第25回アーリントンカップ(予想)

普段ほとんど見ないのですが
空き時間にふとネットケイバコムのコラムを見ていたら
亀谷敬正氏のコラムでこういう記述がありました。
「今週の日曜重賞は阪急杯と中山記念。芝1400mと1800mで行われる重賞競走ですが、いずれもJRAの芝GIレースが行われない距離。いわゆる非根幹距離で行われる条件。」

私は全く根幹距離・非根幹距離理論を信じていないのですが
そこでふと気が付きました。
血統関係の予想理論ってこの「根幹距離・非根幹距離」がよく引用されるものって多いですよね。
Mの理論とか金満血統王国とかも確かそうでした。
何か理由があるんでしょうか。

血統も使い方次第で有力だと思ってますが、この根幹距離・非根幹距離だけは拒絶反応が出ます(笑)

ちなみに上記の亀谷氏、その1週前のコラムでこんな事を書いてました。
フェブラリーS(D1600mのレース)
「いわゆるデータ派にはかなり有名な話ですが、過去10年のフェブラリーS連対馬20頭のうち18頭が前走1700m以上に出走していた「距離短縮」の馬。実に連対馬の90%が距離短縮なのです。」

これは事実なんですが、その「距離短縮」の大部分がご自身で非根幹距離と呼んでいる1800mなんですが
こういうのはご自身の中でどう折り合いをつけているのか不思議でしょうがありません。

何だか都合のよい時だけ根幹距離・非根幹距離を持ち出す印象があるのは私だけでしょうか。


さて、アーリントンCですがTwitterでもつぶやいたのですが
平均するとハイペースになりやすいレースです。
※最近は少し緩みがちですが

なので前走距離別成績を見ると
◆前走距離別集計
集計期間:2007. 2.24 ~ 2015. 2.28
-----------------------------------------------------------------------------
前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-----------------------------------------------------------------------------
1200m 0- 1- 0- 1- 0- 3/ 5 0.0% 20.0% 20.0% 0 524
1300m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1400m 4- 1- 2- 3- 1- 20/ 31 12.9% 16.1% 22.6% 180 83
1500m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1600m 4- 7- 5- 3- 4- 28/ 51 7.8% 21.6% 31.4% 80 113
1700m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1800m 1- 0- 2- 2- 2- 13/ 20 5.0% 5.0% 15.0% 20 36
1900m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
2000m 0- 0- 0- 0- 2- 5/ 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
2100m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
2200m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
2300m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
2400m 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
-----------------------------------------------------------------------------

なので、前走1600mと1400mの成績が良いです。
逆に1800mは率も低いし、回収値も低いです。

ハイペースなので前走新馬戦や未勝利戦組は不振です。
それをカットして500万以上の馬に絞って前走上がり3位以内で見てみると
◆前走脚質別集計
前走距離:1600m
集計期間:2007. 2.24 ~ 2015. 2.28
前走限定:芝のみ
--------------------------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------------
指 1~ 3位 3- 4- 2- 1- 0- 5/15 20.0% 46.7% 60.0% 266 166
--------------------------------------------------------------------
上り3位以内で絞るのは、ハイペースでも後2F目にしかkりと加速が入るラップなので
いわゆる一本調子の切れ不足の馬は好走しにくいからです。

15頭いて、複勝率60%且つ回収値も高いです。
今年はこれに該当するのが
ヒルノマゼラン
レオナルド
ダンツプリウス
アーバンキッド
マディディ
5頭です。
流石に最低でも1頭はこの中から3着以内が出る気がします。


また、前走1400mの場合は
2勝馬かOP以上で3着の経験のある馬でした。
例外の1頭は昨年のマテンロウハピネス。
この馬は昨年の有料記事で穴を開けるならこの馬と指定していましたが
新馬戦のレベルが高かったです。

今年は前走1400m組はオデュッセウスとシゲルノコギリザメの2頭
前走のクロッカスSは1.21.7(稍重)のタイムでなかなか速いです。
翌週の1000万が良馬場で1.21.5ですから。


【予想】
◎オデュッセウス
○アーバンキッド 5着
▲レオナルド 4着
△ボールライトニング

こんな感じです。


【結果】
ハズレ!
スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

デムーロ凄すぎです。明日も仕事ですか…(TT)

Re: タイトルなし

虎絆さん


来週半ばまではプチピークです。

来週末楽しみにしてます。デムーロは、オッズを左右しそうすね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: