第77回菊花賞(予想)


【予想】
◎ジュンヴァルカン
○サトノダイヤモンド
▲カフジプリンス
△ウムブルフ→やっぱし強くないかも




まず、菊花賞のステップとしては
◆前走レース名別集計
集計期間:2001.10.21 ~ 2015.10.25
ソート:着別度数順
--------------------------------------------------------
前走レース名 着別度数
--------------------------------------------------------
神戸新聞G2 11- 9- 9- 7- 4- 62/ 102
セントラG2 2- 3- 2- 3- 8- 50/ 68
1000万下 2- 1- 3- 3- 2- 50/ 61
------------------------------------------------------
2001年以降の3着以内馬45頭中、上記の3つで
15-13-14 42頭
という成績なので、まずこの3つのステップから馬券になると思ってよいと思います。

この中でセントライト記念ですが、馬券になった頭数としては前走1000万とさほど変わらず
決して菊花賞向きのステップとは言えません。

このセントライト記念を調べると、スロー(後傾ラップ)だった年は菊花賞につながりやすく
ハイペース(前傾ラップ)だった年は、菊花賞につながりにくい傾向があります。

例えば、セントライト記念の後1Fが11.9以下だった年の2着以内馬が菊花賞に出走した場合
◆レース名別集計
本レースより後の1走
集計期間:2005.10.23 ~ 2015.10.25
ソート:着別度数順
---------------------------------------------------------------------------------------------
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------------------------------------------------
菊花賞G1 1- 1- 2- 0- 1- 2/ 7 14.3% 28.6% 57.1% 191 161
---------------------------------------------------------------------------------------------
かなりの好成績です。

逆に後1Fが12.0以上だった年の2着以内馬が菊花賞に出走した場合は
◆レース名別集計
本レースより後の1走
集計期間:2001.10.28 ~ 2013.10.20
ソート:着別度数順
---------------------------------------------------------------------------------------------
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------------------------------------------------
菊花賞G1 0- 1- 0- 1- 1- 10/ 13 0.0% 7.7% 7.7% 0 18
---------------------------------------------------------------------------------------------
たった1頭しか馬券になっていません。
馬券になったのはホオキパウェーブで2400mの500万を勝ち、青葉賞も2着の馬でした。
セントライト記念がハイペースになり、適性が向かない中で2着にふばった事が、菊花賞でパフォーマンスを上げた理由かもしれません。


その意味で今年のセントライト記念は後1F:12.2なので、菊花賞のステップレースとしては、決して良くないレースラップの年でした。その点で今年のセントライト記念組は全切りしたいと考えます。
ディーマジェスティも後ろから勝負をするタイプで、菊花賞向きとは言えないので人気を考えると買いにくい馬です。


次に神戸新聞杯ですが、最も菊花賞で好走馬を出しているステップです。
セントライト記念から1頭も来ないと判断したら、神戸新聞杯からは必ず最低でも1頭は馬券になると思われます。

私が何度か言っている、前走条件戦から神戸新聞杯で最先着した馬は、菊花賞で好走しやすいというデータがあります。

前走1000万で神戸新聞杯3着以内に入って菊花賞に出走した馬は
◆レース名別集計
前走クラス:1000万下・本レースより後の1走
集計期間:2008.10.26 ~ 2014.10.26
ソート:着別度数順
---------------------------------------------------------------------------------------------
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------------------------------------------------
菊花賞G1 3- 1- 0- 0- 0- 1/ 5 60.0% 80.0% 80.0% 676 242
---------------------------------------------------------------------------------------------
物凄く好走率が高いです。
このデータだけならミッキーロケットは鉄板に近いのですが、不安点もあります。

それは神戸新聞杯は差し・追い込みが決まりやすく
菊花賞は先行馬が有利という点です。
ミッキーロケットは神戸新聞杯で4角11番手から上り1位で2着です。

過去の4角10番手以下から神戸新聞杯3着以内馬が、菊花賞での成績を調べると
◆レース名別集計
本レースより後の1走
集計期間:2007.10.21 ~ 2016. 6.26
ソート:着別度数順
---------------------------------------------------------------------------------------------
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------------------------------------------------
菊花賞G1 1- 0- 0- 0- 1- 2/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 92 42
---------------------------------------------------------------------------------------------
はっきり言って神戸新聞杯で追い込んで好走した馬の成績は悪いです。
唯一勝っているのはオウケンブルースリですが、菊花賞当日は先行しています。

この点においてミッキーロケットはキンカメ産駒という事を踏まえても
かなり不安点が大きいです。
これは3着のレッドエルディストも同様です。

神戸新聞杯で一番信頼できそうなのはサトノダイヤモンドです。


近2走とも不利があって実力が発揮できていないカフジプリンスも不気味です。


前走1000万組では重馬場とはいえ、1000万を-0.8秒ちぎったウムブルフ
※カフジプリンスも同様ですが
とジュンヴァルカンが気になります。

ウムブルフは捲って上り1位で1着という点が凄いです。
通常は捲ると早めに足を使い始めるのでなかなか上り1位になりません。


ジュンヴァルカンを本命にした理由はいくつかあるのですが
①先行脚質
◆枠番別集計
脚質上り:平地・先行
集計期間:2001.10.21 ~ 2015.10.25
---------------------------------------------------------------------
枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
---------------------------------------------------------------------
1枠 2- 0- 1- 0- 0- 3/ 6 33.3% 33.3% 50.0%
2枠 1- 1- 1- 1- 0- 1/ 5 20.0% 40.0% 60.0%
3枠 1- 1- 1- 0- 0- 2/ 5 20.0% 40.0% 60.0%
4枠 1- 0- 0- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7%
5枠 1- 0- 0- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7%
6枠 0- 0- 1- 1- 1- 3/ 6 0.0% 0.0% 16.7%
7枠 2- 1- 1- 0- 0- 4/ 8 25.0% 37.5% 50.0%
8枠 1- 1- 2- 1- 0- 4/ 9 11.1% 22.2% 44.4%
---------------------------------------------------------------------
先行脚質なら外枠も問題ありません。
むしろ相手を見ながら無理せず良い位置が確保できるのではないでしょうか。

②前走の勝ちタイムとラップ
前走の三田特別は阪神2200mで2.10.8という好タイムです。
このタイムは2007年以降、5-6月の阪神2200mのタイムの中で
11年アーネストリーが勝った宝塚記念の2.10.1に次ぐ歴代2位のタイムです。
しかも小雨の中後1Fも12.0と失速しておらず、後5F:58.7とかなり速いです。
後5F目から11秒台のラップが続くのを先行して上り2位で差し切って勝った相手がヤマカツライデンで、その後1000万>OP特別を連勝します。

歴代3位が12年オルフェーヴル(宝塚記念)、4位がドリームジャーニー(宝塚記念)と書くと、このタイムの凄さが伝わるでしょうか。
5位が三田特別メイショウナルトで、この後1600万2着>小倉記念G3を1着>オールカマー2着となります。

過去の戦歴もアザレア賞ではヴァンキッシュラン(次走青葉賞1着)と同タイムですし、フリージア賞ではマイネルハニー(次走スプリングS2着)の2着と骨っぽい相手に素質の片りんは見せていました。

またジュンヴァルカンは他にも菊花賞で好走しやすいあるラップデータをクリアしています。
人気もないですし、期待してみたいですね。

スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ジュンヴァルカン、デムーロですし期待したいですね。ただ、休み明けの長距離戦は少し気になります。私はジョルジュサンクにすこ~し期待します。

Re: No title

まめおさん



出遅れ終了でした。

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: