FC2ブログ

第60回北海道新聞杯クイーンS~回顧~

未公開のデータを使って今年のクイーンSを振り返る。



■上り特性に応じたタイプ分け

各馬の上り順位別成績から馬のタイプを分ける。

<タイプA>
上り1位を記録した時の連対数が最も好成績の馬

例)アヴェンチュラ

◆脚質上り別集計
集計期間:2010. 6.20 ~ 2011. 7.30
------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------
3F 1位 2- 1- 0- 0- 0- 0/ 3 66.7% 100.0% 100.0% 233 140  ★←最も成績が良い
3F 2位 0- 0- 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
3F 3位 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
3F~5位 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
3F6位~ 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
------------------------------------------------------------------
<タイプB>
上り2以下の時の連対数が最も好成績の馬


ヤマニンシュクル
◆脚質上り別集計
集計期間:2003. 7.19 ~ 2006.11.12
------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------
3F 1位 2- 0- 1- 0- 0- 0/ 3 66.7% 66.7% 100.0% 236 170
3F 2位 1- 2- 1- 0- 0- 0/ 4 25.0% 75.0% 100.0% 102 192 ★←最も成績が良い
3F 3位 1- 1- 1- 0- 0- 1/ 4 25.0% 50.0% 75.0% 370 232
3F~5位 0- 0- 1- 2- 1- 3/ 7 0.0% 0.0% 14.3% 0 32
3F6位~ 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
------------------------------------------------------------------

<タイプAB>
上り1位と2位以下で同じくらい連対数の成績が良い馬

ダイヤモンドビコー
◆脚質上り別集計
集計期間:2000.10. 7 ~ 2002. 6. 9
------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------
3F 1位 2- 0- 0- 0- 0- 0/ 2 100.0% 100.0% 100.0% 235 125 ★ ←連対数2
3F 2位 0- 1- 0- 0- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 130
3F 3位 2- 0- 0- 0- 0- 0/ 2 100.0% 100.0% 100.0% 295 130  ★←連対数2
3F~5位 1- 1- 0- 1- 0- 0/ 3 33.3% 66.7% 66.7% 356 146
3F6位~ 0- 1- 0- 1- 0- 4/ 6 0.0% 16.7% 16.7% 0 33
------------------------------------------------------------------

この3つのパターンを2001年以降の1-3着でまとめてみた。
ちなみに順番は前4Fが速い順番

2012クイーンS09




この表を見ると、ペースによって連対馬が明確にタイプ毎に分かれていることがわかる。

【傾向】
○前4F:48.0以下、後5F:60.0以下の前半も速く、後半も速いレースの場合は
 1-2着にAタイプの馬が来る。
 ※表中ピンク色で着色している年

 これは恐らく先行馬に厳しいペースになるので、差し足優秀な馬が上位に来るのだろうか。

○前4F:48.0以下でも後半が遅いレース、または前半も後半も遅いレースは
 1-2着にBタイプの馬が来る。

 これは、ペースが道中で緩むため、先行馬が粘りやすくなると思われる。


○極端にペースが遅い場合はAタイプが上位に来る。
 ※2003年オースミハルカの年は前5F:61.4で最も遅い年

 これは、ペースが緩みすぎても瞬発力戦になり、差し足優秀な馬が上位に来るのではないだろうか。

面白いのは、AタイプとBタイプが1-2着で混在することが殆ど無い事である。

また、3着は圧倒的にAタイプが多い。
1-2着にBタイプが残るレースも、差し足鋭い馬が、3着に入るようである。


このように、クイーンSはペースを読めば、1-2着に入るタイプの馬を予想することができる。


では今年の場合、まず出走馬をタイプをまとめると以下の通り。


<タイプA>
アイムユアーズ
コスモネモシン
ピュアブリーゼ
フミノイマージン
ラブフール

<タイプB>
エリンコート
シースナイプ
ナムラボルテージ
モーニングフェイス
レインボーダリア
レジェンドブルー

<タイプAB>
アニメイトバイオ
オールザットジャズ
ミッドサマーフェア

となる。


では、今年の結果がどうであったか。

2012クイーンS10




今年は前半も後半も速いペースの年であった。
そして結果的に1-2着はAタイプの馬であった。
一応過去のデータ通りの結果となった。


(実は個人的にはタイプBの馬が上位に来る年と判断していたw)


これが、期待したレインボーダリア(タイプB)が4着に負けた原因で
ラブフール(タイプA)が2着に来た原因ではないだろうか。

このタイプ分けを上手く使えば、馬券の組み合わせを減らすことができる。
タイプAとタイプBの馬券の組み合わせはほぼないと言えるので。

来年活用してみてただきたい。
スポンサーサイト



テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。

ラップ分析とかコース分析等を「TARGET frontier JV」を使って
かなり細かくやっています。

時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: