FC2ブログ

第48回農林水産省賞典函館記念~その①~

■前走


函館記念の前走レース別を見てみると以下の通り。


◆前走レース名別集計
集計期間:2001. 7.22 ~ 2011. 7.24
ソート:着別度数順
--------------------------------------------------------
前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------------
巴賞 5- 6- 2- 5- 6-30/54 9.3% 20.4% 24.1%
金鯱賞G2 1- 0- 1- 2- 0- 4/ 8 12.5% 12.5% 25.0%
目黒記念HG2 1- 0- 1- 0- 0- 2/ 4 25.0% 25.0% 50.0%
新潟大賞HG3 1- 0- 0- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
米子SH 1- 0- 0- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
中京記念HG3 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
安田記念G1 0- 1- 1- 0- 0- 1/ 3 0.0% 33.3% 66.7%
天皇賞春G1 0- 1- 0- 1- 0- 1/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
五稜郭SH 0- 1- 0- 0- 1- 2/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
福島テレ 0- 1- 0- 0- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
--------------------------------------------------------
率は別として、述べ連対数でみるならば圧倒的に前走「巴賞」組が馬券になっている。

前走「巴賞」組の着順別成績を見てみると

◆前走着順別集計
前走レース名:巴賞
集計期間:2001. 7.22 ~ 2011. 7.24
------------------------------------------------------
前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------------
前走1着 1- 1- 0- 0- 1- 3/ 6 16.7% 33.3% 33.3%
前走2着 1- 1- 0- 0- 1- 1/ 4 25.0% 50.0% 50.0%
前走3着 0- 1- 0- 1- 1- 3/ 6 0.0% 16.7% 16.7%
前走4着 1- 0- 0- 1- 3- 2/ 7 14.3% 14.3% 14.3%
前走5着 0- 0- 1- 1- 0- 5/ 7 0.0% 0.0% 14.3%
前走6~9着 1- 3- 1- 2- 0-12/19 5.3% 21.1% 26.3%
前走10着~ 1- 0- 0- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0%
------------------------------------------------------

必ずしも成績上位馬が、函館記念で好成績を収めているわけではないことがわかる。


この「巴賞」と「函館記念」の関係を解き明かすことが、的中馬券への道ではないだろうか。




■函館1800mと函館2000mの違い。

巴賞は函館芝1800mで行われ、函館記念は芝2000mで行われる。
この2つのコースの違いについてまずは考察してみたい。

其々の1000万クラスの平均ラップをグラフにまとめてみた。
2012函館記念01




函館2000mは1800と比較するとスタート視点が後に200m伸びただけである。
その結果すぐコーナーに差し掛かる1800mはテンのスピードがあまり速くない。
そして前半緩くなる分、後半にかけて徐々に加速しているラップ構成となる。

一方2000mは、コーナーまで距離があるのでテンのラップが速くなる。
その分道中は一貫した似たようなラップ刻んで後2Fに少し加速して終わるラップである。

この両者を比較するならば、2000mの方が持続力を要求されるラップと言える。

この点が後ほど非常に大事になってくるので、覚えておいていただきたい。

その点で先ほどの、前走レース別成績を見てみると、巴賞を除くと
金鯱賞、新潟大賞典、中京記念と持続力を問われるレースを前走としている馬が勝っている。

昨年の1着馬キングトップガンのその他の重賞実績となると
2011年の目黒記念となるが、このレースは後1Fが13.2もかかった上りのかかる持続力を問われたレースであった。ちなみに2012年の目黒記念は後3Fが11.1-11.6-12.1のスローの瞬発力戦であった。


一昨年の1着馬マイネルスターリーは前走新潟記念(前5F:58.2)ー(後5F:59.5)の持続力戦を0.3秒差の4着と好走した後に函館記念を勝っている。


函館記念を予想する上で、考慮が必要なのは持続力なのである。
スポンサーサイト



テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。

ラップ分析とかコース分析等を「TARGET frontier JV」を使って
かなり細かくやっています。

時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: