第36回新潟2歳S(傾向)

皆さんはもう本命馬は決まりましたか。


新潟2歳Sにはいくつか代表的な特徴があります。

①前走上がり1位馬が好走率が高い。
◆前走脚質別集計
集計期間:2002. 9. 1 ~ 2015. 8.30
-------------------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-------------------------------------------------------------
3F 1位 12- 10- 11- 8- 8- 65/114 10.5% 19.3% 28.9%
3F 2位 1- 2- 3- 4- 2- 34/ 46 2.2% 6.5% 13.0%
3F 3位 0- 0- 0- 1- 2- 23/ 26 0.0% 0.0% 0.0%
3F ~5位 1- 1- 0- 0- 1- 24/ 27 3.7% 7.4% 7.4%
3F 6位~ 0- 1- 0- 0- 1- 21/ 23 0.0% 4.3% 4.3%
-------------------------------------------------------------
殆どの馬が前走上がり2位以内で、うち1位馬が圧倒的です。

②サンデー系の馬が強い
◆チェック種牡馬別集計
集計期間:2002. 9. 1 ~ 2015. 8.30
ソート:着別度数順
--------------------------------------------------------------------
チェック種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------------------------
サンデー系 7- 8- 7- 7- 5-65/99 7.1% 15.2% 22.2%
ロベルト系 2- 0- 1- 2- 1-12/18 11.1% 11.1% 16.7%
ダンジグ系 1- 1- 0- 1- 0- 5/ 8 12.5% 25.0% 25.0%
リファール系 1- 1- 0- 0- 1- 8/11 9.1% 18.2% 18.2%
グレイソブリン系 1- 0- 1- 1- 1- 9/13 7.7% 7.7% 15.4%
Kingmambo系 1- 0- 0- 0- 1- 9/11 9.1% 9.1% 9.1%
ボールドルーラー系 1- 0- 0- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
ミスプロ系 0- 1- 2- 3- 0-20/26 0.0% 3.8% 11.5%
ヘイルトゥリーズン系 0- 1- 0- 0- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0%
ニジンスキー系 0- 1- 0- 0- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
ハンプトン系 0- 1- 0- 0- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
テスコボーイ系 0- 0- 1- 0- 1- 2/ 4 0.0% 0.0% 25.0%
サドラーズウエルズ系 0- 0- 1- 0- 0- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0%
レッドゴッド系 0- 0- 1- 0- 0- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
--------------------------------------------------------------------

③前走距離
◆前走距離別集計
集計期間:2002. 9. 1 ~ 2015. 8.30
前走限定:芝のみ
---------------------------------------------------------------
前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
---------------------------------------------------------------
1000m 0- 0- 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
1150m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1200m 0- 2- 3- 0- 3- 37/ 45 0.0% 4.4% 11.1%
1300m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1400m 9- 3- 5- 6- 7- 64/ 94 9.6% 12.8% 18.1%
1500m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1600m 5- 6- 4- 4- 1- 26/ 46 10.9% 23.9% 32.6%
1700m 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
1800m 0- 2- 2- 3- 3- 26/ 36 0.0% 5.6% 11.1%
---------------------------------------------------------------
前走距離は芝1400mと1600mが良くて
芝1200mと芝1800mは不振です。

たぶん、上記の事はいろんなところで語られると思いますが

このレースについては近年トレンドの変化があると思っています。

まず、前走OP以上を見てみると
◆前走距離別集計
マークデータ
集計期間:2002. 9. 1 ~ 2015. 8.30
--------------------------------------------------------
前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------------
1200m 0- 0- 1- 0- 0- 9/10 0.0% 0.0% 10.0%
1300m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1400m 4- 2- 4- 4- 1-36/51 7.8% 11.8% 19.6%
1500m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1600m 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
--------------------------------------------------------
その大部分は芝1400mです。

先ほどの、前走距離で芝1400mの好走馬が多かったのはこの点が大きいです。
しかし、そのトレンドも変化しています。
以下は、前走芝1400mOPクラス出走馬の出走頭数と3着内数です。
02年 1/2
03年 1/1
04年 1/2
05年 1/6
06年 1/7
07年 2/5
08年 1/2
09年 1/3
10年 1/5
11年 0/2
12年 0/4
13年 0/5
14年 0/3
15年 0/4
あれほど毎年3着以内馬を輩出していたのに、近年全く3着以内馬はいません。
一体何故なんでしょうか。


次に、最もこのレースの好走パターンを探ります。
先に述べておくと、前走芝1600mの新馬戦で上がり1位だった馬です。

まず、前走新馬・未勝利の距離別成績を見ると
◆前走距離別集計
集計期間:2002. 9. 1 ~ 2015. 8.30
前走限定:芝のみ
---------------------------------------------------------------
前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
---------------------------------------------------------------
1000m 0- 0- 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
1150m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1200m 0- 2- 2- 0- 3- 28/ 35 0.0% 5.7% 11.4%
1300m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1400m 5- 1- 1- 2- 6- 28/ 43 11.6% 14.0% 16.3%
1500m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1600m 5- 6- 4- 4- 1- 25/ 45 11.1% 24.4% 33.3%
1700m 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
1800m 0- 2- 2- 3- 3- 26/ 36 0.0% 5.6% 11.1%
---------------------------------------------------------------
前走芝1400mの好走馬がぐっと落ちます。

更に、前走芝1600mを上がり順位別で見ると

◆前走脚質別集計
前走距離:1600m
集計期間:2002. 9. 1 ~ 2015. 8.30
------------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------------
3F 1位 5- 4- 3- 2- 0-15/29 17.2% 31.0% 41.4%
3F 2位 0- 2- 1- 2- 1- 3/ 9 0.0% 22.2% 33.3%
3F 3位 0- 0- 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
3F ~5位 0- 0- 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
3F 6位~ 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
------------------------------------------------------
1位が圧倒的です。

更にクラス別でみるならば
◆前走クラス別集計
前走距離:1600m/前走脚質:3F 1位
集計期間:2002. 9. 1 ~ 2015. 8.30
--------------------------------------------------------------------
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------------
新馬 3- 4- 2- 2- 0- 7/18 16.7% 38.9% 50.0% 63 173
未勝利 2- 0- 1- 0- 0- 8/11 18.2% 18.2% 27.3% 80 76
--------------------------------------------------------------------
前走新馬芝1600mの上がり1位馬は、複勝率50%で回収値も173円もあります。


今年も該当馬がいますので、注意が必要かもです。
モーヴサファイア
ウインシトリン
の2頭です。

実は私の本命予定馬は上記の2頭ではありません。

先に申し上げると
◎アピールバイオ
の予定です。

この馬の扱いに悩んでいた方も多いと思います。
前走1.3秒差の圧勝しかし、福島コースという点と勝ちタイムがあまり早くなくレベルに疑問がある。
紐の1頭に押さえておきたい1頭くらいの判断だった方が多いかもしれません。


何故この馬が本命なのかを現在の2歳戦の傾向を含めて考察します。
まず、2歳戦を積極的に予想いている方はご存知だと思いますが
2歳戦の距離整備があり、近年早い時期から芝1800m以上のレースが増えてます。
具体的には6月の東京開催から2歳戦が始まり芝1800m戦が施行され始めたのは12年からです。

また、函館や福島での芝1800m戦の数も昔は1レース程度だったのがぐっと増えています。
昔より中距離路線の選択肢が増えています。


私の持論でクラッシック路線の王道距離を走る馬がマイナー路線より強いというのがありますが
過去新潟2歳Sで芝1400mの馬が好走しやすかったのは、選択肢が芝1600mか芝1400mの2拓しかなかったからだと思っています。
そこへ最近の距離整備で芝1800m路線が整備され、新馬を勝てなくても積極的に未勝利戦を使えるようになりました。
となると素質の高い牡馬は芝1800mへ流れ、牝馬は芝1600mに出やすくなるので芝1600mへ流れます。

これが新潟芝1400mOPのダリア賞などがレベル低下して、3着以内馬を出せなくなった理由だと思います。
同時に注意をしないといけないのは、新潟2歳Sの出走馬の前走距離も年々長くなってきているという事です。

以下は、年ごとの前走距離別出走頭数ですが
新潟2歳01


年々、1400m以下の出走頭数が減り、1600m以上の出走頭数が増えてるのがわかりますでしょうか。
※RPCIやPCI3も緑のスローペースが年々増えてきている。

もう一つ興味深い傾向をお教えすると
前走芝1800mの馬の最高着順ですが

02年 無し
03年 3着
04年 6着
05年 7着
06年 5着
07年 3着
08年 8着
09年 8着
10年 10着
11年 6着
12年 5着
13年 4着
14年 2着
15年 2着

近年、明らかに安定して着順が上がってきているように思えます。
これも芝1800m路線が整備されて、質が上がってきたからだと思います。

今後は、新潟2歳Sはまずます芝1400m以下の馬の不振と芝1600m以上路線馬の好走傾向が出てくるのではないかと予想しています。


さて、長々とプロローグを書いてきましたが
何故◎アピールバイオなのかという説明は、もう時間が遅いのでやめておきます。


スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: