FC2ブログ

第26回セントウルS~その②~

勝ちタイムと斤量の関係をもう少し探る。

以下の表は、勝ちタイムと1-3着に入った馬の斤量をまとめたものである。

2012セントウル01




見事に勝ちタイムが遅くなるにつれて、斤量の重い馬が好走しているのが
おわかりいただけると思う。

ちなみに2007年2008年で58kg以上で負けている馬は4頭ともG1馬である。


やはり土曜日の馬場状態がわからないとこのレースの予想はできない。

週末は雨の予報もある。
それと今年から斤量の設定が変わった様である。
昨年から負担斤量が1kg軽くなっている。


1分7秒台なら55kg以下の馬が中心となるだろう。

1分8秒台なら56kg以上の馬が台頭してくる。

個人的には荒れやすい1分7秒台の決着が望ましいのだが(笑)
スポンサーサイト



テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。

ラップ分析とかコース分析等を「TARGET frontier JV」を使って
かなり細かくやっています。

時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: