第46回高松宮記念(シルクロードS)

今年最初の芝G1ですね。



2002年以降のシルクロードSの2着以内馬が高松宮記念に出走した場合
14年で8回3着以内に入っています。

意外と多いと思いませんか?

そのシルクロードSのラップを比較してみました。
高松02

赤色は12秒台のラップで、緑色は10秒台のラップです。
好走した年の共通点は無いかと探ったところ
基本的に最後の1Fが11秒台の時に好走しているのがわかります。
例外は15年と10年の2回だけです。

能力が高いから最後までラップが落ちないという事なんだと判断します。

そしてもう一つ、前2-4F目に10秒台のラップが2回続くような年は、4角5番手以内の馬が
逆に11秒台が続く(遅い年)は、4角9番手以下の差して2着以内に入った馬が高松宮記念で好走しているように見えます。

さて、表の下に稍重だった今年と08年のラップを入れてあります。
今年は(稍重でも)10秒台が2回続き、後1Fは11秒台です。
そして先行して2着のローレルベローチェが出走してきます。
血統もサクラバクシンオー産駒で高速決着に強い血統です。


また何度も書いてますが、私の理論的には高速タイム決着の場合は
○若い馬
○斤量の軽い馬(牝馬)
が有利になりますので、5歳と言う年齢も魅力です。

3着以内の有力な1頭と考えます。


スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: