騎手のランキング


私は予想に誰が騎乗しているかという要素をあまり考慮しません。
それは、本当に上手い騎手がだれなのかというのが
よくわからないという事に起因しています。

騎手のリーディングは正直あてにならないと思っています。何故なら馬質が最もランキングに影響を与えるので。

有名な話でMデムーロ騎手が
2012年   97戦 16勝(伊リーディング 54位)
2013年  191戦 16勝(仏リーディング 80位)
というのがあります。
そんなに日本とイタリアやフランスで騎乗技術に差があるのでしょうか。
私はそうは思いません。
まず最低限の馬質を確保しないと、お話にならないという良い例だと思います。

また、騎手の技術力が数値化しにくいことも挙げられます。
リーディング上位騎手は馬の能力以上に人気を集めがちになります。

また皆さんも○○騎手は上手いとか、○○騎手は下手というイメージを持っていると思います。
これも自分の馬券を的中させた騎手には良いイメージを持ち
期待に応えてくれなかった騎手には悪いイメージを持ちがちです。

競馬業界にはこのイメージで語る人が多いのですが
このイメージが全く曲者で
個人的には
「ハイペースはスタミナが必要」
「長距離ほど斤量の影響が大きい」
「根幹距離と非根幹距離がある」
など、一見なるほどと思えるのですが
実際データで調べると間違いという事がたくさんあります。


できるだけ客観的なデータで騎手の巧い下手を表す方法はないものかと模索してました。

その為には、できるだけ馬質を同じにして成績を比較する必要があります。

今回、割と馬質を公平にできるのではないかと思える条件を思いついたので
調べてみました。

その条件は
「1000万~OP特別」
「前走2-4着」
「今回同クラスに出走して、2-5番人気」
というものです。
未勝利・500万クラスは能力が安定しない
重賞は能力の抜けた馬がいそうなので排除
1着はクラスが上がってしましますし、1番人気は圧倒的に強い馬が含まれる可能性があるので排除しました。
今回ある程度人気を集める馬という事で、前走展開に恵まれたとかメンバーの質が低かった馬を排除しやすいと考えました。

これでも、下手と思われている騎手は馬の能力以上に人気になりにくいので、多少バイアスはかかっていると思いますが、少なくともリーディングよりは信頼できるのではないかと思いました。

調べた期間は2012年-2016年1月11日までです。

では、早速・・・
の前に、このランキングがどの程度信頼できるのか過去バージョンも調べてみました。
期間は2004年-2007年
安藤騎手移籍2年目以降で武豊騎手としのぎを削っていた時期です。

現在のランキングより、過去のランキングの方が冷静に見る事ができるのではないかと考えて調べてみました。
その結果がこちらです。

<2004年-2007年 芝勝率ランキング> ※騎乗機会40回以上
騎手01

以外に武豊騎手と安藤騎手のランキングが低いです。

安藤勝己騎手はこの時期、44-47歳なので正直全盛期のピークを過ぎていたと思います。
馬に騎乗するので他のスポーツ競技より選手生命は長いと思いますが
似たようなバイクに乗るオートレースの賞金王の年齢を調べてみたら、30台が殆どでした。

機会を操作するより馬に乗る方が加齢による衰えの影響を受けやすいと思うので
個人的には安藤騎手はやはりピークを過ぎていたと考えるのが妥当だと思います。

面白いのは上位2名が地方騎手だという点ですね。
小牧太騎手は2004年移籍、岩田康誠は2006年移籍です。
岩田康誠騎手は現在の活躍がこの時点で予期できたのかもしれません。

ダートはこちら (騎乗機会30回以上)
騎手02

岩田騎手がダントツです。



さて、2004-2007年のランキングはいかがだったでしょうか。
信頼できる、信頼できないどちらの感想もあると思いますが

2012年-2016年1月11日 のランキングはこちらです。
<2012年-2016年 芝・ダート勝率ランキング> ※騎乗機会40回以上
騎手03

真っ先に気が付くのは岩田康誠騎手の名前が無い事
実は岩田騎手の成績は
岩田康誠  15- 16- 13- 26- 17- 67/154 9.7%  20.1%  28.6%
あまりよくありません。
リーディングは
2012年 3位
2013年 6位
2014年 2位
2015年 6位
でした。2015年に6位に成績が落ち、今年も2勝と出遅れています。
岩田騎手は今年で42歳、ひょっとすると衰えが出てきているのかもしれません。

一方、注目したいのは池添謙一騎手とと川田将雅騎手ですね。

M.デム騎手も複勝率53%は素晴らしいです。

芝だけの場合
騎手04


ダートだけの場合
騎手05


正直、芝とダートに分ける意味があるのかどうかもわかりませんが。

いかがでしょうか、参考になりましたでしょうか。

少なくとも一定の条件でランキングを付けているので
個人の脳内イメージよりは参考になるのではないかと思っていますが。


今年以降、岩田騎手がこのまま不調なら、このランキングは割とあてになると考えることにします(笑)

スポンサーサイト

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

川田騎手、前日競馬新聞を買って、展開等予想しながら、勝つ為の予想をするらしいです。

Re: タイトルなし

虎絆さん

騎手の人で競馬新聞を買って展開予想する人多いみたいですうね。
騎手に人気のある競馬新聞がわかれば、その新聞の展開予想をベースに各騎手が戦略を組み立てているはずなので
興味があります。

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: