 1- 11/ 18 11.1% 22.2% 22.2%
ネイティブダンサー系 2- 0- 1- 2- 1- 4/ 10 20.0% 20.0% 30.0% ★
---------------------------------------------------------------------------


<札幌1200m 1000万以上>
◆チェック種牡馬別集計
集計期間:2007. 8.11 ~ 2012. 8.26
ソート:着別度数順
---------------------------------------------------------------------------
チェック種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
---------------------------------------------------------------------------
ミスプロ系 13- 9- 7- 9- 5-101/144 9.0% 15.3% 20.1%
サンデー系 8- 10- 9- 11- 7- 84/129 6.2% 14.0% 20.9%
テスコボーイ系 5- 8- 8- 4- 9- 61/ 95 5.3% 13.7% 22.1%
ダンジグ系 4- 5- 2- 2- 3- 10/ 26 15.4% 34.6% 42.3% ★
ヴァイスリージェント系 3- 1- 3- 3- 2- 18/ 30 10.0% 13.3% 23.3%
リファール系 3- 0- 3- 0- 0- 12/ 18 16.7% 16.7% 33.3% ★
ロベルト系 2- 2- 3- 3- 2- 15/ 27 7.4% 14.8% 25.9% ☆
ノーザンダンサー系 2- 1- 1- 1- 2- 16/ 23 8.7% 13.0% 17.4%
ヘイルトゥリーズン系 1- 3- 3- 5- 6- 32/ 50 2.0% 8.0% 14.0%
マンノウォー系 1- 1- 0- 2- 0- 10/ 14 7.1% 14.3% 14.3%
---------------------------------------------------------------------------

ミスプロ系は札幌で勝率が上り
テスコボーイ系・ヴァイスリージェント系は函館の方が得意
ダンジグ系は札幌でかなりの好成績だが、函館ではさっぱり


たまたま、あるいは誤差の範囲と考えることもできるが、次のデータを見ていただく。


<函館SSの1-2着馬が過去1年間に連対していたレースの距離>
※2005年以降

1800×1
1600×1
1400×5
1200×19

<キーンランドC>
1400×4
1200×15
D1200×2
1000×2

1200m超の距離のレースが目立つ函館SSに比べ、キーンランドCはダート戦や1000mの距離のレースが目立つ。


そして、これらの特徴はレースラップにもはっきりと表れている。

2013函館SS


ズバリ申し上げると、函館1200mの方が一旦緩んで後2F目で加速が入るのに対し
札幌1200mはそのまま右肩上がりの消耗ラップになる。

微妙な差だが、函館1200mの方が瞬発力が必要になる。(もちろんレースラップ次第だが)


このラップの違いは、先ほどの札幌でミスプロ系が勝率が上がる点や函館の方が長い距離で好走した馬が多かった点などと合致する。
(めんどくさいので細かな説明は省く、わかる人にはわかるでしょw)


この基本を押さえて函館SSの予想を行う必要がある。

今年も出走予定のパドトロアが、何故昨年函館SSを負け、その後アイビスSDを勝ち、キーンランドCを勝てたのかの謎が解けるのである。


いや~、見も知らぬ赤の他人にここまで踏み込んで解説する俺は何ていい人(爆)
(多分、今日儲かって気分が良いからwww)


札幌も函館も同じ洋芝だからと考えていると痛い目に合う(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

いや~詳しい情報ありがとうございます。じっくり調べてみます。登録馬の第1印象は斤量差もふまえてテイエムオオタカかなと思ってましたが!

でもほんとの勝負は東京大好き賭神さんのことですからユニコーンが本命ではないんですか?(笑)
今の東京ダートなら

ベリートゥーベリーがかなり面白いのではと思ってますが!!!抽選なんで出れるかは微妙ですが上がりは常に一枚上の走りをずっとしてますし!
色々ヒントを下さい!(苦笑)

Re: タイトルなし

赤ヘルさん

東京は大好きなのですが、ダート予想は最近になって始めたので、まだイマイチ自信が(笑)
未勝利戦くらいならまだわかるのですが・・・。


函館SSは今後のサマースプリントシリーズに繋がっていく大事な1戦目なので、注目しています。
ここを上手く分析できるとその後のレース予想が楽になるのではないかとw

おはようございます

ラップについては詳しくありませんがわかる人には凄いデータなんですね


馬券調子いいみたいで羨ましいです

まだ先ですが宝塚記念の時は現場に馬券を買いに行く予定なんで良さげな馬がいればまたブログに更新してください

Re: おはようございます

火拳さん


宝塚現場観戦とは羨ましいですね。
知り合いも見に行くと言っていたので、当日はかなりの人手になりそうですね。

宝塚はオルフェでいいんじゃないでしょうか。
ジェンティル切で。

宝塚記念は仕事の都合次第ですけど

もしかしたら中京競馬場で観戦かもです(笑)


やっぱりオルフェですか 分析の方心より楽しみにしてますm(__)m
プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: