雑感

競馬の予想は難しいです。


私が予想をする上で心掛けているのは
「競馬の勝ち馬決定のメカニズムやプロセスにはどんなものが影響を与えているのか」
です。
それが私の予想理論を積み上げ方式にしています。
一つの真理を発見したら、その上にまた新しい仮説を立ててスクラップアンドビルドを繰り返しています。

その結果、たまたま過去のデータ通りに決着した時だけ的中できるのではなく
菊花賞のようにセントライト記念からでも(適性さえ合えば)菊花賞の勝ち馬が出ると考えます。

なので、自分的には毎年成長の手ごたえを感じています。
(仮説や理論が経験を積むことで増えていくので)
この感覚は、競馬全体のメカニズムを考えずに
特定のレースの傾向や個別の馬の能力を一生懸命分析して、
当てはまった時にだけ的中を得ていると味わえない感覚だと思っています。

また、たかだか10年のデータで傾向なんかわかるわけないという意見を耳にします。
確かにその通りなのですが、競馬全体のメカニズムを意識してデータ分析をしていると
参考データは時に何百や何千となるケースもあります。


3歳馬が好走しやすい
→瞬発力を必要とするレースなのではないか

ハイペースになりやすい
→距離延長組が好走しやすいのではないか

1600mのレース
→1800m以上の実績を重視した方が良いのではないか


など、傾向からレースの特性が推測できたりします。


自分の予想が伸び悩んでいるな~と思っている方は
一度、目の前のレース分析だけにとらわれずに
競馬全体のメカニズムを意識して予想されてはいかがでしょうか。

もちろん、JRAの陰謀とか社台が結託してとか妄想を根拠にしていたら
成否の確かめようがないので、成長も全くないと思います(笑)
※厩舎のヤリやヤラズは否定しません
 それも厩舎の作戦の内でしょう
 しかし私は馬体診断能力も無いのでわからないので考えません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: