第60回産経大阪杯(レース特性)

どの馬が勝つんでしょうかね。



まず、過去記事にも書いてますがこのレースの特徴は
■6番人気以下で3着以内に入った馬
・エアソミュール(毎日王冠1着、鳴尾記念1着)
・トウカイパラダイス(中日新聞杯3着)
・ショウナンマイティ(鳴尾記念2着)
・ダークシャドウ(芝2000mの1000万-0.5秒勝ち)
・テイエムアンコール(中山記念2着)
・ゴールデンダリア(ディセンバーS3着)
・エイシンデピュティ(エプソムC、鳴尾記念、京都金杯)
・メイショウオウテ(1600万を勝った距離が1800m・2000m)

その戦歴を眺めればわかる通り、2000mあるいは1800mを得意レンジとしている馬が多い。
逆に言い換えると、2000m超を得意レンジにしている馬は人気でしか来ない。

■前走距離別傾向
<距離短縮>
◆前走脚質別集計
前走距離:今回短縮
集計期間:2007. 4. 1 ~ 2015. 4. 5
------------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------------
平地・逃げ 0- 0- 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
平地・先行 4- 1- 3- 0- 1- 3/12 33.3% 41.7% 66.7%
平地・中団 0- 3- 5- 1- 1- 6/16 0.0% 18.8% 50.0%
平地・後方 0- 0- 0- 3- 0- 4/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
平地・マクリ 1- 0- 0- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
------------------------------------------------------
先行タイプが多い。

<距離延長>
◆前走脚質別集計
前走距離:今回延長
集計期間:2007. 4. 1 ~ 2015. 4. 5
------------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------------
平地・逃げ 0- 0- 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
平地・先行 0- 1- 0- 1- 1- 4/ 7 0.0% 14.3% 14.3%
平地・中団 0- 2- 0- 0- 3- 6/11 0.0% 18.2% 18.2%
平地・後方 3- 0- 1- 3- 1- 9/17 17.6% 17.6% 23.5%
------------------------------------------------------
差しタイプが多い。

■年齢別成績
◆年齢別集計
集計期間:2007. 4. 1 ~ 2015. 4. 5
--------------------------------------------------------------
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------------------
4歳 5- 2- 3- 1- 1- 12/ 24 20.8% 29.2% 41.7%
5歳 3- 4- 1- 3- 3- 13/ 27 11.1% 25.9% 29.6%
6歳 1- 2- 5- 3- 5- 14/ 30 3.3% 10.0% 26.7%
7歳 0- 1- 0- 2- 0- 13/ 16 0.0% 6.3% 6.3%
8歳 0- 0- 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
--------------------------------------------------------------
4歳馬が圧倒的に好成績。

ここで一つの疑問に行き着く
小回りの持続力戦ぽい傾向があるのに何故4歳馬が好成績なのか
私の持論では若い馬は瞬発力戦に向いているはずでないか。

平均ラップを見てみると
大阪杯01

わずかに右肩下がりを示しているが急加速ではない。
しかし、底力が問われるような最後に失速するほどのラップでもない。


ここからは仮説の話になるが

ポイントは良馬場平均ラップから
12.56-11.23-12.5-12.17-12.03-12.16-11.79-11.53-11.57-11.96
この息の入りにくい12.2以下がずっと続くラップにあるのではないかと思っている。

例えばキズナの毎日杯のレースラップ
12.6-11.0-11.2-11.8-12.0-11.8-11.5-11.8-12.5

トウカイパラダイスの中日新聞杯のレースラップ
12.4-11.0-12.5-12.3-12.0-12.0-11.8-11.9-11.4-12.3
※レコード記録レース

ショウナンマイティの大阪城Sのレースラップ
13.0-11.5-11.9-12.1-11.9-12.0-11.8-11.5-12.9
鳴尾記念のラップ
12.6-11.1-11.4-12.1-12.0-11.7-11.5-11.0-12.2

イメージとしては、1200mで6秒台になるようなレースは若い馬、斤量の軽い馬が有利と言う話をつい先日もしたが
それに近い現象なのではないかという推定。
トップスピードではないが、11.9前後が何ハロンも続くような場合は若い馬が有利なのではないかと言う仮説である。
斤量は急加速や限界に近いトップスピードを出すわけではないので、短距離の場合ほど影響がないのかもしれない。
あくまでも結果論からの推測である。


となると、狙うべき馬はあまり緩急の無い12.2を超えずに11.9前後のラップが続くようなレースで好走経験のある馬ではないだろうか。


スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: