FC2ブログ

第60回北海道新聞杯クイーンS~その②~

■昨年のクイーンSを振り返る

昨年のハイレベルのクイーンCから、コスモネモシンとアニメイトバイオが参戦しているので
昨年のクイーンCがどのようなレースだったかを少し振ってみる。

まず、昨年は前5F:58.4の2001年以降3番目に早いペースのレースであった。
しかし、実施はラップを詳しく見ると2001年以降最も厳しいラップだったことがわかる。


2012クイーンS03



前5Fが速かった3レースを比較すると、ミツワトップレディ、デアリングハートの年は5F通過後に
ラップが緩んで楽をしているのがわかる。

しかし、昨年は後4F地点まで平均を上回るペースでラップが刻まれている。

ラップが厳しいとどういう傾向があるのかは次の画像でわかる。

2012クイーンS04



前5Fが速い順に1-3着の3角の位置取り(4角はマクリ馬がいるので脚質を正確に反映しないから)をまとめたものである。

当然の事ながらペースが上がるほど差し馬が台頭し、ペースが遅くなる程逃げ馬が活躍している。


つまり、昨年のレースは差し・追い込み馬に展開が向いたレースなのである。

では、今年はコスモネモシンとアニメイトバイオは危険かというと、一概にそうとは得ない理由がある。
はっきり言って昨年のメンバーはハイレベルであった。
今年の古馬は実績に乏しい馬が多い。

昨年は2001年以降最も差し・追い込み馬に展開が向いた年であったが、今年はメンバーが手薄なのである。展開が昨年程向かなくても能力で届く可能性はある。(笑)


次回は画期的なクイーンS向きの馬班別方法を紹介する予定(笑)
スポンサーサイト



テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。

ラップ分析とかコース分析等を「TARGET frontier JV」を使って
かなり細かくやっています。

時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: