FC2ブログ

第36回関西テレビ放送賞ローズS(Cタイプ)


昨年1着になったラビットランも該当したCタイプについて掘り下げました。


前回の記事で4つの好走パターンがある事を紹介しました。

その中でも最も複勝率が高いのがCタイプです。
今年は4頭該当馬がいあるので、少し掘り下げました。

2008年以降のCタイプ馬のローズSにおける成績と、条件戦での着差と上り着差を調べました。
2018ローズS02

例えば一番上の昨年の1着馬ラビットランは
条件戦を勝ちがった際に500万じょうけんを着差0.1秒差で上り2位の馬と上りで0.7秒差あったという見方になります。
こうしてまとめると、4着以内の好走した馬は次の3つの条件のどれかをクリアしてました。
① 上り2位の馬との上り差が0.5秒以上
② 1000万で0.3秒差以内の好走
③ 500万で着差が0.7秒以上

下に今年の出走予定馬もまとめましたが
こうしてみるとセンテリュオも数字上は足りないですね。
最後の脚は着差以上に強かったので、数字以上には強いと思いますが
少し自信がなくなりました。
サラキアも少し足りない感じですよね。
距離がマイナーな1700m(レベルが低い可能性がある)というのも懸念材料です。

逆に注目したいのは1000万で好走しているウラヌスチャーム
例年なら有力な3-4着候補になりますが
今年は有力馬の回避でレベルが下がっていると考えると、2-3着の期待はできるかもしれません。

<参考>
前走1000万で着差0.3秒以内且つ前走距離1800m~2000m且つ上り2位以内
◆前走脚質別集計
前走クラス:1000万下
集計期間:2007. 9.16 ~ 2017. 9.17
--------------------------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------------
指 1~ 2位 0- 0- 5- 1- 0- 1/ 7 0.0% 0.0% 71.4% 0 300
--------------------------------------------------------------------
これにウラヌスチャームは該当します。

スポンサーサイト



テーマ : 競馬【各種分析】
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。

ラップ分析とかコース分析等を「TARGET frontier JV」を使って
かなり細かくやっています。

時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: