第16回チャンピオンズカップ(ホッコータルマエ)

ノンコノユメ考察記事に加筆しておきました。



今回ホッコータルマエには2つの不安点があると思ってます。
両方とも重箱の隅で、杞憂に終わる可能性も高いのですが
人気馬なので気にはなります。

■不安点1
今年は明らかに勝ったレースでもつけた着差が少ない。

例1)
対 ハッピースプリント
14年 東京大賞典 1.4秒差
15年 川崎記念 1.3秒差
15年 帝王賞 0.7秒差
15年 JBC 0.2秒


例2)
対 クリソライト
14年 チャンピオンズC 1.9秒差
14年 東京大賞典 2.2秒差
15年 帝王賞 0.2秒差
15年 JBC 0.2秒

元々あまり派手に勝つタイプではないですが、この着差の縮まりは気になります。


■中京D1800mへの適性に疑問

ホッコータルマエの中央競馬での開催場所別成績を見ると
◆場所別集計
集計期間:2012. 8. 5 ~ 2014.12. 7
----------------------------------------------------
場所 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------
新潟 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
東京 0- 1- 0- 0- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
中山 0- 1- 0- 0- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
中京 1- 0- 1- 0- 0- 0/ 2 50.0% 50.0% 100.0%
京都 0- 0- 1- 0- 0- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
阪神 1- 0- 2- 0- 0- 0/ 3 33.3% 33.3% 100.0%
----------------------------------------------------
複勝率全て100%は素晴らしいのですが、3着を記録した競馬場が3箇所あります。
中京、京都、阪神です。
たまたまかもしれませんが、この3箇所には共通点があります。
JRAのHPからコースの断面図を借用すると

<中京競馬場>
中京01

<阪神競馬場>
阪神01

<京都競馬場>
京都01

答えは、ゴール前の3-4コーナーで下り坂がある事

しかし、昨年のチャンピオンズCを勝っているじゃないかという意見もあると思いますが
昨年は超スローでした。
ホッコータルマエは2番手の好位置を進み、ナムラビクター相手に0.1秒差の勝ち
少し物足りなくないですかね。
絶好の展開だったはずなんですけど。
2着のナムラビクターも先行して展開に恵まれての好走だったせいか、その後はぱっとしません。

3着のローマンレジェンドは昨年の記事にも書いたんですが、基本はハイペースの方が向いていると思ってます。
展開の向かない中での3着だったと思ってます。

ライバルと言えるコパノリッキーがスタートを失敗して、インカンテーションも原因不明の凡走をした昨年のレース
何もかも恵まれた割には勝ち方が正直・・・・。

まあ、杞憂に終わるかもしれませんがひょっとしたら、下り坂が続くようなコースは苦手とまでは言いませんが
決して得意ではない可能性がある気がしてます。


以上が現時点でホッコータルマエに不安を覚える点です。



逆にコパノリッキーは東海Sで-0.7秒差勝ちもありますから、このコース実は向いているという可能性もあります。
現時点ではコパノリッキーの方を上に評価しています。
スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: