第57回アメリカジョッキーCC(ペース分析)

先週はペースを読み間違えましたが保険の馬券が的中しました。
やはりペース読みは重要です。


先日の記事でAJCCがハイペースになりやすいレースと言う事を中山金杯と比較して説明しました。
どうしてハイペースになるのか、今年はどうなるのかを考えて見たいと思います。

まず、AJCCがどのくらいハイペースなのか
古馬G1・G2の芝2000m・2200mのレースの中でどんな位置づけなのかを調べてみました。
対象は以下のレースになります。
宝塚記念G1
金鯱賞G2
札幌記念G2
アメリカG2
天皇賞秋G1
オールカG2
産経大阪G2
京都記念G2
エリザベG1

さて、上記のレースの良・稍重時のPCI3の平均を調べて、PCI3数値の低い順に並べたものが次の通りになります。
AJ01.jpg

偏差値も算出してみましたが、AJCCは偏差値が50を超えています。
G1・G2の中距離レースの中でも上がりのかかるレースと言う事になります。

ここで気になるのは、同じG2で同じコースのオールカマーより上がりのかかるレースと言う点です。
当然、野芝時期のオールカマーより上がりのタイム自体は遅いのですが、レース全体の比率としても遅いという事になります。

これが何故かと原因を調べるために、2つのレースで逃げていた馬の前走を見てみます。

<オールカマー>
◆前走レース名別集計
脚質上り:平地・逃げ
集計期間:2001. 9.23 ~ 2015. 9.27
ソート:着別度数順
-----------------------------------
前走レース名 着別度数
-----------------------------------
新潟記念HG3 1- 1- 0- 0- 0- 1/ 3
札幌記念G2 1- 0- 0- 0- 0- 1/ 2
キーンラG3 0- 1- 0- 0- 0- 0/ 1
朝日チャG3 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1
新潟ジャHJG3 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1
七夕賞HG3 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1
エルムSG3 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1
エプソムG3 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1
エイプリ 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1
-----------------------------------
◆前走場所別集計
脚質上り:平地・逃げ
集計期間:2001. 9.23 ~ 2015. 9.27
-------------------------------
前走場所 着別度数
-------------------------------
札幌 1- 1- 0- 0- 0- 1/ 3
函館 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1
福島 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
新潟 1- 1- 0- 0- 0- 2/ 4
東京 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1
中山 0- 0- 0- 0- 0- 2/ 2
中京 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
京都 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
阪神 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1
小倉 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
地方 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
海外 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
-------------------------------
基本的にはG3で一番多いjのは新潟コースです。

<AJCC>
◆前走レース名別集計
脚質上り:平地・逃げ
集計期間:2001. 1.21 ~ 2015. 1.25
ソート:着別度数順
-----------------------------------
前走レース名 着別度数
-----------------------------------
京都金杯HG3 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1
ステイヤG2 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1
JCG1 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1
中日新聞HG3 0- 1- 0- 1- 0- 0/ 2
有馬記念G1 0- 1- 0- 0- 0- 0/ 1
中山金杯HG3 0- 0- 0- 0- 1- 1/ 2
宝塚記念G1 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1
東京優駿G1 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1
中日新聞G3 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1
ディセン 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1
アンドロH 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1
-----------------------------------
◆前走場所別集計
脚質上り:平地・逃げ
集計期間:2001. 1.21 ~ 2015. 1.25
-------------------------------
前走場所 着別度数
-------------------------------
札幌 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
函館 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
福島 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
新潟 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
東京 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1
中山 2- 1- 0- 0- 1- 2/ 6
中京 0- 0- 0- 1- 0- 1/ 2
京都 1- 0- 0- 0- 0- 1/ 2
阪神 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1
小倉 0- 1- 0- 0- 0- 0/ 1
地方 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
海外 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
-------------------------------
前走G1が4レース、G2が1レースです。
中山開催が多くなります。

上記のデータから、恐らくAJCCのペースが速くなるのは
前走G1やG2からの参戦が多いという時期的な問題が大きいと思います。
※何度も申し上げてますが、格が上がるほど基本的には中盤の締まった上がりのかかるレースになる。
また、前走直線が長く瞬発力戦になりやすい新潟開催ではなく
同じ中山開催からの参戦が多くなることも理由の一つだと思います。

但し、レースの施行時期的にハイペースになりやすいと言っても、昨年の様にスローになる場合も考えられます。
そこで、ペースのバラツキ具合をまた調べてみました。
調べたのは次の2つです。
○2001年以降の良・稍重時におけるPCI3の標準偏差
○標準偏差の範囲内に含まれるデータの件数率
AJ02.jpg

標準偏差でデータの分布度合いがわかります。
AJCCはかなり標準偏差が大きい方になりました。
また、包括率を見ると、標準偏差内のデータが84.6%と高い事がわかります。
同じコースのオールカマーも高いので、恐らく中山芝2200mは構造的に一貫したペースになりやす事が推測されます。
但し、時々超スローが発生する感じです。

では、今年はどうなるか考えると
基本的にはハイペースになる確率の高いコースと言えます。
昨年が例外的な年でした。

では、例外的な年(15年、11年、04年)の、前走先行していた馬を調べてみると
<15年> ※( )内数値はPCI3
------------------------------------------------
日付 開催 R レース名 馬名S
------------------------------------------------
141206 4中1 11R ステイヤG2 マイネルメダリスト (58.07)
141116 4福4 11R 福島記念HG3 ミトラ  (53.97)
------------------------------------------------
たった2頭しかいなく、しかも1頭は PCI3が58台のスローペースのレースでした。
流石にこれではペースが速くなる要素が低い気がします。



<11年>
------------------------------------------------
日付 開催 R レース名 馬名S
------------------------------------------------
110105 1中1 11R 中山金杯HG3 コスモファントム (57.50)
110105 1中1 11R 中山金杯HG3 ダイワジャンヌ (57.50)
101226 5中8 10R 有馬記念G1 トーセンジョーダン (59.07)
101226 5中8 10R 有馬記念G1 ネヴァブション (59.07)
101225 5阪7 10R 元町SH1600 マルカボルト (56.90)
101211 3小3 11R 中日新聞HG3 ミヤビランベリ (57.10)
------------------------------------------------
この年も最も速い年で56.90です。
AJCCのPCI3が13年中10年は55以下であることを考えると速いレースを経験した先行馬がいないという事になります。

<04年>
------------------------------------------------
日付 開催 R レース名 馬名S
------------------------------------------------
031221 6中6 10R 冬至SH1600 ウインジェネラーレ (57.83)
031220 6中5 11R ディセン チョウカイリョウガ (52.50)
010527 3東4 9R 東京優駿G1 ルゼル (53.07)
------------------------------------------------
55以下は2頭いますが、ルゼルはダービー以来の半年以上の休み明けですから
あまり信頼性はありません。
そう考えると実質1頭だけです。


では、ペースの速かった年を見てみます。
<2014年>
------------------------------------------------
日付 開催 R レース名 馬名S
------------------------------------------------
140105 1中1 11R 中山金杯HG3 コスモファントム (55.30)
131222 5中8 10R 有馬記念G1 ダノンバラード (49.13)
131208 5中4 10R 美浦S1600 レッドレイヴン (55.23)
131110 5京4 10R アンドロH サトノシュレン  (53.03)
------------------------------------------------
明らかにスローだった年寄りPCI3が低いです。

<2013年>
------------------------------------------------
日付 開催 R レース名 馬名S
------------------------------------------------
130106 1京2 10R 万葉SH マカニビスティー (59.43)
130105 1中1 11R 中山金杯HG3 シンゲン (55.30)
121224 5中9 10R クリスマ1600 サトノアポロ  (48.57)
121223 5中8 10R 有馬記念G1 ルルーシュ  (55.13)
121215 3名5 11R 愛知杯HG3 サンテミリオン (60.77)
121215 5中5 11R ディセン マルカボルト (51.40)
121201 3名1 11R 金鯱賞G2 ダノンバラード (55.80)
120624 3阪8 11R 宝塚記念G1 ネコパンチ (52.93)
------------------------------------------------
PCI3が55以下が3頭
56以下なら6頭います。

こちらも明らかにスローの年とは違いますよね。


ならば今年は
------------------------------------------------
日付 開催 R レース名 馬名S
------------------------------------------------
160109 1中2 10R 迎春S1600 ヤマニンボワラクテ (60.13)
160105 1中1 11R 中山金杯HG3 マイネルフロスト (63.03)
160105 1中1 11R 中山金杯HG3 ステラウインド (63.03)
151220 5中6 11R ディセン スーパームーン (55.77)
151220 5中6 11R ディセン クランモンタナ (55.77)
151205 4名1 11R 金鯱賞G2 ディサイファ (54.03)
151205 5中1 11R ステイヤG2 スズカデヴィアス (57.97)
------------------------------------------------
PCI3が55以下が1頭
56以下が3頭です。

AJCCとしては微妙にスローよりになるイメージでしょうか。
過去のスローの3年程は遅くならないかもしれませんが。






スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

いつも、参考にさせていただいております!
雪の影響で今回はペース含め、なかなか難しいと感じております。

あと、しょーもない事なんですが、カテゴリが古馬G3になってらっしゃいますよー

Re: タイトルなし

ヒルフリさん


ご指摘ありがとうございました。
修正しましたw

そうですね。
馬場次第では全くこれまでの記事は参考にならなくなる可能性があります。
まあ、来年以降にも参考になるように基本パターンの分析という事で。
プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: