第48回ダービー卿チャレンジT(過去記事)

過去にこんな記事を書いてました。

2014年の記事ですが、コピペしておくと
「【お宝】第46回ダービー卿チャレンジT(レース特性①)【世界遺産」


**************************************
以下コピペ

まず、ダービー卿CTを分析していていくつもの「何故?」にぶつかりました。
ここが出発点になっています。

○何故ダービー卿はこんなに荒れるのか?
 ・ハンデ戦だから?
  ⇒普通のハンデ戦より荒れている。

○何故同コースとニューイヤーSや東風Sの勝ち馬は全くの不振なのか
 ・勝って斤量が重くなったから?
  ⇒それを考慮しても不振すぎるし、下位に負けた馬がバンバン馬券になっている
○何故6歳馬は不振なのか
 ・同コースのOP特別のニューイヤーSや東風Sは6歳馬が、4-5歳馬とそん色ない活躍をしてますが
  ダービー卿になった途端成績が急下降します。

<ニューイヤーS>
◆年齢別集計
集計期間:2001. 1.13 ~ 2014. 1.18
----------------------------------------------------------------------------
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
----------------------------------------------------------------------------
4歳 5- 2- 2- 1- 2- 25/ 37 13.5% 18.9% 24.3% 52 55
5歳 5- 5- 5- 1- 2- 8/ 26 19.2% 38.5% 57.7% 82 165
6歳 3- 3- 4- 6- 3- 28/ 47 6.4% 12.8% 21.3% 42 55
7歳 0- 3- 1- 5- 3- 36/ 48 0.0% 6.3% 8.3% 0 71
8歳 0- 0- 1- 0- 3- 22/ 26 0.0% 0.0% 3.8% 0 12
----------------------------------------------------------------------------

<東風S>
◆年齢別集計
集計期間:2001. 3.18 ~ 2014. 3.16
----------------------------------------------------------------------------
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
----------------------------------------------------------------------------
4歳 6- 4- 3- 4- 2- 33/ 52 11.5% 19.2% 25.0% 60 82
5歳 5- 5- 3- 2- 2- 20/ 37 13.5% 27.0% 35.1% 48 68
6歳 1- 3- 7- 2- 4- 25/ 42 2.4% 9.5% 26.2% 40 93
7歳 1- 1- 0- 2- 3- 24/ 31 3.2% 6.5% 6.5% 77 32
8歳 0- 0- 0- 3- 2- 20/ 25 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
----------------------------------------------------------------------------

<ダービー卿>
◆年齢別集計
集計期間:2001. 4. 1 ~ 2013. 3.31
----------------------------------------------------------------------------
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
----------------------------------------------------------------------------
4歳 5- 7- 2- 4- 1- 38/ 57 8.8% 21.1% 24.6% 95 87
5歳 4- 4- 3- 2- 2- 27/ 42 9.5% 19.0% 26.2% 141 166
6歳 3- 0- 3- 3- 6- 32/ 47 6.4% 6.4% 12.8% 51 28
7歳 0- 1- 3- 2- 2- 16/ 24 0.0% 4.2% 16.7% 0 138
8歳 0- 0- 1- 1- 0- 8/ 10 0.0% 0.0% 10.0% 0 53
----------------------------------------------------------------------------

○何故、前走中山芝1600m好走馬より、阪神芝1600m好走馬の方がダービー卿では好走率が高いのか

 例)前走1600万クラスの1着馬の、前走コース別成績です。
◆前走コース別集計
前走クラス:1600万下
集計期間:2002. 3.31 ~ 2013. 3.31
ソート:着別度数順
------------------------------------------------------------------------
前走コース 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------------
阪神・芝1600外 2- 0- 0- 0- 0- 1/ 3 66.7% 66.7% 66.7% 830 243
阪神・芝1600 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 390 190
中山・芝1600 0- 1- 0- 1- 0- 3/ 5 0.0% 20.0% 20.0% 0 64
------------------------------------------------------------------------

前走阪神芝1600m組の異常な好走率。


通常荒れるレースは、ステップレースと求められる質が異なるから荒れるという話を昔からしています。
しかし、ダービー卿はニューイヤーSや東風Sなど、同質のステップレースがあるにも関わらず荒れます。一体何故?


いくつか、同じような疑問を持たれた方もいると思います。

しかし、上記の何故をよく考えてみると、全て一つの回答に繋がっていきます。
私の日記を昔からよく読んでいる方はもうお分かりだと思いますが

ダービー卿CTは(通常の中山芝1600mより)瞬発力が求めらるレースと考えると全て疑問が解決します。

では、驚きのラップ比較のグラフをご覧いただきます。

<ニューイヤーS、東風S、ダービー卿の比較ラップ>
※ダービー卿が上がりが速いもっとも瞬発型


通常、レースの格が上がるとペースが上がり、上りはかかる傾向になるのですが
この3つのレースのラップは全く逆の傾向を示しています。

重賞であるダービー卿CTの方が、ペースも遅く上りが速くなる傾向にあります。


もう一つ面白いデータを紹介します。

ダービー卿の後1Fの平均ラップが、OP特別の2レースよりもかなり速かった事から
次のデータを調べてみました。

■中山芝1600m 1600万クラス・OPクラス(1月以降)
 ・後1F:12.1以上のレースの2着以内馬
 ⇒つまり、中山らしい持続力を問われたレース

上記馬が
5走以内にダービー卿に出走して来た場合の成績
◆レース名別集計
本レースより後の5走
集計期間:2001. 1.30 ~ 2014. 2.23
ソート:着別度数順
------------------------------------------------------------------------
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------------
ダービーHG3 1- 2- 0- 1- 0-13/17 5.9% 17.6% 17.6% 109 56
------------------------------------------------------------------------

★複勝率がたったの17.6%です。

好走したのは
11年 マイネルファルケ
06年 キングストレイル
04年 マイネルモルゲン

★先行して後半失速する苦しいレースを前で踏ん張った馬




■中山芝1600m 1600万クラス・OPクラス(1月以降)
 ・後1F:12.1以上のレースの3着以下馬
 ⇒つまり、中山らしい持続力戦では好走できなかった馬

上記馬が
5走以内にダービー卿に出走して来た場合の成績
◆レース名別集計
本レースより後の5走
集計期間:2001. 1.30 ~ 2014. 3.30
ソート:着別度数順
------------------------------------------------------------------------
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------------
ダービーHG3 5- 1- 4- 0- 2-18/30 16.7% 20.0% 33.3% 307 283
------------------------------------------------------------------------

★複勝率33.3%(30頭で) 回収値は307円と283円

中山らしい持続力戦では好走できなかった馬が、バンバン穴を開けています。



つまり、ダービー卿CTは中山コースらしい持続力戦向きの馬は好走しにくい(瞬発力も必要な)レースであると言えます。

どうですか、ちょっと驚きませんか?


私は、みんなが通常の中山コースで好走しそうな馬を必死に追いかけているから、そうではない馬が好走して
大荒れになっていると思ってます。


********************************************
ここまでコピペ


以下は次回記事コピペ

て、レース特性の続きですが
どんな馬が好走しやすいかを簡単に紹介したいと思います。

まず、大前提でダービー卿はその年のペースやラップによってレース質に幅があり
前回ご紹介した瞬発力が必要という話も、平均的な話であるという事をご理解ください。

つまりは、このレースもペースや展開の読み次第で狙う馬が変わるという事であり
そこに予想センスが必要になるという事です。
(私には殆ど無い能力ですw)



好走しやすいタイプの馬の分析を少しだけ紹介します。

ダービー卿を6番人気以下で3着以内に入った馬の前6走のコース別成績を見ていただきます。
◆コース別集計
本レースより前の6走
集計期間:2000. 5. 7 ~ 2012. 2.26
ソート:着別度数順   レース機会数 : 5 回以上
------------------------------------------------------------------------
コース 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------------
中山・芝1800 3- 0- 1- 1- 1- 3/ 9 33.3% 33.3% 44.4% 450 166
中山・芝1600 2- 1- 3- 3- 3-10/22 9.1% 13.6% 27.3% 27 51
東京・芝1400 2- 1- 0- 1- 1- 1/ 6 33.3% 50.0% 50.0% 180 126
東京・芝1600 1- 1- 2- 0- 1- 4/ 9 11.1% 22.2% 44.4% 38 74
京都・芝1600外 1- 1- 1- 0- 1- 5/ 9 11.1% 22.2% 33.3% 98 156
京都・芝1400外 1- 0- 4- 1- 0- 1/ 7 14.3% 14.3% 71.4% 50 234
阪神・芝1400 0- 1- 0- 1- 0- 5/ 7 0.0% 14.3% 14.3% 0 18
------------------------------------------------------------------------
まず、中山芝1600mの成績は決して高くないという事です。

好走率&回収値が高いのは、東京1400mや京都1400mです。
また、中山芝1800mもかなり高い回収値を示しています。

この理由はもう説明しなくてもお分かりだと思います。

年によって芝1800m以上の実績馬が好走しやすかったり、短距離の瞬発力戦の実績馬が好走しやすかったり変わります。


***********************
ここまで



この年は週の途中まで本命馬がエールブリーズ(4着:12番人気)でした。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: