黒松賞外したので、この時期の2歳芝1200mの考え方でも(笑)【まだ仮説】


私は因果関係も含めて合理的に考えるのが好きです。
だから根幹距離・非根幹距離理論も誰かがきちっと納得できる説明してくれたら予想ファクターに組み込ます。

ある方が非根幹距離はスタート地点が変な場所にあるコースが多いからだと意見をくれましたが
「多いってどれくらい?」
「じゃ、変な位置にスタートが無いコースは非根幹距離じゃないか?」
「東京2000mなんて変なスタート位置の代表コースだけど、根幹距離なの?」

余計に疑問が湧きました(笑)




さて、この時期の2歳芝1200mですがかなりの非主流距離と言っていいと思います。

夏競馬の時期は芝1200mの重賞もありまsが、この時期の目標は全て芝1600m以上になります。
芝1400mはG2があったり、阪神JFのステップとしてデータ的にも重要である事がわかります。
芝1200mを勝ち上がっても、その先はしばらく目標がありません。

つまり、この時期で芝1400m以上に使わないような馬は厩舎としてもあまり期待していない可能性が高くなります。
逆に言うと芝1400m以上の方が素質馬が集まりレベルが高くなりなりやすいとも言えます。

そこでこんなデータを紹介してみます。

2歳未勝利戦 中山芝1200m 12月
前走芝で0.6秒差以内だった馬の距離別成績

◆前走距離別集計
前走着差:指 負0.0~0.6
集計期間:2001.12. 8 ~ 2015.12. 6
前走限定:芝のみ
-----------------------------------------------------------------------------
前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-----------------------------------------------------------------------------
1000m 0- 0- 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
1150m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1200m 7- 9- 9- 7- 8- 46/ 86 8.1% 18.6% 29.1% 46 69
1300m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1400m 7- 3- 3- 3- 2- 19/ 37 18.9% 27.0% 35.1% 78 126
1500m 1- 0- 1- 0- 0- 0/ 2 50.0% 50.0% 100.0% 155 980
1600m 2- 2- 1- 1- 2- 4/ 12 16.7% 33.3% 41.7% 50 70
-----------------------------------------------------------------------------

同じ0.6秒差以内の負けでも
芝1200mなら勝率 8.1% 回収値46円
芝1400mなら勝率 18.9% 回収値 78円

複勝率なら
芝1200m 29.1% 回収値69円
芝1400m 35.1% 回収値126円

明らかに芝1400mの方が優秀ですよね。


今週は中山で2歳未勝利 芝1200mのレースはありませんが
先週日曜日の3R 1着と3着は5番人気と4番人気で前走芝1400mで0.9秒差負けの馬でした。


細かな馬の能力を分析しなくても、2歳戦がどういった仕組みになっていて、調教師たちがどう考えてレースを選ぶのかを考察するのも大事だと感じます。



ちなみに阪神芝1200mはサンプルが少ないのですが
◆前走距離別集計
前走着差:指 負0.0~0.6
集計期間:2006.12. 9 ~ 2014.12.20
前走限定:芝のみ
----------------------------------------------------------------------
前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
----------------------------------------------------------------------
1200m 2- 2- 3- 1- 1- 6/15 13.3% 26.7% 46.7% 110 68
1300m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1400m 1- 2- 0- 1- 0- 1/ 5 20.0% 60.0% 60.0% 62 94
1500m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1600m 0- 0- 1- 1- 1- 0/ 3 0.0% 0.0% 33.3% 0 46
----------------------------------------------------------------------
こうなります。

着差を0.9秒にしてサンプルを増やすと
◆前走距離別集計
前走着差:指 負0.0~0.9
集計期間:2006.12. 9 ~ 2014.12.20
前走限定:芝のみ
----------------------------------------------------------------------
前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
----------------------------------------------------------------------
1200m 2- 2- 5- 2- 2-12/25 8.0% 16.0% 36.0% 66 56
1300m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1400m 3- 2- 0- 1- 0- 5/11 27.3% 45.5% 45.5% 126 74
1500m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1600m 0- 0- 1- 1- 2- 2/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 23
----------------------------------------------------------------------
こうなります。


スポンサーサイト

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

叩くわけじゃないですが、
貴方のサンプルもどのぐらい?って言われるぐらいサンプル数分母少ないですよ?
見ていてどっちもどっち感がすごいです。

Re: タイトルなし

そう思うならそれでいいんじゃないでしょうか(笑)

そういわれても「私もだから?」としか言いようがありません。
12月のサンプル数はこれ以上増やすことが難しいですし。
私はこういう考え方もあるという事例を紹介しているだけで
強制はしてませんよ。

データが嘘とか、恣意的に曲解しているとか
ミスリードしているなら批判を甘んじて受けますけど


多分、サンプルが少なくてもわかる人にはわかると思います。
わからない人は「参考にならないや!」でいいんじゃないでしょうか。

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: