第31回ローレル競馬場賞中山牝馬S 予想②

【予想】
◎ダイワズーム (5着)
○クイーンリヴィエラ(11着)
▲マイネイサベル(1着)
△スマートシルエット(2着)

【結果】
ハズレ!
このタテ目は痛い><
もうちょっとお世話になっているイサベル信用すればよかったTT

0310naka11r.jpg
まず、今年のペースは日記①で書いた平均より上がりの速い年になると予想している。
この仮定が外れると馬券も外れるのでご注意を。


上り3Fが平均より速かった年は2001年以降だと
・2008年
・2006年
・2005年
・2004年
の4年である。

この年の1-3着には血統的にものすごく特徴がある。


2013中山牝馬S02


つまり、4年間の1-3着12頭中
○母系の4代以内にボールドルーラー系(ナスルーラー系)の血を持つ馬が7頭
 ※1着馬は全て持っている。
○母系にノーザンテーストの血を持っている馬が3頭
○両方を持っていない馬は2頭だけで、その馬もナスルーラー直系かPrincely Gift(ナスルーラー系)の血を持っている。

ナスルーラー系の血は多くの馬が持っているが、母系にボールドルーラー系(ナスルーラー系)かPrincely Gift(ナスルーラー系)の血を持っている馬は非常に限られてくる。

これは、素直に上記の血を持っている馬を買えばいいのではないだろうか。


ちなみに、上りの遅い年はこれほど明確な血統的傾向が見つけられなかった。
推定だが、持久力は後天的に鍛えることができるが、瞬発力は持って生まれた要素が大きいのではないだろうか。



今回の出走馬で
<母系にボールドルーラー系(ナスルーラー系)の血を持つ馬>
・オメガハートランド
・クイーンリヴィエラ
・ダイワズーム

この内、オメガハートランドは血が5代目と奥にあり、何より私の予想日記を古くからご覧の方はご存じだと思うが、タキオン×ミスプロ系は駄馬血統というのが私の持論であり、重賞で買ってはいけないと何度も書いてきた血統である。(タキオンは素晴らしい種牡馬だが、タキオン×ミスプロは最も産駒数が多いにも関わらず、G1勝ちの馬どころか、重賞勝ちの馬も殆どおらず、早熟でクラスが上がって通用しなくなる底力に欠け馬が多い。)

今回は牝馬のG3なので通用するかもしれないが、この血統はよほどの強調点が無い限り買わない方針なので今回も消す(笑)

<母系にノーザンテーストを持つ馬>
・ニシノステディー

<母系にPrincely Gift(ナスルーラー系)を持つ馬>
・スマートシルエット(5代前ナスルーラー)
・メイショウデイム(3代前Princely Gift系)
・マイネイサベル(5代前ナスルーラー系)※父母父ノーザンテースト
・トシザマキ(3代前Princely Gift系)
となる。

まず、過去1着馬は母方にボールドルーラー系(ナスルーラー系)の血を持つ馬だったので
今回の候補は
・ダイワズーム
・クイーンリヴィエラ
となり、ならば牡馬相手に重賞で健闘したダイワズームが本命であろう。


また、日記①のデータで上りの速い年は東京や新潟コース実績のある馬が好走しやすい事を思い出していただきたい。

そこで府中牝馬Sで◎を打ち美味しい思いをさせてもらった東京コース得意なマイネイサベル。

ダイワズームも東京コースオープンクラス勝ちがある。

スマートシルエットも府中牝馬Sを基準にするならば、斤量的に今回は有利。


スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: