【コラム】第63回日経新春杯の回顧と天皇賞春の展望


ひとつの事に気が付くと、それまで見えなかった事が見えてくることがあります。



日経新春杯はレーヴミストラルが素晴らしい末脚で快勝しました。
こなってくると、昨年のア共和国杯はレベルが高かったんでしょうね。
2500mというマイナーな距離で重馬場になると、参考なる前例が少なく
さっぱり私にはレベルを推測する事ができません。


さて、レーヴミストラルの素晴らしい末脚を見て、これは天皇賞春も大いに期待できると思った方も多いと思います。
今日はその辺りを少し検証してみました。


少し前の記事で、ダートの長距離で好走した上がりの速い馬は距離短縮で好走しやすいのではという仮説をご紹介しました。
上りの速い馬は速筋の比率が高く、長距離は向いていない可能性があり
そこで好走したという事は、距離が短くなった時に有利になるのではないかという推測でした。

では、芝の場合はどうなるのか
今回日経新春杯でダントツの速い上がりを使ったレーヴミストラルは天皇賞春ではパフォーマンスを上げるのでしょうか。

そこで次の事項を調べてみました。
日経新春杯で上がり1位で3着以内の馬が、天皇賞春でどういう成績だったのか。
その結果はこちら
◆レース名別集計
本レースより後の2走
集計期間:2001. 6.24 ~ 2015. 5. 3
ソート:着別度数順
------------------------------------------------------------------------
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------------
天皇賞春G1 0- 0- 1- 0- 0- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0% 0 100
------------------------------------------------------------------------
人気の内訳はこんな感じです。
◆人気別集計
本レースより後の3走/レース名:天皇賞春G1
集計期間:2004. 5. 2 ~ 2015. 5. 3
----------------------------------------------------
人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------
1番人気 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
2番人気 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
3番人気 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
4番人気 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
5番人気 0- 0- 1- 0- 0- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
6番人気 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
7番人気 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
8番人気 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
----------------------------------------------------

正直、あまりよくありません。


ならば、逆引きも調べてみました。
天皇賞春3着以内馬が、過去3走でどんなレースでどんな脚質と上がりを出していたか。
◆レース名別集計
本レースより前の3走
集計期間:2000.11.26 ~ 2015. 3.22
ソート:着別度数順
----------------------------------------------------------
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------------
阪神大賞G2 7- 2- 1- 1- 0- 3/14 50.0% 64.3% 71.4%
日経賞G2 6- 5- 0- 0- 1- 3/15 40.0% 73.3% 73.3%
京都記念G2 3- 1- 2- 0- 0- 2/ 8 37.5% 50.0% 75.0%
産経大阪G2 3- 0- 3- 1- 0- 2/ 9 33.3% 33.3% 66.7%
菊花賞G1 3- 0- 0- 2- 0- 1/ 6 50.0% 50.0% 50.0%
アルゼンHG2 3- 0- 0- 0- 1- 0/ 4 75.0% 75.0% 75.0%
有馬記念G1 2- 3- 3- 0- 3- 6/17 11.8% 29.4% 47.1%
JCG1 2- 2- 1- 1- 2- 4/12 16.7% 33.3% 41.7%
ダイヤモHG3 2- 1- 1- 0- 0- 2/ 6 33.3% 50.0% 66.7%
日経新春HG2 1- 1- 0- 3- 0- 0/ 5 20.0% 40.0% 40.0%
----------------------------------------------------------

まず阪神大章典を見ます。
◆脚質上り別集計
本レースより前の3走/レース名:阪神大賞G2
集計期間:2001. 3.18 ~ 2015. 3.22
------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------------
平地・逃げ 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
平地・先行 6- 2- 0- 0- 0- 1/ 9 66.7% 88.9% 88.9%
平地・中団 1- 0- 1- 1- 0- 1/ 4 25.0% 25.0% 50.0%
平地・後方 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
3F 1位 6- 0- 1- 0- 0- 0/ 7 85.7% 85.7% 100.0%
3F 2位 0- 2- 0- 0- 0- 0/ 2 0.0% 100.0% 100.0%
3F 3位 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%

3F ~5位 0- 0- 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
3F 6位~ 0- 0- 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
------------------------------------------------------

上りの速い馬が、天皇賞春で3着以内に入っていることがわかります。
しかし、ポイントは先行脚質の馬がほぼ全部だという事です。
これは、溜めて切れる馬ではなく、前で押し切れる馬が天皇賞秋を好走しやすい事がわかります。

次に日経新春杯も見てみます。
◆脚質上り別集計
本レースより前の3走/レース名:日経新春HG2
集計期間:2004. 1.18 ~ 2012. 1.15
------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------------
平地・逃げ 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
平地・先行 1- 0- 0- 3- 0- 0/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
平地・中団 0- 1- 0- 0- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
平地・後方 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
平地・マクリ 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
3F 1位 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
3F 2位 0- 1- 0- 0- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
3F 3位 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
3F ~5位 0- 0- 0- 2- 0- 0/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
3F 6位~ 0- 0- 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
------------------------------------------------------
これも、同様の傾向が伺えるのがわかります。

京都記念の場合
◆脚質上り別集計
本レースより前の3走/レース名:京都記念G2
集計期間:2001. 2.17 ~ 2013. 2.10
------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------------
平地・逃げ 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
平地・先行 2- 0- 1- 0- 0- 0/ 3 66.7% 66.7% 100.0%
平地・中団 1- 1- 1- 0- 0- 0/ 3 33.3% 66.7% 100.0%
平地・後方 0- 0- 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
3F 1位 1- 1- 0- 0- 0- 0/ 2 50.0% 100.0% 100.0%
3F 2位 0- 0- 1- 0- 0- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
3F 3位 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
3F ~5位 1- 0- 1- 0- 0- 1/ 3 33.3% 33.3% 66.7%
3F 6位~ 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
------------------------------------------------------
これも同様です。


個人的には、日経新春杯を最後方から一気に差し切ったレーヴミストラルは天皇賞春は向いていない気がします。


最後に、日経賞を見てみます。
◆脚質上り別集計
本レースより前の3走/レース名:日経賞G2
集計期間:2001. 3.24 ~ 2014. 3.29
------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------------
平地・逃げ 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
平地・先行 2- 0- 0- 0- 1- 1/ 4 50.0% 50.0% 50.0%
平地・中団 3- 3- 0- 0- 0- 2/ 8 37.5% 75.0% 75.0%
平地・後方 0- 2- 0- 0- 0- 0/ 2 0.0% 100.0% 100.0%
平地・マクリ 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
3F 1位 4- 2- 0- 0- 0- 0/ 6 66.7% 100.0% 100.0%
3F 2位 1- 3- 0- 0- 0- 0/ 4 25.0% 100.0% 100.0%
3F 3位 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
3F ~5位 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
3F 6位~ 0- 0- 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
------------------------------------------------------

実はこのレースだけ少し様相が異なります。
少し後ろ目でも好成績です。

これは小回りの中山コースという事がポイントではないかと思います。
つまり、中山コースは本来持続力を問われるコースで
このコースで速い上がりを出したとしても、それは速筋が多い事を示すわけではないのかなと。
他のコースと比較して上がり35秒台で1位などがあるコースですから。

ゴールドアクターは日経賞をステップにするようですが
ここで上がり3位以内の末脚を使うようだと天皇賞春でかなり有力になりそうです。

スポンサーサイト

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

アクター、クリアするはずですが、一番人気は困りますね(爆)
この産駒は、初G①要注意ですね!

Re: タイトルなし

虎絆さん


ア共和国杯組が好走しているので、人気は避けられないかもですね。
ロベルト系でまさかスクリーンヒーローがこんなに活躍するとは思いませんでした。

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: