第63回神戸新聞杯(ダービーとの関連性)

仕事が忙しくて、予想もままなりません。


日本ダービーと神戸新聞杯の平均ラップを比較すると次の通りです。
神戸01

ラップの波形は非常によく似ています。

従って前走ダービー組の着順別成績を見ても
◆前入線順位別集計
前走レース名:東京優駿G1
集計期間:2007. 9.23 ~ 2014. 9.28
------------------------------------------------------
前入線順位 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------------
前走1着 3- 1- 0- 0- 0- 0/ 4 75.0% 100.0% 100.0%
前走2着 2- 2- 0- 0- 0- 1/ 5 40.0% 80.0% 80.0%
前走3着 0- 1- 0- 0- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
前走4着 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
前走5着 2- 0- 0- 0- 0- 1/ 3 66.7% 66.7% 66.7%
前走6~9着 0- 0- 1- 1- 2- 5/ 9 0.0% 0.0% 11.1%
前走10着~ 0- 1- 1- 2- 2- 8/14 0.0% 7.1% 14.3%
------------------------------------------------------
先週紹介したセントライト記念とは異なり、ダービーの着順が良いほど
神戸新聞杯の成績も良い傾向があります。

もっと細かく見ると
毎年ダービー最先着馬は必ず2着以内に入っています。
14年ワンアンドオンリー1着→1着
13年エピファネイア2着→1着
12年ゴールドシップ5着→1着
11年オルフェーヴル1着→1着
10年エイシンフラッシュ1着→2着
9年リーチザクラウン2着→2着
8年ディープスカイ1着→1着
7年ドリームジャーニー5着→1着
この様に、セントライト記念はダービーの着順ではなく中山実績を重視すべき傾向がありましたが
神戸新聞杯はダービーの着順を重視すべき傾向が伺えます。
また、人気で負けた馬はダービー最先着馬では無かったという共通点もあります。

9年アンライバルド12着→4着(1人)
7年フサイチホウオー7着→12着(1人)

その意味においてリアルスティールはかなり有力だと思われますが、気になる点もあります。
それはダービーでの上がりの順位
◆前走脚質別集計
前走レース名:東京優駿G1
集計期間:2007. 9.23 ~ 2014. 9.28
------------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------------
3F 1位 2- 2- 0- 0- 0- 0/ 4 50.0% 100.0% 100.0%
3F 2位 4- 1- 0- 0- 0- 1/ 6 66.7% 83.3% 83.3%
3F 3位 1- 0- 0- 1- 0- 2/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
3F ~5位 0- 0- 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
3F 6位~ 0- 2- 2- 1- 4-10/19 0.0% 10.5% 21.1%
------------------------------------------------------
勝った馬は全て上がり3位以内でしたが
リアルスティールは6位です。

それでも毎年ダービー組が必ず最低1頭は馬券になっているので
3着以内は固いけど、1着になるかどうかは微妙という感じでしょうか。


ダービー組が1着になれなかったのは、レコード決着になった
イコピコが勝った09年です。

条件戦ではなかなか芝2400m前後のハイレベルなレース経験は難しいので
速いタイムの決着の場合の方がダービー組が崩れる可能性が高いかもしれません。

ちなみに、神戸新聞杯が24分台の速いタイム決着になった年は4回ありますが
1着馬の菊花賞の成績は
◆レース名別集計
本レースより後の1走
集計期間:2007.10.21 ~ 2014.10.26
ソート:着別度数順
----------------------------------------------------------
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------------
菊花賞G1 1- 0- 0- 1- 1- 1/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
----------------------------------------------------------
とかなり悲惨で

逆に25秒台以上の決着の年は
◆レース名別集計
本レースより後の1走
集計期間:2008.11. 2 ~ 2012.10.21
ソート:着別度数順
----------------------------------------------------------
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------------
菊花賞G1 2- 1- 0- 0- 0- 0/ 3 66.7% 100.0% 100.0%
----------------------------------------------------------
となり、好走率が高いです。

これもこれまで私が散々書いてきた理論からは納得の結果ですね。

スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: