2歳新馬戦と未勝利戦のタイム変化

先日コメントの質問になんとなく答えたので
改めて調べてみました。


恐らくご自分で馬場差なんかを計算している方は
体感で感じていらっしゃると思いますが

競走馬は新馬戦→2戦目で大幅にタイムを詰めてきます。

コメントへの返信でなんとなく体感の数値で芝1600mで約1秒と答えたのですが
体感で答えたのが気になって調べてみました。

■新潟芝1600m
7-8月の2歳新馬戦(良)を使って、次走も新潟芝1600mに出走した場合の平均値ですが
2-4着馬の場合サンプル数28で、平均1.3秒短縮でした。

■中山芝1600m
9月の中山芝1600mの新馬戦を使って、上記と同様のケースの場合
サンプル数12で、平均0.9秒短縮でした。

■阪神芝1600m
サンプルが少なく4例しかありませんでしたが
平均1.8秒の短縮でした。


この様に新馬戦から未勝利戦では大幅にタイムを縮めてきます。
新馬戦のタイムと未勝利戦のタイムを同列に扱ってはいけないことがわかります。

尚、2戦目→3戦目もタイムが縮まる傾向にありますが、2戦目ほど劇的ではないと
「体感」で思います(笑)

気になる方はご自分でお調べください。

知っている方には常識レベルの話だと思いますが
馬場差を自分で計算したり、タイム指数を独自に算出していないと思われる
予想家やブログでは平気で同列に扱って居たりしますので
適当に予想をしている方の見分けのポイントになるかもしれません。




スポンサーサイト

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: