第38回 帝王賞(JpnI)

もう宝塚記念なんですよね。
1年も折り返し地点です。

昨年運よく3点で馬連とカレンミロティックの複勝を的中できたので
今年も同じデータでいいかなと思ってます(笑)

なので週中の予想はしないかもです。



さて、帝王賞ですがインカン回避だということで興味半減です。
あまりやる気がなくなったのですが
せっかく分析した分だけの記事は書きますか・・・。


まず、かしわ記念でワンダーアキュートを無印にして保険のワイドのみ的中で終わってますから
この分析から行います。


まず、力が衰えているのは間違いないと思います。
帝王賞02


次にかしわ記念のラップ分析を行います。
■かしわ記念とフェブラリーSのラップ
帝王賞01

かしわ記念のラップですが後2Fが11.8-13.6と急激に失速しています。
これは先行馬にきつい展開だったと思われます。

ワンダーアキュートはベストウォーリアやハッピースプリントよりは展開に恵まれたと思われます。

それと脚質が一昔比べ先行力が無くなってきています。
加齢とともにずぶくなってきたのかもしれません。

また、勝ちタイム1.37.4は後半失速しているにも関わらず
それ程速いタイムではありません。
※良馬場過去最速は1.36.8(後1F:12.5)

もう一つ
負けたフェブラリーSですがかしわ記念よりラップの波形が大きく変化しています。
(逆に言うとかしわ記念は一定スピードの波形)

これを踏まえて、昨年の東京大章典と帝王賞のラップを見てみます。
帝王賞03

東京大章典は7着で帝王賞は1着です。
波形は東京大章典の方が大きく変化しています。

これは仮説ですが、ワンダーは緩急のあるラップが苦手な可能性があるかもしれません。

加齢とともに持続力戦の方が好走しやすくなるのは、私の理論とも合致します。

仮説は外れているかもしれませんが、あまり緩急の無いラップになりそう(但しあまり速くなりすぎても厳しい)な場合はワンダーが馬券になるかもしれません。


ついでに申し上げると
ベストウォーリアは上がりのかかるレースは苦手ぽいです。
帝王賞04

スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: