第50回関屋記念(レース特性)

よく未勝利戦は前走大敗した馬がいきなり好走する事があるから
買えないという話を聞きますが
私の個人的経験から申し上げると
前走大敗の馬が一変して好走したり、初ダートや初芝の馬が好走するときは
出走馬のレベルが低いレースで発生します。

平均レベルよりも高いレースでは殆ど発生しないと思いますけどね。

関屋記念のレース特性を分析します。

まず、年齢別成績
◆年齢別集計(良・稍重)
集計期間:2001. 8. 5 ~ 2014. 8.17
--------------------------------------------------------------
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------------------
3歳 0- 0- 1- 1- 0- 9/ 11 0.0% 0.0% 9.1%
4歳 4- 3- 4- 2- 0- 9/ 22 18.2% 31.8% 50.0%
5歳 4- 6- 2- 3- 9- 37/ 61 6.6% 16.4% 19.7%
6歳 2- 1- 2- 4- 2- 34/ 45 4.4% 6.7% 11.1%
7歳 2- 2- 3- 1- 1- 23/ 32 6.3% 12.5% 21.9%
8歳 0- 0- 0- 1- 0- 13/ 14 0.0% 0.0% 0.0%
--------------------------------------------------------------
3歳は不振で
4歳が最も成績が良く
7歳まで好走歴がある


斤量別成績
◆斤量別集計
集計期間:2001. 8. 5 ~ 2014. 8.17
----------------------------------------------------------------
斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------------------
51.5~53kg 0- 0- 0- 1- 0- 7/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
53.5~55kg 2- 1- 0- 3- 2- 13/ 21 9.5% 14.3% 14.3%
55.5~57kg 10- 10- 9- 7- 10-103/149 6.7% 13.4% 19.5%
57.5~59kg 0- 1- 2- 1- 0- 2/ 6 0.0% 16.7% 50.0%
59.5~ 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
----------------------------------------------------------------
斤量が重いからといって不振ではない。


この2つのデータから言えることは
究極の瞬発力戦ではなく、持続力もそれなりに要求されるレースではないかという事ですね。

過去のレースラップは次の通りで
関屋01

特徴は後2F目が必ず10秒台に途中し、後3F目も11秒台前半のケースが多い
また最後1Fは12秒近くまで失速するケースが殆どであるという点です。

場合により上り3F32秒台前半も出るレースですが、意外と軽さだけでは通用しないレースな気がします。


ではどんな馬が好走しやすいのかを探ります。
2001年以降1-2着馬(良・稍重)の過去5走のコース別成績を見ると
◆コース別集計
本レースより前の5走
集計期間:1999.10.31 ~ 2014. 7.27
ソート:着別度数順
----------------------------------------------------------
コース 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------------
京都・芝1400外 3- 2- 0- 0- 0- 0/ 5 60.0% 100.0% 100.0%
京都・芝1600外 3- 1- 3- 0- 0- 3/10 30.0% 40.0% 70.0%
京都・芝1800外 3- 0- 0- 1- 0- 0/ 4 75.0% 75.0% 75.0%
東京・芝1800 2- 4- 0- 1- 2- 1/10 20.0% 60.0% 60.0%
東京・芝1400 2- 1- 0- 0- 0- 2/ 5 40.0% 60.0% 60.0%
中山・芝2000 2- 0- 2- 0- 0- 1/ 5 40.0% 40.0% 80.0%
阪神・芝1600外 2- 0- 1- 0- 0- 2/ 5 40.0% 40.0% 60.0%
中山・芝1600 1- 2- 0- 2- 2- 4/11 9.1% 27.3% 27.3%
東京・芝1600 1- 1- 2- 2- 0- 6/12 8.3% 16.7% 33.3%
阪神・芝1600 1- 1- 1- 0- 0- 0/ 3 33.3% 66.7% 100.0%
東京・芝2000 1- 1- 0- 0- 0- 4/ 6 16.7% 33.3% 33.3%
阪神・芝2000 1- 0- 0- 1- 0- 2/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
新潟・芝1400 1- 0- 0- 0- 1- 0/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
中京・芝2000 0- 3- 1- 0- 0- 1/ 5 0.0% 60.0% 80.0%
----------------------------------------------------------
まず、京都コースが上位を占めます。
これはトップスピードの持続を求められやすい京都コースの特性が反映されたものと思われます。
次に東京コースが続きます。
東京1600mの成績があまりよくないのは安田記念が該当してくるからです。
東京コースの特徴は後3F目がトップスピードになりやすいコースだという事です。
底力を問われるレースになりやすいコースです。

これらのイメージを踏まえて、過去の1着馬のその後の重賞成績を見てみます。
2014年 クラレント
●オータムH 1着 新潟芝1600m
12.8-10.9-12.2-12.1-11.9-11.1-10.7-11.6

●安田記念 3着 東京芝1600m
12.4-10.8-11.1-11.6-11.4-11.2-11.3-12.2

13年 レッドスパーダ
●毎日王冠 4着 東京1800m
13.0-11.0-11.5-12.7-12.6-12.6-11.1-10.9-11.3

●京王杯スプリングC 東京芝1400m
12.6-10.5-10.6-11.0-11.3-11.4-12.3

12年 ドナウブルー
●府中牝馬 3着 東京1800m
12.6-11.2-11.7-12.1-12.1-11.8-11.3-11.2-11.5

●マイルCS 京都1600m
12.5-11.1-11.4-11.9-11.3-11.3-11.5-11.9


●府中牝馬 2着 東京1800m
13.1-12.0-12.8-13.1-12.8-12.2-10.8-10.7-11.3


どうですか、その後の好走重賞もコースとラップに特徴があると思いませんか。

コースは新潟1600m、東京コース、京都1600m
ラップは後3Fがトップスピード(かそれに近い)か後2F目が10秒台か

この特徴を踏まえたレースで好走している馬が、関屋記念では好走しやすいと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: