【コラム】異常オッズは馬券作戦として有効なのか


異常オッズを時々目にすることもあると思います。
オッズを使って予想している方もいるようですね。
オッズ分析のソフトもあるようですし。

今日はそのオッズの分析、中でも異常オッズと呼ばれているものについて私なりの分析結果をお示ししたいと思います。
基本オカルト以外の有効な要素は予想に取り入れたいと思っている人間なので。


尚、一部オッズ分析による予想を否定している記述があります。
特にオッズ異常はインサイダーによるものだと思っている方は読まれない事をお勧めします。

まず、これから述べる異常オッズについて定義をしておきます。
単勝と複勝の人気順の違いによるオッズ異常をここでは取り扱います。
また、確定オッズを使用しています。
「TARGET frontier JV」では、時系列オッズも取り扱えるので、事前に入手しておけば10分前とかのオッズによる分析は可能だと思いますが
残念ながら殆どのレースの時系列オッズのデータを入手していないのでできません。

また、私はオッズ解析ソフトを持っていないので
それ以外の券種はデータ解析が煩雑になりすぎるので、よほど時間を持て余していないかぎり無理です。



まず、最初にお聞きします。
単勝と複勝オッズの人気順が違う事が時々見受けられると思うのですが
① 単勝人気>複勝人気 (例 単勝3番人気で複勝2番人気))
② 単勝人気<複勝人気
どっちがより馬券として有効だと思いますか。

これ、誰でも一度は考えた事のあるテーマですよね。
そして、どっちが有効かわからない人が多いのでは。

・・・。
・・・・・・。
・・・・・・・・・。

具体的に過去のレースを検証してみましょう。
「TARGET frontier JV」にはいろんな機能があるので、私も全てを把握できていないのですが
この単勝と複勝のオッズ人気順を絞り込める便利な機能があります。

一番上のメニューバー「マーク」>「単複の人気を比較してマーク」というのがそれです。

この機能を使って、次の条件で調べてみます。
○2012年以降、2016年1月24日開催分まで
○4歳以上500万・1000万クラス 1月2月開催分
○ダート全距離、馬場は問わない

上記のデータでまず
① 単勝人気>複勝人気 (例 単勝3番人気で複勝2番人気))
の結果を見てみます。
◆馬場状態別集計
集計期間:2012. 1. 5 ~ 2016. 1.24
--------------------------------------------------------------------------------
馬場状態 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------------------------
ダート 89- 105- 125- 132- 145-1146/1742 5.1% 11.1% 18.3% 74 73
--------------------------------------------------------------------------------
全ての結果だと赤字ですね。
率もそんなに良くありません。

距離別に見てみます。
◆距離別集計
集計期間:2012. 1. 5 ~ 2016. 1.24
-----------------------------------------------------------------------------
距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-----------------------------------------------------------------------------
1000m 10- 9- 4- 4- 9- 57/ 93 10.8% 20.4% 24.7% 197 87
1150m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1200m 23- 24- 33- 30- 42-275/427 5.4% 11.0% 18.7% 53 71
1300m 0- 0- 2- 1- 0- 24/ 27 0.0% 0.0% 7.4% 0 38
1400m 11- 16- 23- 26- 23-195/294 3.7% 9.2% 17.0% 57 71
1500m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1600m 3- 3- 9- 0- 5- 45/ 65 4.6% 9.2% 23.1% 124 86
1700m 9- 14- 15- 18- 19-139/214 4.2% 10.7% 17.8% 84 94
1800m 24- 24- 33- 33- 31-268/413 5.8% 11.6% 19.6% 86 77
1900m 2- 8- 4- 8- 7- 57/ 86 2.3% 11.6% 16.3% 17 59
2000m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
2100m 2- 3- 1- 4- 3- 32/ 45 4.4% 11.1% 13.3% 45 29
2200m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
2300m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
2400m 5- 4- 1- 8- 6- 54/ 78 6.4% 11.5% 12.8% 82 37
-----------------------------------------------------------------------------
1000mや1600mなど、単回値が100円を超えている箇所もありますが、1600mだと4年間で3勝なので
一回買い逃すと大きく赤字になる可能性がありますよね。
ちょっと買いにくいです。


次に「② 単勝人気<複勝人気」のパターンを見てみます。
◆馬場状態別集計
マークデータ
集計期間:2012. 1. 5 ~ 2016. 1.24
--------------------------------------------------------------------------------
馬場状態 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------------------------
ダート 119- 120- 122- 110- 100-1259/1830 6.5% 13.1% 19.7% 72 82
--------------------------------------------------------------------------------

◆距離別集計
マークデータ
集計期間:2012. 1. 5 ~ 2016. 1.24
-----------------------------------------------------------------------------
距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-----------------------------------------------------------------------------
1000m 8- 4- 10- 8- 6- 54/ 90 8.9% 13.3% 24.4% 81 89
1150m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1200m 28- 30- 23- 28- 19-344/472 5.9% 12.3% 17.2% 68 76
1300m 1- 1- 0- 2- 2- 20/ 26 3.8% 7.7% 7.7% 16 16
1400m 21- 19- 21- 18- 16-223/318 6.6% 12.6% 19.2% 78 79
1500m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1600m 6- 5- 1- 6- 7- 48/ 73 8.2% 15.1% 16.4% 81 70
1700m 17- 13- 13- 12- 9-141/205 8.3% 14.6% 21.0% 126 100
1800m 27- 35- 35- 26- 31-279/433 6.2% 14.3% 22.4% 63 89
1900m 3- 7- 8- 3- 6- 65/ 92 3.3% 10.9% 19.6% 18 66
2000m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
2100m 4- 1- 3- 3- 2- 33/ 46 8.7% 10.9% 17.4% 55 70
2200m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
2300m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
2400m 4- 5- 8- 4- 2- 52/ 75 5.3% 12.0% 22.7% 60 88
-----------------------------------------------------------------------------
こちも似たり寄ったりですが、わずかに成績が良いようにも思えます。

ここまでで言えることは、単純に単勝と複勝の異常オッズを買っても儲からないという事です。

まあ、ここまではある程度想像できたことですが
ここから先がToshin流の面白い分析結果をお見せします。

まず、結論から先に申し上げると、この単複の異常オッズ、特定の条件下では有効な予想手段になります。
現時点で私が発見しているのは「東京開催」。

先ほどと同じ条件で東京開催分を抽出します。
①の場合
◆馬場状態別集計
マークデータ
集計期間:2012. 1.28 ~ 2015. 2.22
-------------------------------------------------------------------------
馬場状態 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-------------------------------------------------------------------------
ダート 9- 8- 18- 13- 13-150/211 4.3% 8.1% 16.6% 74 53
-------------------------------------------------------------------------
②の場合
◆馬場状態別集計
マークデータ
集計期間:2012. 1.28 ~ 2015. 2.22
-------------------------------------------------------------------------
馬場状態 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-------------------------------------------------------------------------
ダート 18- 14- 10- 17- 18-161/238 7.6% 13.4% 17.6% 77 72
-------------------------------------------------------------------------

先ほどより、少しはっきりと②の方がよく見えませんかね。
つまり、単勝人気順が複勝の人気順より低い時に少しだけ信頼度があがります。
(例:単勝2番人気で複勝3番人気などのケース)
それでも赤字は変わりませんがw

では上記の②のデータを人気別に見てみます。
オッズ01

何と2番人気から6番人気までの単勝回収値が100円以上です。
2番人気に限定すれば、勝率37.5% 複勝率62.5% 単回値166円 複回値126円
と驚異的な数値です。

念のため全2番人気で同様に調べると
◆人気別集計
集計期間:2012. 1.28 ~ 2015. 2.22
-----------------------------------
勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-----------------------------------
20.3% 40.6% 50.0% 82 88
-----------------------------------
となります。

どうですか、面白くなってきませんか?w


しかしあくまでも2012年以降の2月の東京開催分を調べただけで、他の開催まで調べたわけではありません。
また過去の傾向であり、今後もこの傾向が続くことが保証されているわけではありません。

このデータを見て、「馬王」とかのソフトを使っている人が上記データに合わせてみんなカスタマイズすると
赤字になるかもですねw

ここで、比較に中山開催分をお見せします。
オッズ02

東京開催に比べると残念な結果ですね。
それでも2番人気の複回値は100円を超えてますが。

つまり、東京開催の方が中山開催より、単勝が買いこまれていた時の信頼度が高いという事になります。

そして、ここまでの結果で、私自身は単複の異常オッズはインサイダーなどではないと強く思っています。

何故だかわかりますか。

まず、②の方が好走率も回収値もわずかながら高いという点。
これは大金を賭けて馬券を買うとわかりますが、まず外れない事を考えます。
私もそうですが、保険に複勝やワイドなどを金額を厚くします。
当たり前の人間の心理ですよね。
もし、インサイダーで有力な馬に(オッズに異常が出るくらい)大金をつぎ込むなら、まず複勝やワイドにその影響が出てくるはずです。しかし、先ほどの結果はそれを否定してます。
また、東京では有効なのに中山ではあまり有効でないのは何故かを考えると
それは東京コースの方が能力通りに決まりやすいからだと思います。
私も常日頃ラップの能力通りに決まりやすいのは東京コースという事を何度か申し上げてますし、
Twitterでお見かけするパドック派の凄く馬券が上手い某氏も東京コースが馬体から推測する能力通りに決まりやすいと日頃から仰ってます。
もし、インサイダーとするなら東京で頻繁に成功して中山では成功していないという事になります。
インサイダーなのにこんな事ってあり得ますかね?

つまり、私は単複の異常オッズは「馬券の巧い人たちの予想がかち合った時に生まれる」という認識でいます。
個人的に「しめしめ、これは能力高いのに人気があまりなくて美味しいぞ。」と思った馬のオッズが、締め切り間際に一気に落ちるのを何度も経験しています。
それは、きちっと能力を見極めた人が買いこんだからだという認識です。


「いやいや、インサイダー馬券と言うのは前日に買いこまれて~」という人がいるかもしれませんが
それは「TARGET frontier JV」を使っていない人ではないかと思います。
「TARGET frontier JV」を使えば、時系列オッズが手に入ります。
何時にどの馬に何票買いが入ったか全てわかります。


例えば先週のAJCCの単勝オッズを例に申し上げると
1番人気のサトノラーゼンが夜中の0時までに売れた単勝馬券は6438票です。
最も売れた1番人気で64万円分という事になります。
最終的には3700万円分売れてます。
これでオッズに異常を与える投票と言えるのかどうか。
ちなみに最後の約10分で1100万円以上売れてます。

東海Sのロワジャルダンなら前日までに210万円
最終的には2700万円です。
最後のおそよ10分で700万円売れています。


メインレースでこの状態ですから、その他のレースで前日に売れる馬券の売上高は知れたものです。
一度に大量の買いこみが入ればすぐにわかってしまう時代ですからね。


私はインサイダーによる馬券購入が0とは言いませんが、それはオッズに影響を与えるほどではないと考えています。
そんなものより、人気の競馬予想家の◎や競馬予想の巧い人(=高額馬券購入者)たちの影響の方がよほど大きいと思っています。
世の中には恐らく誰にも知られていない馬券で大儲けしている人が沢山いるんだと思っています。
30億円男さんはその一人と考える方が自然じゃないでしょうか。

結論としては、異常オッズによる予想法は
「東京(能力差が出やすい)コースで、単勝人気順<複勝人気順の場合に単勝2番人気の馬を買うと有効かもしれない。」

それ以外にも有効なパターンがあるかもしれませんが、見つけたら私にこっそり教えてくださいw

ちなみに東京ではありませんが、日曜日の中山9R初茜賞の2着ピグマリオンなんかは単勝2番人気(複勝3番人気)ですね。

尚、くれぐれも申し上げておきますが
上記のデータは全て確定オッズによるデータです。
最後の10分間で大幅にオッズが変わる事もあるので、ご注意ください。
スポンサーサイト

テーマ : 競馬【各種分析】
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です

いやぁ・・・雪に翻弄されている私です。
オッズって、ず~っと眺める必要があるので、単なる労働者や単なる大黒柱では、使えないですね。そこまでして競馬に取り組もうとは思いません。
あ・・・師匠の分析にケチをつけてる訳じゃないですよ。

Re: お疲れ様です

若輩者さん


確かにオッズは使いにくい方の予想ツールかもしれないですよね。
補助的に考えるなら良いかもですが・

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: