第1回ターコイズS(レースの特徴)

今年から重賞に昇格したターコイズSを分析します。


まず、皆さんはターコイズSはどんなレースというイメージをお持ちでしょうか。
私は正直さっぱりイメージが湧かなかったので、改めて調べてみました。

以降の分析はOP特別時代のデータでの分析となりますので
予めご承知おきください。
重賞に昇格した事で変化が出る可能性があります。


まず、ラップはこちら
ターコ01

第一印象は、中山の芝1600mですが平均ラップは後2Fにしっかりと加速の入った瞬発力戦という感じです。

もっとはっきりさせるために、これに同月の1600万と翌月の混合OP特別ニューイヤーSの良馬場平均ラップを加えて比較します。
ターコ02

より一層瞬発力戦である事がはっきりとわかります。
ちなみに勝ちタイムの平均は
・ターコイズS 93.8秒
・1600万 93.6秒
・ニューイヤーS 93.4秒

つまり、同月の1600万より遅い事になります。

タイムが遅くなると、レースレベルが下がって波乱が起きやすくなります。
また、スローの瞬発力戦という事は
◆年齢別集計
集計期間:2006.12. 3 ~ 2014.12. 7
---------------------------------------------------------------------
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------------------------
3歳 1- 7- 4- 4- 2-23/41 2.4% 19.5% 29.3% 11 103
4歳 5- 1- 3- 0- 3-23/35 14.3% 17.1% 25.7% 142 87

5歳 3- 1- 2- 4- 4-27/41 7.3% 9.8% 14.6% 318 85
6歳 0- 0- 0- 1- 1- 5/ 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
7歳 0- 0- 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
8歳 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
---------------------------------------------------------------------
3-4歳馬が好走率が高いです。

◆脚質上り別集計
集計期間:2006.12. 3 ~ 2014.12. 7
---------------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------------------------------
平地・逃げ 2- 1- 0- 0- 0- 6/ 9 22.2% 33.3% 33.3% 422 125
平地・先行 6- 3- 5- 3- 1- 15/ 33 18.2% 27.3% 42.4% 435 177

平地・中団 1- 4- 3- 4- 6- 29/ 47 2.1% 10.6% 17.0% 7 43
平地・後方 0- 1- 1- 2- 3- 32/ 39 0.0% 2.6% 5.1% 0 45
---------------------------------------------------------------------------
逃げ・先行馬が好走率が高いです。

◆斤量別集計
集計期間:2006.12. 3 ~ 2014.12. 7
------------------------------------------------------------------------------
斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------------------
~49kg 0- 0- 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
49.5~51kg 2- 1- 2- 0- 4- 20/ 29 6.9% 10.3% 17.2% 482 138
51.5~53kg 2- 5- 4- 5- 4- 32/ 52 3.8% 13.5% 21.2% 20 58
53.5~55kg 4- 2- 3- 3- 0- 21/ 33 12.1% 18.2% 27.3% 76 101
55.5~57kg 1- 1- 0- 0- 2- 4/ 8 12.5% 25.0% 25.0% 122 53
------------------------------------------------------------------------------
ハンデ戦という事もあり、斤量の軽い馬が穴を開けています。

ちなみに7番人気以下に絞ると、次のようになります。
◆斤量別集計
人気:指7-28人
集計期間:2006.12. 3 ~ 2014.12. 7
-----------------------------------------------------------------------
斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-----------------------------------------------------------------------
~49kg 0- 0- 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
49.5~51kg 2- 0- 1- 0- 3-16/22 9.1% 9.1% 13.6% 635 164
51.5~53kg 0- 1- 0- 4- 2-26/33 0.0% 3.0% 3.0% 0 20
53.5~55kg 0- 1- 1- 2- 0- 8/12 0.0% 8.3% 16.7% 0 155
55.5~57kg 0- 0- 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
57.5~59kg 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
-----------------------------------------------------------------------

過去に散々述べて来たスローの瞬発力戦の傾向と一致してますね。


また、前走クラスにも特徴があって
◆前走クラス別集計
集計期間:2006.12. 3 ~ 2014.12. 7
---------------------------------------------------------------------------
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------------------------------
1000万下 0- 0- 1- 2- 2- 5/ 10 0.0% 0.0% 10.0% 0 20
1600万下 6- 3- 3- 2- 4- 37/ 55 10.9% 16.4% 21.8% 298 99
OPEN特別 0- 0- 1- 3- 2- 14/ 20 0.0% 0.0% 5.0% 0 18
G3 0- 0- 1- 0- 2- 9/ 12 0.0% 0.0% 8.3% 0 19
G2 0- 0- 1- 0- 0- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0% 0 105
G1 3- 6- 2- 2- 0- 10/ 23 13.0% 39.1% 47.8% 93 179
---------------------------------------------------------------------------
前走1600万とG1が飛びぬけて好成績です。
これは斤量の設定に問題があって、明らかに1600万組が有利になりやすい傾向があると考えられます。

上記でも述べましたが、1600万よりペースが遅いという事はレースレベルが低いという事です。
そこで、1600万で惨敗した馬が、軽い斤量を背負って出てくるので好走しやすいと考えれます。

また、前走1600万で穴を開けるのは
◆年齢別集計
前走クラス:1600万下
集計期間:2006.12. 3 ~ 2014.12. 7
---------------------------------------------------------------------
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------------------------
3歳 0- 2- 1- 1- 1- 8/13 0.0% 15.4% 23.1% 0 53
4歳 5- 1- 2- 0- 1-11/20 25.0% 30.0% 40.0% 249 135

5歳 1- 0- 0- 1- 1-15/18 5.6% 5.6% 5.6% 633 114
6歳 0- 0- 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
7歳 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
8歳 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
---------------------------------------------------------------------
ほぼ、3-4歳です。


何となく、このレースのイメージがつかめましたかね。


ちょっとイメージ確認で、昨年のレースを振り返ります。
1着 ミナレット
2着 マーブルカテドラル
3着 メイショウスザンナ
9-3-6人気決着の3連単23万の波乱でした。

この穴を開けたミナレットとメイショウスザンナは、3月に同じ中山芝1600m韓国馬事会杯(1600万)で
4着 ミナレット 55kg(0.3秒差)
5着 メイショウスザンナ 55kg(0.4秒差)
でした。

そしてターコイズSは、1600万より勝ちタイムが遅く前が残りやすいというイメージを持ち
ミナレット 55kg→50kg
メイショウスザンナ 55kg→53kg
の斤量変化があったとして、どうですかまったく買えない馬ではないですよね。

もちろん結果論から推察しているので、簡単に韓国馬事会杯にたどり着くのですが
先ほど、つかんだイメージが間違っていないのも事実です。


さあ、ここまでじっくり解説しましたので
今年の穴を開けそうな馬を募集します(笑)

こういうのは一人で探すより、複数で探した方がいい気がするのでwww
皆さんよろしくお願いいたします。


ポイントは先行脚質
1600万で好走した経歴があって、それより今回斤量が軽くなっている事
瞬発力戦の実績もあった方が良いかもですね。


スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

去年の1番人気は府中牝馬7着の馬でしたからねぇ・・w
今年はどうなるでしょうかね。
近走好走してない馬を舐めてかかって楽に先行させたら残っちゃうパターンで考えたいですね
ペイシャフェリスかな?

Re: No title

@主任さん


ペイシャフェリスは私も注目していたんですが、残念ながら除外になったようです。
後ほど、今年の出走馬のレベルについての記事を書きます。


プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: