第56回京成杯(ペース読みと傾向)

京成杯は年によってペースが大きく異なり、また傾向も異なるので
その辺りを分析してみます。


京成杯の良馬場の平均前5Fは60.93で、最速は58.0からもっとも遅い時は63.2まであります。
非常に幅が広いとの、この平均タイムは弥生賞(61.33)より速いです。

通常は格があがるほどペースも厳しくなるのですが、京成杯は逆です。
どうしてこのような事が起こるのか考え見たんですが、恐らくこのレースは
直前に2歳の最高峰である、G1と格はG3ですが実質G1に近いラジオNIKKEI賞があり
そこで敗戦した馬が流れてくるとペースが速くなる傾向にあるようです。

そこで、各開催年毎に前5Fの数値と、前走OPクラスのレースに出走し
4角4番手以内を走った馬と4角5-8番手以内を走った馬の数をまとめたものが次の表です。
京成杯01

4角4番手以内の馬が少なかった年は黄色く着色してますが
明らかに黄色く着色している年はスローペースの年が多いです。
前走の格上の厳しいレースを経験してきた馬が、数多く出走すると
京成杯のペースも厳しくなる傾向があるようです。


そして今年は6頭も出走してくるので、ペースが速くなる可能性が高いと考えています。

仮に平均ペースの61.2以下をハイペース、61.3以上をスローと仮定して傾向を見るならば
※良・稍重限定

【前走クラス】
<スローペース>
◆前走クラス別集計
集計期間:2001. 1.14 ~ 2015. 1.18
------------------------------------------------------
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------------
新馬 1- 0- 0- 0- 1- 6/ 8 12.5% 12.5% 12.5%
未勝利 0- 1- 1- 3- 1-14/20 0.0% 5.0% 10.0%
500万下 3- 1- 3- 2- 2- 8/19 15.8% 21.1% 36.8%
1000万下 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1600万下 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
OPEN特別 1- 0- 0- 0- 2- 8/11 9.1% 9.1% 9.1%
G3 0- 3- 1- 0- 0- 6/10 0.0% 30.0% 40.0%
G2 0- 1- 0- 1- 0- 4/ 6 0.0% 16.7% 16.7%
G1 1- 0- 0- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0%
------------------------------------------------------

<ハイペース>
◆前走クラス別集計
集計期間:2003. 1.19 ~ 2014. 1.19
------------------------------------------------------
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------------
新馬 0- 0- 1- 1- 0-10/12 0.0% 0.0% 8.3%
未勝利 2- 1- 1- 0- 0-10/14 14.3% 21.4% 28.6%
500万下 1- 1- 2- 2- 1-16/23 4.3% 8.7% 17.4%
1000万下 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1600万下 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
OPEN特別 2- 1- 2- 3- 4-15/27 7.4% 11.1% 18.5%
G3 0- 2- 1- 0- 1- 9/13 0.0% 15.4% 23.1%
G2 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
G1 2- 2- 0- 1- 1- 4/10 20.0% 40.0% 40.0%
------------------------------------------------------

まず、前走クラスでは
<スロー>
新馬・未勝利・500万の連対数 6頭
OPクラス以上の連対数 6頭
<ハイペース>
新馬・未勝利・500万の連対数 5頭
OPクラス以上の連対数 9頭
この様に、ハイペースなほど前走OPクラス以上からの連対数が多くなる。
まあ厳しいレース経験をした馬が有利という事で当たり前だが

【前走距離】
<スローペース>
◆前走距離別集計
集計期間:2001. 1.14 ~ 2015. 1.18
前走限定:芝のみ
--------------------------------------------------------
前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------------
1400m 0- 0- 1- 0- 0- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
1500m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1600m 1- 1- 0- 1- 1- 6/10 10.0% 20.0% 20.0%
1700m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1800m 0- 1- 1- 0- 1-12/15 0.0% 6.7% 13.3%
1900m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
2000m 5- 4- 2- 4- 3-22/40 12.5% 22.5% 27.5%
--------------------------------------------------------


<ハイペース>
◆前走距離別集計
集計期間:2003. 1.19 ~ 2014. 1.19
前走限定:芝のみ
--------------------------------------------------------
前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------------
1200m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1300m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1400m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1500m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1600m 2- 2- 0- 3- 1-13/21 9.5% 19.0% 19.0%
1700m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1800m 1- 1- 1- 2- 0- 6/11 9.1% 18.2% 27.3%
1900m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
2000m 4- 4- 6- 2- 6-33/55 7.3% 14.5% 25.5%
--------------------------------------------------------

前走距離は
<スロー>
1600m連対数 2
1800m連対数 1
2000m連対数 9
<ハイ>
1600m連対数 4
1800m連対数 2
2000m連対数 8

これも今まで何度も申し上げているが、ペースが上がるほど距離延長馬の成績が向上する。
マイラーだから長い距離に出走するときはスローが望ましいというような意見を言う人が時々いるが
明らかに間違いです。

マイラーだからこそ、マイル似たペースになるハイペースの方が好走率が上がる事は
過去の傾向分析で何度も紹介した真理ですね。


なので、今回もハイペースと想定するなら
前走OPクラス以上の馬を優先し
距離1600mや1800mの馬にも注意を払いたいですね。


万が一のスローの時はハービンジャー産駒のプロフェットを押さえればいいと考えてます。

スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

僕もずっと同じことを言っているのですが周りに相手されず、何気なくググったところこのブログを発見しました。
ハイペースだとスタミナガーステイヤーの血がーなどと言っている人は多いですが、例えば人間のマラソンでも今やスプリント的なトレーニングを組み合わせないと追走に苦しむようになっているわけですよね。

Re: No title

鯛めしうまいさん


初めまして。
コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、ハイペースは距離延長馬が好走しやすくなります。
これは過去のレースを丁寧にひも解いて考えると必ずこの考えに行き着くと思います。

No title

お返事ありがとうございます。

Toshinさんも言及されていますが、皐月賞も
若干アンライバルドとトライアンフマーチで決まった年に
似ている面があるので、力関係はまだ入れ替わるかもと
考えています。

マイラーだからスローが良いとか、スローで走るからマイラーと言っている人たちの見る目の無さに感心しております。
プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: