レースの結果を確率でイメージする

私の馬券を見て凄い大金を賭けているな~と思われる方もいると思いますが
自分的には一定程度好走する確率が高いと判断できたものしか大金は賭けていないつもりです。


好走率が高そうだと判断する際に、どのデータが信頼できるのかというのが大事になってきます。

Twitterでもつぶやきましたが
今週デムーロ騎手が新潟で大活躍しました。

土曜日 1-2-1-4/8 
日曜日 3-1-1-3/8

デムーロ騎手は新潟競馬場が全くの初めてでのこの成績です。
私が〇〇コース得意な騎手データに懐疑派であることはご存知かと思いますが
ますますこの思いを強くしました。

過去には北村騎手の東京コースの成績を厩舎別に調べて、疑問を呈した記事も書きました。
個人的にも横山騎手や蛯名騎手の過去数十年のコース別成績を年ごとに調べて
見事に年ごとにバラバラなのを確認もしています。

最近岩田騎手の阪神コースの年ごとの成績も調べましたがこれもバラバラです。
結局、例えば5年区間で調べると阪神芝1400mが優秀になったり、7年で調べると芝200mが優秀になったります。
データとして信頼性が乏しいと言えると思います。
実際どの競馬場でも距離が違っても直線部分は同じなのに、芝1400mの成績が良くて
芝1600mの成績が悪かったら、違和感を覚えませんか?
そうう事に疑問を持たずに、昔から競馬メディアで採用されているデータだからと鵜呑みにするタイプの人方が
根拠もなく「根幹理論・非根幹論」や「ハイペースは距離をこなすスタミナが必要」などという、インチキ理論を信奉するんだと思います。


逆に例えば6-7月の芝1200mの3歳以上500万~1000万のレースを年齢別に調べると
毎年同じように3歳馬の成績が優秀になります。

こういうデータは信頼性が高いと言えます。

大事なお金を賭けるわけですから、信頼性の高いデータに従って予想をすることが勝ち組への近道だと思います。


例えば
今週の土曜日、2歳未勝利札幌芝1500mのレースがありました。
お陰様で的中できたわけですが
ラップ分析だけで予想をしたわけではありません。

同条件の前走距離別成績を見ると
◆前走距離別集計
集計期間:2005. 8.13 ~ 2014. 8.30
前走限定:芝のみ
---------------------------------------------------------------
前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
---------------------------------------------------------------
1200m 7- 3- 5- 8- 4- 42/ 69 10.1% 14.5% 21.7%
1300m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1400m 0- 0- 0- 0- 1- 6/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
1500m 4- 4- 4- 3- 4- 14/ 33 12.1% 24.2% 36.4%
1600m 0- 1- 0- 0- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
1700m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1800m 3- 6- 5- 3- 4- 14/ 35 8.6% 25.7% 40.0%
---------------------------------------------------------------

当然、芝1500m以上の方が好成績なのですが
3着以内の延べ数を見ると1200m組も無視できません。

では1200m組でどんな馬が好走しているのかを調べると
◆前走脚質別集計
前走距離:1200m
集計期間:2005. 8.13 ~ 2014. 8.30
--------------------------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------------
3F 1位 2- 0- 0- 4- 2- 2/10 20.0% 20.0% 20.0% 85 30
3F 2位 3- 1- 0- 0- 0- 5/ 9 33.3% 44.4% 44.4% 116 67
3F 3位 0- 2- 3- 1- 1- 7/14 0.0% 14.3% 35.7% 0 97
3F ~5位 1- 0- 1- 1- 0- 8/11 9.1% 9.1% 18.2% 154 60
3F 6位~ 1- 0- 1- 2- 1-20/25 4.0% 4.0% 8.0% 12 22
--------------------------------------------------------------------

馬券になった15頭中、前走上がり3位以内だった馬が11頭です。
短距離の(追走に苦労する)差し馬が距離延長で好走しやすくなるのは
私の理論と合致します。

よって上がり4位以下は、よほど良いタイムや内容に見どころが無い限り消して良いと判断できます。

この時点で出走馬の内、①⑧は消せます。
前走内容(1.5秒以上負け)から③④⑤も割と簡単に消せるので
可能性のある馬は②⑥⑦⑨⑩の5頭に絞られます。
基本的にはこの5頭で3着以内が決着する可能性が高いと判断できると思います。
後は信頼できる軸馬が見つけられるなら、勝負しようと判断するわけです。



日曜日の(外した)小倉1Rも少し解説すると
まず、サイモンゼーレをそれ程評価していなかったのはつぶやいた通りです。
ラップも(弱くはないが)1倍台になるほど強くは思えませんし
キンシャサノキセキ産駒は小倉芝1200mの成績がかなり悪い傾向がありました。
◆コース別集計
コース:小倉・芝1200
集計期間:2014. 8.17 ~ 2015. 3. 1
ソート:着別度数順
------------------------------------------------------------------------
コース 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------------
小倉・芝1200 0- 1- 0- 0- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3% 0 27
------------------------------------------------------------------------
※上記は昨日までの成績です

ここで、サイモンゼーレが2着以下になる可能性に賭けた方が美味しいと思いました。

ところが実際は、今日の小倉芝1200mでキンシャサノキセキ産駒は
2-1-1-0/4
という4頭すべて馬券になるのですからまいりました(笑)
キンシャサノキセキ産駒は新潟芝1000mも得意なので、冷静に考えたら不思議ではないのですが


話を戻して、では何が有力かを考えたときに
◆前走距離別集計
集計期間:2001. 8.18 ~ 2014. 8.31
前走限定:芝のみ
---------------------------------------------------------------
前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
---------------------------------------------------------------
1200m 69- 70- 70- 55- 65-435/764 9.0% 18.2% 27.4%
1300m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1400m 6- 5- 5- 10- 8- 40/ 74 8.1% 14.9% 21.6%
1500m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1600m 5- 2- 3- 7- 2- 18/ 37 13.5% 18.9% 27.0%
1700m 0- 0- 0- 0- 0- 0/ 0
1800m 0- 5- 1- 2- 2- 22/ 32 0.0% 15.6% 18.8%
---------------------------------------------------------------
前走距離別でみると、芝1600mが良い事に気が付きました。

前走芝1600mを更に見てみると
◆前走脚質別集計
前走距離:1600m
集計期間:2002. 8. 4 ~ 2014. 8.30
--------------------------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------------
平地・逃げ 3- 0- 1- 0- 0- 1/ 5 60.0% 60.0% 80.0% 428 120
平地・先行 1- 1- 0- 4- 0- 4/10 10.0% 20.0% 20.0% 37 104
平地・中団 1- 1- 1- 2- 1- 6/12 8.3% 16.7% 25.0% 406 452
平地・後方 0- 0- 1- 1- 1- 7/10 0.0% 0.0% 10.0% 0 92
--------------------------------------------------------------------
逃げ馬の成績が圧倒的に良い事がわかります。
先ほどの事例とは逆にパターンで、逃げ・先行馬の距離短縮ですね。

そしてこれに該当していたのが(予想で本命にした)ブリオでした。

では何故外れたのかを考えると
前走RPCI・PCI3を見るべきだったことがわかります。

◆前走RPCI別集計
前走距離:1600m/前走脚質:平地・逃げ
集計期間:2002. 8. 4 ~ 2013. 8. 4
----------------------------------------------------
前走RPCI 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------
~52 2- 0- 1- 0- 0- 0/ 3 66.7% 66.7% 100.0%
~60 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
~68 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
----------------------------------------------------

◆前走PCI3別集計
前走距離:1600m/前走脚質:平地・逃げ
集計期間:2002. 8. 4 ~ 2013. 8. 4
----------------------------------------------------
前走PCI3 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------
~52 2- 0- 0- 0- 0- 0/ 2 100.0% 100.0% 100.0%
~60 1- 0- 1- 0- 0- 0/ 2 50.0% 50.0% 100.0%
~68 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
----------------------------------------------------

つまり、芝1600mのハイペースのレースで逃げていた馬が、次走1200mに出走すると好成績だったことが伺えます。
ブリオのRPCIとPCI3は重馬場で57.1と58.73なので、本当は少し疑うべきでした。

これは私の未熟さですね。
反省点です。



と、まあこの様にラップ分析以外にも過去の(有意と思える)レース傾向から
有力馬を絞っています。

常に、具体的な好走確率をイメージしながら予想してます。

例えば「中京で先行した馬が新潟に出走してきたときに好走しやすい」という話を教えられたとして
それだけでは私は馬券は買えません。
具体的にそのケースはサンプル数がいくつで、実際に好走したのが何例あって
好走率や回収値はどうなっているのか
好走したケースに共通項は無いのかを調べないと買えない人間です。
逆に、そこまで調べて確信が得られたときにそれなりのお金をつぎ込んでます。


皆さん方の参考になれば幸いです。




スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

いつも考えさせられる言葉ありがとうございます(^^) 小倉のブリオをどの観点から評価してたのかずっと気になってたのでありがとうございます!! いつか小倉の芝1200mの攻略ヒントをを教えて下さい。
芝1200mってほぼどこの競馬場にもあるので同じ様な前走 芝1200m出走メンバーが、違う競馬場で競う…問われる適性はかなりコース毎に特徴が違うのに…面白いレースと思ってます!
その中でも小倉コースは特徴のあるコースかなと。つまり攻略出来ると美味しいのでは?と思って。。

Re: タイトルなし

馬面さん


私もまだまだ勉強中の身ですので
小倉芝1200mの攻略法はこれだ!というものはありませんが
開催時期やクラスによっても攻略ポイントは異なってくる気がします。

強い逃げ馬がいるかどうかでも結果は違うでしょうし
結局は様々なパターンに対応できる引き出しをいかに沢山持つかという気がします。
プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: