第16回チャンピオンズカップ(簡単回顧)

あっと驚くサンビスタの勝利に終わったチャンピオンズCを簡単に振り返ります。


レースラップは次の通り。
昨年のチャンピオンズCはスロー過ぎて比較にならないので
東海Sと比較してます。
チャンピオン13

まず、右肩上がりの消耗型ラップです。
勝ち時計がそんなに速いわけでもないので、馬場が重かったんでしょうかね。
馬場差は計算してません。

先行馬有利と言われた中京コースですが、差し追い込みの決着になりました。
やはりクラスが上がるとこういうペースも起きる想定をしておいて結果的には正解でした。



まず1番人気で敗れたコパノリッキーですが、敗因はハイペースだと思います。
昨年の記事でも書いているのですが、この馬はハイペース耐性が低いと思います。
第15回チャンピオンズカップ(コパノリッキー)

1600mのフェブラリーを勝っているじゃないかという意見もあるでしょうが
1年目のフェブラリーは超スローでしたし、2年目も決して速いタイムではなく道中に13秒台のあるレースラップでした。

休み明けとはいえ、日本TV盃で同じような位置にいたクリソライトに7馬身負けたのもハイペースに弱い事を示しています。

逆に言うと、暮れの東京大賞典は距離が伸びてペースが遅くなるので
また好走する可能性があると思います。

逆に来年のフェブラリーは2年連続勝っているからと人気になるかもですが
ハイペースになるようなら、また惨敗する可能性があると思います。

2番人気のホッコータルマエは、ハイペースでよく粘ったという評価もあるでしょうが
やはり4着に負けたという事実と、それほど極端なハイペースともラップからは感じないので
今までのタルマエなら3着以内に踏ん張れた気がするんですけどね。

衰えたのか、コースが合わないのかは不明ですが。


3番人気のノンコノユメですが、内枠をぴったり回ったロスの無い恵まれた2着という判断もあるでしょうが
中京コースはスパイラルカーブで、出口(4コーナー)側が急角度になっており、
これがラップの緩み(スピードの減速)を起こす原因にもなっています。
※LAP7が遅くなるのはこれが原因

スパイラルカーブの内をぴったり回るには、かなりの減速が必要で減速後に急坂がすぐに控えているのは
距離ロスが無いとはいえ、決して恵まれたとは思えません。
実際、外からの差し馬がこのレースでは伸びてきており
コースデータ的にも
ペースが上がると外枠有利の結果が出ています。
◆枠番別集計
PCI3:~52
集計期間:2012. 6.30 ~ 2015. 7.19
--------------------------------------------------------------
枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------
1枠 0- 0- 3- 4- 1-21/29 0.0% 0.0% 10.3% 0 44
2枠 2- 1- 3- 2- 5-18/31 6.5% 9.7% 19.4% 19 56
3枠 1- 2- 3- 1- 2-24/33 3.0% 9.1% 18.2% 23 41
4枠 6- 1- 1- 2- 2-21/33 18.2% 21.2% 24.2% 66 44
5枠 1- 2- 2- 1- 1-26/33 3.0% 9.1% 15.2% 48 41
6枠 4- 5- 0- 2- 1-21/33 12.1% 27.3% 27.3% 53 83
7枠 1- 3- 1- 3- 1-24/33 3.0% 12.1% 15.2% 4 45
8枠 2- 3- 4- 2- 4-19/34 5.9% 14.7% 26.5% 30 126
--------------------------------------------------------------

このコースに限ってはカーブを減速せずに回れるメリットが大きいコースだとも言えます。


3着のサウンドトゥルーは事前の考察で述べた通りです。
消耗型ラップが得意で、今回もそうなりました。
課題は距離延長やスローになった場合だと思います。


勝ったサンビスタは正直現時点では勝因がわかりません。
3歳牝馬に大差負けした馬が、混合G1を勝つというちょっと信じられない結果です。
時計のかかる重たい馬場が良かったのか?
あえて勝因を探るなら冬型の馬という点でしょうか。

10-12月は 4-2-0-1-0-0 の成績です。

それでも足りないと思ってましたけどねw

以上、簡単ですが回顧です。
スポンサーサイト

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

いつも、拝見させて頂いています。
予想過程から回顧まで凄く読み応えがあり、勉強になりました。

Re: タイトルなし

しまうまさん


コメントありがとうございます。
お褒めいただいてありがとうございます。
毎週、少しずつでも成長できたらなと思って頑張ってます。
プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: