第51回テレビ西日本賞北九州記念(予想)

圧倒的人気を集めるベルカントは果たして勝てるのでしょうか。


まず、今年の勝ちタイムとペースの予想なのですが
前々から申し上げている通り、今開催の小倉は少し時計がかかっています。
勝ちタイムは 1.07.5~1.07.6くらいじゃないかと思ってます。
ペースは前走アイビスSD組が5頭いるので平均よりやや多め
また人気を背負ったベルカントが強気の逃げまたは番手で競馬をすればハイペースになりやすいと考えています。
北九州記念らしい前傾ラップの最後の1Fは12秒台に落ち込む上りのかかるレースになるんじゃないでしょうか。


その前提で過去の傾向を見るならば14年、9年、7年、6年のイメージです。
その4年の傾向を見ると
◆年齢別集計
集計期間:2006. 8.13 ~ 2014. 8.24
----------------------------------------------------------------------------
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------------------------------
3歳 0- 1- 0- 0- 1- 6/ 8 0.0% 12.5% 12.5%
4歳 1- 1- 2- 1- 0- 5/ 10 10.0% 20.0% 40.0%
5歳 1- 1- 1- 2- 2- 21/ 28 3.6% 7.1% 10.7%
6歳 2- 1- 1- 1- 0- 7/ 12 16.7% 25.0% 33.3%
7歳 0- 0- 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
----------------------------------------------------------------------------
6歳馬でも勝負になります。

◆斤量別集計
集計期間:2006. 8.13 ~ 2014. 8.24
------------------------------------------------------------------------------
斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------------------------------------
~49kg 0- 0- 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
49.5~51kg 0- 1- 1- 0- 1- 6/ 9 0.0% 11.1% 22.2%
51.5~53kg 3- 2- 0- 2- 2- 13/ 22 13.6% 22.7% 22.7%
53.5~55kg 1- 0- 1- 0- 0- 13/ 15 6.7% 6.7% 13.3%
55.5~57kg 0- 0- 2- 1- 0- 9/ 12 0.0% 0.0% 16.7%
57.5~59kg 0- 1- 0- 0- 1- 2/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
------------------------------------------------------------------------------
51.5kg~53kgが中心になります。


◆種牡馬別集計
集計期間:2006. 8.13 ~ 2014. 8.24
ソート:着別度数順
-----------------------------------------------------------------------------------
種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------------------------------------
サクラバクシンオー 1- 0- 2- 0- 1- 3/ 7 14.3% 14.3% 42.9%
サンデーサイレンス 1- 0- 0- 0- 1- 1/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
マイネルラヴ 1- 0- 0- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
Closing Argument 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
タイキシャトル 0- 1- 0- 0- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
フレンチデピュティ 0- 1- 0- 0- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
ブライアンズタイム 0- 1- 0- 0- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
オレハマッテルゼ 0- 1- 0- 0- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
マンハッタンカフェ 0- 0- 1- 0- 0- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
アグネスタキオン 0- 0- 1- 0- 0- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
-----------------------------------------------------------------------------------
バクシンオー産駒が好成績です。

◆母父馬別集計
集計期間:2006. 8.13 ~ 2014. 8.24
ソート:着別度数順
-----------------------------------------------------------------------------------
母父馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------------------------------------
ジェイドロバリー 1- 1- 0- 0- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7%
Seeking the Gold 1- 0- 0- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
グルームダンサー 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
Buddha 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
Niniski 0- 1- 0- 0- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
Kingmambo 0- 1- 0- 0- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
End Sweep 0- 1- 0- 0- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
ノーザンテースト 0- 0- 1- 1- 1- 2/ 5 0.0% 0.0% 20.0%
Woodman 0- 0- 1- 0- 1- 1/ 3 0.0% 0.0% 33.3%
コマンダーインチー 0- 0- 1- 0- 0- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
Storm Bird 0- 0- 1- 0- 0- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
-----------------------------------------------------------------------------------
これだけだとわかりにくいので、系統別でみると

◆チェック母父馬別集計
集計期間:2006. 8.13 ~ 2014. 8.24
ソート:着別度数順
----------------------------------------------------------------------------------
チェック母父馬 着別度数 勝率 連対率
----------------------------------------------------------------------------------
ミスプロ系 3- 2- 1- 0- 1- 12/ 19 15.8% 26.3%
レッドゴッド系 1- 0- 0- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0%
ニジンスキー系 0- 1- 0- 1- 0- 5/ 7 0.0% 14.3%
キングマンボ系 0- 1- 0- 0- 0- 1/ 2 0.0% 50.0%
ノーザンテースト系 0- 0- 1- 1- 1- 2/ 5 0.0% 0.0%
ストームバード系 0- 0- 1- 1- 0- 2/ 4 0.0% 0.0%
リファール系 0- 0- 1- 0- 0- 1/ 2 0.0% 0.0%
サンデーサイレンス系 0- 0- 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 0.0%
----------------------------------------------------------------------------------
ミスプロ系が圧倒的に好成績です。
4年間12頭の内、父親か母父がミスプロ系の馬が8頭います。

ここで思い出してほしいのは、函館2歳Sの時にハイペースだとミスプロ系が来やすいという教訓を得たことです。

今回も少し時計のかかり気味(トップスピードを問われない)
前傾ラップのレース
という条件は芝とダート兼用のミスプロ系向きな馬場ではないでしょうか。


そこで、2010年以降、芝1200mの重賞で勝ちタイム1.07.5~1.08.0でPCI3が49以下のレースの血統傾向は
◆チェック種牡馬別集計
PCI3:指 1~49
集計期間:2009. 8.16 ~ 2014. 8.24
ソート:着別度数順
-----------------------------------------------------------------------------------------
チェック種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------------------------------------------
テスコボーイ系 1- 1- 1- 0- 0- 6/ 9 11.1% 22.2% 33.3%
ミスプロ系 1- 1- 0- 0- 0- 11/ 13 7.7% 15.4% 15.4%
マッチェム系 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
フェアリーキング系 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
サンデーサイレンス系 0- 1- 1- 1- 1- 9/ 13 0.0% 7.7% 15.4%
ロベルト系 0- 1- 0- 0- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
リファール系 0- 0- 1- 0- 1- 4/ 6 0.0% 0.0% 16.7%
ヴァイスリージェント系 0- 0- 1- 0- 1- 1/ 3 0.0% 0.0% 33.3%
-----------------------------------------------------------------------------------------
◆チェック母父馬別集計
PCI3:指 1~49
集計期間:2009. 8.16 ~ 2014. 8.24
ソート:着別度数順
-----------------------------------------------------------------------------------------
チェック母父馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------------------------------------------------
ミスプロ系 2- 2- 1- 1- 0- 8/ 14 14.3% 28.6% 35.7%
フジキセキ系 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
チェック母父馬無し 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
リファール系 0- 1- 1- 0- 0- 2/ 4 0.0% 25.0% 50.0%
キングマンボ系 0- 1- 0- 0- 1- 1/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
ノーザンテースト系 0- 0- 1- 0- 0- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
ネヴァーベンド系 0- 0- 1- 0- 0- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
-----------------------------------------------------------------------------------------
やはり、ミスプロ系が強いです。
特に母父の馬は要注意です。

以上の点を踏まえて

【予想】
◎ラヴァーズポイント
○ベルルミエール
▲ベルカント
△マイネルエテルネル

まず、勝つのは54kg(53kg以下が特注)以下の馬だと思っています。
その点でベルカントは2-3着の可能性が高いと判断しました。
次にミスプロ系なら母父の馬はメイショウライナーだけですが、ミスプロ系が母父で好走しやすいのは
種牡馬がSS系かPrincely Gift系の場合が多いです。

その点でメイショウライナーは向いてない気がします。

また最近何度か申し上げていますが、短距離は斤量の影響が大きいので結局牝馬なら55kg、牡馬なら57kgで勝ち上がってきた馬が能力が高いです。
その点でオウノミチは過剰人気ではないかと思ってます。
そもそもバーデンバーデンカップのレベル自体にも疑問があります。

ラヴァーズポイントは父ミスプロ系で母父がNasrullahにさかのぼる系統でPrincely Gift系と同系です。
6年に(ほぼ同系統の血統)コスモフォーチュンが1着になっています。
1600万勝ちはありませんが、55kgで僅差の2-3着があります。

オウノミチ(牡)は52kgでOP特別を勝って、今回G3で54kgです。
ジャストドゥイング(牡)も57kgで1600万を勝って、今回54kg(OP特別2着と同斤量)
プリンセスムーン(牝)は55kgで1600万を勝って、OP特別を53kgで勝って、今回54kgです。

ラヴァーズポイントは55kgで1600万(0.2秒差)からG3で50kgで3着(0秒差)から今回51kg
※1600万との比較ならー4kg

いかにも斤量が有利です。


ベルルミエールも前走からベルカントと斤量差も広がり
前半ハイペースの後半上りのかかる展開なら、血統的適正から逆転があるんじゃないかと。


マイネルエテルネルは昨年も○印だったのですが、やはりこのレースへの適性はあると思うんですよね。
昨年は13着という大負けで、能力負けではないと思ってます。


スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: