第30回フラワーカップ(ゲッカコウ)

疲れて爆睡してました。


フラワーCというレースの立ち位置を考えるならば
桜花賞へのステップレースと言うより、桜花賞に届かなかった(賞金を稼げなかった)馬
と遅れて来た(オークスへ向け賞金を稼ぐ隊)馬のぶつかり合い的なポジションと予想されます。


その傾向が最も端的に表れているのがこのデータ。
◆前入線順位別集計
前走クラス:500万下
集計期間:2001. 3.17 ~ 2015. 3.21
--------------------------------------------------------------------
前入線順位 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------------
前走1着 7- 1- 4- 0- 0- 5/17 41.2% 47.1% 70.6% 154 111
前走2着 0- 0- 1- 0- 1- 6/ 8 0.0% 0.0% 12.5% 0 70
前走3着 0- 0- 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
前走4着 0- 2- 0- 2- 0- 8/12 0.0% 16.7% 16.7% 0 55
前走5着 0- 0- 0- 0- 2- 6/ 8 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
前走6~9着 0- 0- 2- 2- 0-13/17 0.0% 0.0% 11.8% 0 38
前走10着~ 1- 0- 0- 0- 0- 9/10 10.0% 10.0% 10.0% 436 63
--------------------------------------------------------------------
2001年以降の良馬場開催の12年間で、前走500万勝ちの馬が8勝してます。
前走500万1着の馬の複勝率は70%以上で回収値も100円を超えています。

前走500万の馬だけで3着以内は
8-3-7 計18頭/36頭
実に50%の馬が前走500万です。

<参考>
前走500万以下(新馬・未勝利)
10-6-9 25/36頭 約69%


もう一つ、初めて牝馬路線で1600m超の重賞という事で
◆前走PCI3別集計
前走クラス:500万下/前入線順位:前走1着
集計期間:2001. 3.17 ~ 2015. 3.21
------------------------------------------------------------------
前走PCI3 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------
PCI3~36 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
~44 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
~52 4- 1- 0- 0- 0- 5/10 40.0% 50.0% 50.0% 173 88
~60 3- 0- 2- 0- 0- 0/ 5 60.0% 60.0% 100.0% 178 146
~68 0- 0- 2- 0- 0- 0/ 2 0.0% 0.0% 100.0% 0 140
------------------------------------------------------------------
PCI3が低い(=持続力戦的な上がりのかかるレース)レースの勝ち馬は成績が落ちます。

◆前走PCI3別集計
前走クラス:500万下/前入線順位:前走1着
集計期間:2001. 3.17 ~ 2015. 3.21
------------------------------------------------------------------
前走PCI3 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------
指50~99 4- 1- 4- 0- 0- 2/11 36.4% 45.5% 81.8% 136 123
------------------------------------------------------------------
前走PCI3が50以上なら複勝率80%以上です。

今年このデータに該当するのがゲッカコウです。

ゲッカコウはきちんと中身も伴っていまして
ゲッカコウを語るにはまずクィーンズベストについて触れないといけないのですが

クィーンズベストは有料記事でしたか
サトノダイヤモンドのレースラップを解説して、ハイレベルであることを語り
そのレースで0.6秒差とはいえ、強いのではないかと言った記憶があります。
実際、次走若竹賞で2着に入ったのですが
このレースはゲッカコウ、サーブルオール、マイネルハニーの3頭が次走500万を勝ちあがっています。

このレースは結果から振り返ると
上り2位と3位とマクリだった馬が次走500万を勝っており
差し馬に不利だったレースと判断できそうです。

なので次走クィーンズベストとゲッカコウの着順が逆転したのも
転回の紛れと言うよりは、ある意味必然だったのかもしれません。

クィーンズベストは次走チューリップ賞で4着(0.3秒差)ですからね。

軸馬としてはゲッカコが良いのではないでしょうか。



スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: