第50回報知杯フィリーズレビュー(ペース別の違い)

このレースはペースによっても大幅に傾向が違います。


一昨年の穴馬についてまとめた記事をご覧ください。
第48回報知杯フィリーズレビュー(穴馬の傾向)

先行馬か追い込み馬が穴を開けやすいという傾向があります。
この理由の一つと考えられるのが、ペース別の傾向です。

RPCIが48より大きいか小さいかでかなり傾向が変わります。
<RPCI:48以下> ※ハイペース
◆脚質上り別集計
RPCI:指 1~48
集計期間:2008. 3.16 ~ 2015. 3.15
--------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------------
平地・逃げ 0- 0- 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
平地・先行 2- 0- 2- 0- 1-12/17 11.8% 11.8% 23.5% 129 188
平地・中団 0- 3- 1- 3- 1-24/32 0.0% 9.4% 12.5% 0 46
平地・後方 3- 2- 2- 2- 3-16/28 10.7% 17.9% 25.0% 230 107
平地・マクリ 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0

3F 1位 2- 1- 1- 1- 1- 0/ 6 33.3% 50.0% 66.7% 945 346
3F 2位 2- 2- 0- 0- 1- 1/ 6 33.3% 66.7% 66.7% 436 281

3F 3位 0- 1- 0- 2- 1- 1/ 5 0.0% 20.0% 20.0% 0 84
3F ~5位 1- 1- 2- 2- 0- 5/11 9.1% 18.2% 36.4% 31 100
3F 6位~ 0- 0- 2- 0- 2-50/54 0.0% 0.0% 3.7% 0 44
--------------------------------------------------------------------
この場合、先行馬の3着以内数が4頭、中団からも4頭、後方なら7頭馬券になっており、しかも回収値が100円を超えています。

上がり順位も1-2位が高率で回収値も100円を超えています。

しかし
<RPCI:48以上> ※スローと呼んでいいのか?
◆脚質上り別集計
RPCI:指48~99
集計期間:2007. 3.11 ~ 2014. 3.16
--------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------------
平地・逃げ 0- 1- 1- 0- 0- 2/ 4 0.0% 25.0% 50.0% 0 1605
平地・先行 2- 3- 2- 0- 0-12/19 10.5% 26.3% 36.8% 35 162
平地・中団 0- 0- 0- 3- 3-13/19 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
平地・後方 2- 0- 1- 2- 0-17/22 9.1% 9.1% 13.6% 139 46
平地・マクリ 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0

3F 1位 1- 0- 0- 1- 0- 3/ 5 20.0% 20.0% 20.0% 88 38
3F 2位 0- 0- 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
3F 3位 2- 0- 0- 1- 1- 1/ 5 40.0% 40.0% 40.0% 546 122
3F ~5位 1- 1- 1- 2- 1- 4/10 10.0% 20.0% 30.0% 56 75
3F 6位~ 0- 3- 3- 0- 1-33/40 0.0% 7.5% 15.0% 0 224
--------------------------------------------------------------------
RPCI:48以上の場合
先行馬の3着以内が7頭で最多になり、上がり順位も6位以下が6頭で最多になります。

わずかなペースの違いでここまで極端に傾向の変わるレースはあまり記憶にありません。

余談ですが、RPCI:48以上の先行馬が有利な年で唯一上がり1位で1着の馬がいますが
この馬はメイショウマンボです。
圧倒的不利な展開を跳ね返して1着になっていたので、その後の活躍も納得できる気がします。


さて、2007年以降
RPCI:48以下 5年(15年、12年、11年、09年、08年)
RPCI:48以上  4年(14年、13年、10年、07年)
でほぼイーブンな感じです。

真逆の傾向になるので、どっちか決め打ちすると
もう片方のペースになった時に完全に外れます。
フィリーズRはどっちかを主軸に予想して、どっちかをワイドか何かで押さえておいた方が良いかもしれません。


さて、RPCI:48以下の場合の勝ち馬の特徴を一つお教えします。
それは、5頭中4頭が500万以上で上がり1位を記録したことがあるという点です。

15年 クイーンズリング 菜の花賞 上がり1位
12年 アイムユアーズ 函館2歳S 上がり1位
11年 フレンチカクタス 無し 
09年 ワンカラット ファンタジーS 上がり1位
08年 マイネレーツェル 白菊賞 上がり1位

今年の出走予定馬で500万以上で上がり1位記録馬
ソルヴェイグ
アットザシーサイド
メイショウスイヅキ
ウインミレーユ
このレースは前走500万なら1着でないと馬券になっていないのでソルヴェイグは消せると思います。
となると候補は3頭ですね。


逆にRPCI:48以上の年は、ダート実績馬と逃げ経験馬が好走しやすい傾向があります。
14年 ベルカント 逃げて重賞1着
    ニホンピロアンバー ダート勝ち上がり馬
   エスメラルディーナ ダート勝ち上がり馬
13年 ナンシーシャイン ダート勝ち上がり馬&逃げ経験あり
    ティズトレメンダス ダート勝ち上がり馬
10年 サウンドバリアー アグネスデキタル産駒でダート戦と逃げの経験あり
    レディアルバローザ 逃げて未勝利1着、500万2着
07年 アストンマーチャン 4角先頭で重賞1着
    アマノチェリーラン ダート500万勝ち

RPCI:48以上の場合は割と傾向がはっきりしている気がします。


今年の出走予定馬では
ダートキャリア有で500万勝ち以上なのはソーディヴァイン
ダート戦績馬は先行馬という一昨年の穴馬傾向にも一致します。

逃げた経験のある馬は多いのでここでは割愛します。



最後に、過去記事でも紹介してますが
前走500万の場合、1着以外は馬券になっていませんので
それでだいぶ削れると思います。
◆前入線順位別集計
前走クラス:500万下
集計期間:2007. 3.11 ~ 2015. 3.15
------------------------------------------------------
前入線順位 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------------
前走1着 2- 4- 3- 2- 2-23/36 5.6% 16.7% 25.0%
前走2着 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
前走3着 0- 0- 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
前走4着 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
前走5着 0- 0- 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
前走6~9着 0- 0- 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
前走10着~ 0- 0- 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
------------------------------------------------------

スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です!

すごく参考になります。

過去記事からメイショウが気になってましたし、当てたいレースですね。

お仕事お忙しそうですし、
インフルなども流行ってますから
体調には気をつけて下さいね!

Re: タイトルなし

JIROさん


お気遣いありがとうございます。
何とか当てたいですね。
プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: