第54回スポーツニッポン賞京都金杯(マイルCS)


明けましておめでとうございます。
年末年始は実家に戻りじっくり休養いたしました。

本年も宜しくお願い申し上げます。


京都金杯と同じコースで行われるマイルCS
しかし、時期もそれほど離れていないのにあまり相性は良くありません。
◆前走レース名別集計
集計期間:2001. 1. 5 ~ 2015. 1. 4
ソート:着別度数順
--------------------------------------------------
前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------
鳴尾記念G3 2- 2- 0- 4/ 8 25.0% 50.0% 50.0%
鳴尾記念HG3 2- 1- 0- 5/ 8 25.0% 37.5% 37.5%
キャピタ 2- 0- 2-16/20 10.0% 10.0% 20.0%
マイルチG1 1- 4- 2-17/24 4.2% 20.8% 29.2%
チャレンHG3 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
ファイナH 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7%
中日新聞G3 1- 0- 0- 6/ 7 14.3% 14.3% 14.3%
京阪杯HG3 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
CBC賞G2 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
毎日王冠G2 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
--------------------------------------------------

このマイルCSの着順別成績を見ると
◆前入線順位別集計
前走レース名:マイルチG1
集計期間:2001. 1. 5 ~ 2015. 1. 4
------------------------------------------------
前入線順位 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------
前走1着 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
前走2着 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
前走3着 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
前走4着 0- 0- 0- 0/ 0
前走5着 0- 1- 1- 2/ 4 0.0% 25.0% 50.0%
前走6~9着 1- 1- 0- 5/ 7 14.3% 28.6% 28.6%
前走10着~ 0- 2- 0- 7/ 9 0.0% 22.2% 22.2%
------------------------------------------------
着順が良いから好成績というわけではありません。

これが一体何故なのか。
この原因を解明することが京都金杯を予想する上で大事な気がします。


まず、2つのレースをラップを比較します。
京都金杯01

レース時期が11月と1月なので単純に比較はできませんが
京都金杯の方がかなりペースがスローなのがわかります。

「スロー」この言葉を聞けば、関連ワードは「距離短縮」ですね。
もう一度、先ほどの前走レース別成績を見ると、芝1800mの鳴尾記念が好成績だったのが思い出されます。

前走距離別でみても
(※京都金杯前までの実績。以下同様)
◆前走距離別集計
集計期間:2001. 1. 5 ~ 2015. 1. 4
---------------------------------------------------------------------
前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------------------------
同距離 5- 8- 8- 79/100 5.0% 13.0% 21.0% 36 65
今回延長 1- 1- 3- 37/ 42 2.4% 4.8% 11.9% 29 41
今回短縮 8- 5- 3- 66/ 82 9.8% 15.9% 19.5% 96 65
---------------------------------------------------------------------
距離短縮の成績が良くて、距離延長の成績はあまりよくありません。
特に単勝は勝率も回収値も距離短縮組が最も優秀です。


この点に留意して、好走馬と人気を裏切った馬を見てみると
<2015年>
■1着 ウインフルブルーム
◆距離別集計
集計期間:2013. 8.18 ~ 2014.12.13
--------------------------------------------------
距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------
1600m 1- 1- 1- 0/ 3 33.3% 66.7% 100.0%
1700m 0- 0- 0- 0/ 0
1800m 2- 1- 0- 1/ 4 50.0% 75.0% 75.0%
1900m 0- 0- 0- 0/ 0
2000m 0- 1- 1- 0/ 2 0.0% 50.0% 100.0%
--------------------------------------------------
基本的に1800m以上を走っていた馬でした。

◆PCI3別集計
距離:1600m
集計期間:2013.11.30 ~ 2014. 1.12
----------------------------------------------
PCI3 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------
~52 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
~60 1- 1- 0- 0/ 2 50.0% 100.0% 100.0%
----------------------------------------------
距離1600mのPCI3でもスローを得意にしているのがわかります。

■2着 エキストラエンド
◆距離別集計
集計期間:2012. 1. 5 ~ 2014.11.23
--------------------------------------------------
距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------
1600m 1- 1- 1- 5/ 8 12.5% 25.0% 37.5%
1700m 0- 0- 0- 0/ 0
1800m 2- 0- 0- 1/ 3 66.7% 66.7% 66.7%
1900m 0- 0- 0- 0/ 0
2000m 2- 0- 0- 2/ 4 50.0% 50.0% 50.0%
2100m 0- 0- 0- 0/ 0
2200m 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
2300m 0- 0- 0- 0/ 0
2400m 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0%
--------------------------------------------------
基本的には1600m以上の経験しかない馬

◆PCI3別集計
距離:1600m
集計期間:2014. 1. 5 ~ 2014.11.23
------------------------------------------------------------
PCI3 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------
~52 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 76
~60 1- 0- 1- 3/ 5 20.0% 20.0% 40.0% 202 96
------------------------------------------------------------
PCI3も回収値を見ても、スロー向きな馬だと考えられます。


■8着 シェルビー(3番人気)
◆距離別集計
集計期間:2011.10.22 ~ 2014.11.30
--------------------------------------------------
距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------
1400m 1- 2- 0- 0/ 3 33.3% 100.0% 100.0%
1500m 0- 0- 0- 0/ 0
1600m 5- 3- 1- 2/11 45.5% 72.7% 81.8%
--------------------------------------------------
1400mと1600mの距離実績しかない馬でした。

よりわかりやすくするためPCI3を56で分けましたが
◆PCI3別集計
距離:1600m
集計期間:2012. 2.18 ~ 2014.11.30
------------------------------------------------------------
PCI3 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------
指 1~56 4- 2- 0- 1/ 7 57.1% 85.7% 85.7% 314 145
指56~99 1- 1- 1- 1/ 4 25.0% 50.0% 75.0% 157 115
------------------------------------------------------------
ハイペースとスローペースのどっちが得意か明らかですね。
回収値にもはっきり出ています。


<2013年>
■1着 ダノンシャーク
◆距離別集計
集計期間:2010.10. 2 ~ 2012.11.18
--------------------------------------------------
距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------
1400m 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
1500m 0- 0- 0- 0/ 0
1600m 1- 4- 1- 3/ 9 11.1% 55.6% 66.7%
1700m 0- 0- 0- 0/ 0
1800m 3- 2- 0- 1/ 6 50.0% 83.3% 83.3%
1900m 0- 0- 0- 0/ 0
2000m 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
--------------------------------------------------
◆PCI3別集計
距離:1600m
集計期間:2010.10.30 ~ 2012.11.18
------------------------------------------------------------
PCI3 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------
指 1~56 0- 3- 1- 2/ 6 0.0% 50.0% 66.7% 0 116
指56~99 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7% 63 73
------------------------------------------------------------

もちろん、京都金杯もハイペースの年とスローペースの年があるので
絶対とは言いませんが、概ねマイルCSと比較するとスロー傾向にあり
芝1800m以上の実績がある馬が勝ちやすいレースと考えられるのではないでしょうか。



スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします

いきなり有意義な記事をありがとうございます

Re: 明けましておめでとうございます

若輩者さん

本年も宜しくお願い申し上げます。

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: