【コース分析】京都芝中距離


今日は京都の芝1800m、2000m、2200m、2400mについて
その違いを私なりの分析で語ります。

今週開催予定の京都記念の予想にも役立つと思います。

コース分析の本とか出版されてますが、ラップと関連してコース説明をしているものは無いと思うのですが。


ここで一つ質問をしておきます。
スタート地点から最初のコーナーまで距離が短いコースと、距離が長いコース
どっちがテンが速くなるかご存知ですか?

距離が短い方が先行争いが激化するような気もしますし、長い方が激化するような気もします。
意識して調べた方は少ないと思います。

答えは本文中に記してあります。

まず、京都は外回りコースがあります。
1800m、2200m、2400mは外回りコースですね。
2000mは内回りコースです。

これを意識して予想されている方は少ないと思います。
意識されていても、具体的に1800m外と2000mの違いを語れる方は少ないんじゃないでしょうか。
2200mと2400mはもっと少ないかもしれない。
大半の人は、それって距離以外に違いってあるの?という感じかもしれません。

でも、ラップ分析をする人はその違いを知っておく事が重用になると思います。
血統予想の人もある意味大事なことかもしれません。


ではまず、2歳未勝利京都芝1800m、2000m、2200mの平均ラップの比較をご覧ください。
京都中距離01
上記のグラフは頭と後をそろえて、中間の距離不足の箇所を破線で補っています。

もう一つ、JRA公式HPのコース図も貼っておきます。
京都中距離02

だらだら解説してもしょうがないので、ポイントだけ申し上げます。
まず、1800mですがlap3・lap4が残りの2つよりかなり速いです。
単に距離が短い事が原因なら、2000mと2200mもラップに違いがあるはずですがほぼ同じです。
コース図を見てもらえばわかりますが、内回りと外回りの関係で、2000mと2200mのスタート位置はさほど変わりません。
(恐らく100mくらい)

という事はスタート位置が同じなら、距離が変わってもラップは変わらないとう事になります。
なぜ1800mだけ速いのか。

1800mのスタート位置を見ると2コーナー奥の場所からスタートして長い直線を走って
3角>4角と走った後にゴールになります。
つまり、スタート直後に長い直線を走る事になります。
ここで質問の回答が出ました。
スタート地点から最初のコーナーまで距離が長い方がラップは速くなります。
これは何もスタート直後だけでなく、コースの途中であっても直線部分が長いほどラップは速くなる傾向があります。

競走馬は機械ではなく生き物なので、急激な減速や加速ができません。
馬の競争意欲を削いでしまう可能性もあります。
なので、騎手はコーナー(減速域)が近いとそろっと出していくんですね。

そして、中間のペースですが、LAP7の箇所を見てもらうのが一番わかりやすいのですが
2000mが最も速いです。

京都コースは内回りも外回りも向こう正面の直線部分の距離はさほど変わらない、むしろ内回りの方が距離が短いのでペースは遅くなるはずなのに何故速いのか。

JRAのHPをご覧いただくとコースの断面図もあります。
めんどくさいので貼りませんが、外回りコースの方がより高い坂を登坂する必要があります。
内回りコースが約3mくらいなら、外回りコースは約4mの登坂があります。しかも距離も長いです。
これが中盤の緩みにつながっています。

そしてスピードに乗った2000mは外回りコースの他の2つより速い目にスパート気味になり、後2Fでトップスピードを迎えて、最後少し失速しています。

これは、差し・追い込み馬が距離を詰めにくいラップになっているんじゃないかと思われます。
なので、2000mはスローになると逃げ馬が残りやすいのではないかと。

さて、ここまで長々と書いてきましたが
それが競馬の様に何の役に立つんだとお思いの方もいるでしょう。
センスの良い方ならもうお気づきかもしれませんが

具体的にわかりやすく事例を1つ紹介します。

日曜日にわたしがつぶやいた京都5Rのデルマオギン
前走京都1800mで5着(0.6秒差)でした。
血統はハービンジャー産駒です。

ハービンジャー産駒は記事に書いた通り、ハイペースが苦手でペースが緩くなるほど好走しやすくなります。
京都1800mはテンのラップが速くなるコースという事は前述した通りです。
また、2200mはテンも遅く、中盤も緩むコースです。
つまり、ハービンジャー産駒にとってはかなりの好条件に変化した事になります。
これが2000mへの距離延長の場合、テンは遅いですが中盤が締まった流れになるので、好走できるかどうか不安な部分があります。2200mだからこそ、好走確率がぐっと上がったと言えるのではないでしょうか。

恐らく2000mだったら私はつぶやいていません。

おわかりいただけましたか。
この3つの距離の関係は、ハービンジャー産駒の予想に役立つだけではありません。
もっともっと応用が効きますが、それはご自分でいろいろお考えください。


次に2200mと2400mの違いについて探ります。
今週京都記念が開催されます。
中でもレーヴミストラルに注目している方は多いと思います。
前走同じ京都コースの日経新春杯を鮮やかに差し切って勝ちました。
恐らく1番人気も間違いないでしょう。
果たしてレーヴミストラルは今回買えるのかどうか。

「TARGET frontier JV」をお持ちの方は、日経新春杯と京都記念の相性があまり良くないことはお気づきだと思います。
日経新春杯の3着以内馬が京都記念に出走して来た場合の成績が
◆レース名別集計
本レースより後の1走
集計期間:2001. 2.17 ~ 2015. 3.28
ソート:着別度数順
----------------------------------------------------------
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------------
京都記念G2 1- 0- 1- 2- 0- 5/ 9 11.1% 11.1% 22.2%
----------------------------------------------------------
知らない人にはちょっとびっくりするような結果かと思います。

人気で見ると次の通りです。
◆人気別集計
本レースより後の1走/レース名:京都記念G2
集計期間:2001. 2.17 ~ 2013. 2.10
----------------------------------------------------
人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------
1番人気 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
2番人気 0- 0- 1- 0- 0- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
3番人気 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
4番人気 0- 0- 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
5番人気 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
6番人気 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
7番人気 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
8番人気 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 0- 0- 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 0- 0- 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
----------------------------------------------------
2番人気以内なら馬券になっていますが、サンプルが少ないので今回消えてもおかしくありません。


さて、京都2200mと2400mはどうやら求められる特性が違うようだと感じられた方もいるかと思いますので
比較ラップをご覧いただきます。
京都中距離03

まず、目につくのがLAP3の位置ですね。
京都2400mの方がかなり速いです。
既に学習した皆さんならおわかりだと思いますが、同じ外回りのこのコース2400mの方が単純に200m後ろにセットバックしています。(上のコース図でご確認ください。)
結果、テンが速くなっています。

ここで、恐らく知らない人が多いと思われる恐ろしい事実を申し上げると
京都記念 良馬場平均前5F:61.27
日経新春杯 良馬場平均前5F:60.88
実は距離の長い日経新春杯の方がペースは速くなります。
それだけLAP3の速さが影響しているんです。

これは前5Fだけでなく、前6Fも前7Fも平均は(距離の短い)京都記念の方が遅いです。
※2001年以降の平均

ご存知でしたか?

前に私が京都2200mはダービーや天皇賞春への好走率を考えると、2200mという見た目の距離以上に長距離適性が問われるコースではないかと申し上げた事があったんですが、そのからくりの一端がここに表れています。

実際に京都記念3着以内馬の2走後までの成績を見てみると

◆レース名別集計
本レースより後の2走
集計期間:2001. 3.18 ~ 2015. 5. 3
ソート:着別度数順
----------------------------------------------------------
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------------
阪神大賞G2 3- 0- 0- 2- 0- 4/ 9 33.3% 33.3% 33.3%
天皇賞春G1 2- 1- 3- 2- 2- 9/19 10.5% 15.8% 31.6%

産経大阪G2 1- 2- 1- 1- 0- 5/10 10.0% 30.0% 40.0%
日経賞G2 1- 2- 0- 0- 0- 2/ 5 20.0% 60.0% 60.0%
目黒記念HG2 1- 0- 0- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
金鯱賞G2 1- 0- 0- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
ヴィクトG1 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
宝塚記念G1 0- 3- 0- 1- 1- 1/ 6 0.0% 50.0% 50.0%
札幌記念G2 0- 1- 0- 0- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
安田記念G1 0- 1- 0- 0- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
----------------------------------------------------------
TOP2に3000m以上のレースが入ってきます。

一方日経新春杯は
◆レース名別集計
本レースより後の2走
集計期間:2001. 2.17 ~ 2015. 5. 3
ソート:着別度数順
----------------------------------------------------------
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------------
御堂筋S1600 2- 1- 0- 0- 0- 0/ 3 66.7% 100.0% 100.0%
日経賞G2 1- 1- 4- 0- 0- 3/ 9 11.1% 22.2% 66.7%
京都記念G2 1- 0- 1- 2- 0- 6/10 10.0% 10.0% 20.0%
産経大阪G2 1- 0- 0- 1- 0- 0/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
ダイヤモHG3 1- 0- 0- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
鳴尾記念G3 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
飛鳥S1600 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
中山牝馬HG3 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
小倉記念HG3 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
春日特別1000 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
金鯱賞G2 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
許波多特1000 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
阪神大賞G2 0- 1- 1- 2- 2- 4/10 0.0% 10.0% 20.0%
函館記念HG3 0- 1- 0- 0- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
中日新聞HG3 0- 0- 2- 0- 0- 1/ 3 0.0% 0.0% 66.7%
天皇賞春G1 0- 0- 1- 0- 0-10/11 0.0% 0.0% 9.1%
巴賞 0- 0- 1- 0- 0- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
----------------------------------------------------------
阪神大章典と天皇賞春はかなり悲惨な成績です。


ペースが緩いレース程長距離適性が問われ、ペースが速いほど短距離適性が問われるという私の考え方とこの傾向は合致してます。
もちろん上記の話は平均ペースの話ですから、年によってペースが異なりその部分の調整は必要です。

もう一つご紹介しておくと
同じ2200mの重賞、AJCCと宝塚記念のラップと比較しても、京都記念のラップは緩いです。
京都中距離04


宝塚記念はテンのラップが速いです。
AJCCはテンは京都記念と同等ですが、LAP4以降中盤は全て京都記念を下回った速いラップを刻んでいます。
最後にもっとも加速ラップになっているのは京都記念です。

という事で、京都記念は2200mという見た目の数値以上に長い距離適性が問われやすいコースと考えられます。

ちょっと目から鱗ではなかったですか?


ここで申し上げたコース適正は何も内回り外回りがあるコースだけでなく
例えば小倉の1800m2000m何かも調べると面白い傾向があったりします。

細かな事ですが、こうした細かな積み上げが最終的には馬券の収支に影響してくると思いますので大事だと思いますよ。

また応用も切り口次第であると思います。
例えば京都記念の予想で芝2400m以上のOPクラス以上で実績のある馬を調べるとか(笑)


後はご自分でいろいろお試しください。
中山D1200m内枠好走先行馬の件
東京D1600の外枠の件
コース特性とその影響を緻密に調べると、馬券に役立つネタはまだまだあると思います。


スポンサーサイト

テーマ : 競馬【各種分析】
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

分析の仕方が高度になってます~教科書のようです。ありがとうございます(凄)
佐賀記念4人気迄で決まると思った迄は、良かったのに…一番美味しいのを逃しました(//∇//)

Re: タイトルなし

虎絆さん


佐賀記念残念でした。
最近はラップをタテの比較(過去との比較)だけでなく、横比較(他コースとの比較)に注力している結果かもしれません。
プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: