第75回桜花賞(ペース読み)

沢山の拍手ありがとうございました。

さて、私が何故今年の桜花賞をスローと読むのかを説明します。

それは圧倒的人気のルージュバックが差し馬だから。

きっかけは今年のAJCCです。
ご承知の通り、このレースで私はゴールドシップが負けるには10数年に1回しかないスローペースにならない限り大丈夫と記事を書いたところ、その10数年に1回の超スローになってゴールドシップは負けました。

ゴールドシップは有馬記念に続いてのスローによる展開の不利となったわけです。

ず~っとこの事が非常にひっかかってました。


過去の桜花賞で追い込み系の人気馬と言えば、ブエナビスタとハープスターでしょう。
その2年ともかなりのスローになっています。
ついでに言えば、桜花賞で1番人気が100円台になったのは上記2頭の他にウオッカの年ですが、この年も超スローです。

さらにハープスターの年は逃げ馬がハイペースで逃げたにも関わらず、後続が追いかけないため離し逃げになり結局スローでした。

ブエナで言えばあっと驚く逃げが決まったエリザベス女王杯もインパクトありました。

何故ハープスターの時は後続が誰も追いかけなかったのか、ゴ-ルドシップが出走するレースはスローになりやすいのかを考えれば、答えは明らかで
「圧倒的人気の差し・追い込み馬を意識して、逃げ馬だけでなく出走馬全体が(ガチンコ勝負を避けて)スローな展開に持ち込みたい」という思惑が騎手に働くからと言えると思います。

別に目新しい考え方ではありませんが、個人的にはもう少しはっきりと意識してペース予想に組み込んだ方が良いと最近考えるようになりました。

そこで3歳芝1600mの重賞レースで1番人気が2.3倍以下且つ3角を10番手以下で走ったレースのPCI3の平均値と全く条件なしの3歳重賞芝1600mのPCI3の平均を調べてみると「明らかに前者の方がPCI3値が高い(→スロー)」という結果が出ました。


基本的に圧倒的に人気の差し・追い込み馬がいる場合はスローになりやすいと考えても良さそうです。

逆に、人気の逃げ馬がいる場合は、騎手が人気(=能力が高い)と判断して、強気なレースを行いハイペースになりやすいというのも経験則で感じています。

今日の福島の1Rも単勝2.0倍のウエバフラッシュという逃げ馬がいました。
これはハイペースになるのではないかと予測し、全出走馬で未勝利戦5着以内でPCI3値が低いレース(ハイペース)で好走歴のある馬を調べたところ

PCI3~36のレースで5着以内があるのは
バラブシュカ(5人気1着)のみ

~44で該当馬は
ウエバフラッシュ(1人気2着)
ヒルプリンセス(10人気4着)

でした。

ついでに申し上げると3着のマラカイトスターはPCI3:38のレースで7着(0.8秒差)の戦歴を持っていました。

いかがでしょうか。

今後もいろんなレースに応用できると思います。

※これをいろいろ試行錯誤しながら今日平場のレースはやってました。



という事で、今年は1倍台のルージュバックがいることから、あまりペースを上げようという意識が他の騎手の中に働かないのではないかと思っております。

確率的にはスローになる確率が高いのではないかと。

スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ルージュは、とても真面目で闘争心が強い。追い切りでも真面目に走ります。この手の馬は一戦一戦全力を出せるのでローテは詰めてつかわないでこのうまのペースで使うほうがよい。

身体的には飛びが大きくて綺麗、身体的な戦法という目線では、溜めて後半に体力を瞬発力に転換する乗り方がベターです。速いラップを前受けして押し切る競馬は基本的に合わない。

あとは、戸崎がどう乗るかでしょう。

戸崎はノリさんに似た柔を持っているので、この馬なりに任せる溜め方をするはず。スローペースだったら中団くらいにはつけてきそうです。

あとは、不利がなくしっかり終いを伸ばせてあげられるか。

飛びが大きくて綺麗なので、馬群のなかでこじんまりと走れない、もしくはそうなるとパフォーマンスは落とす。広い位置から真っ直ぐ追ってきてあげたい。それが戸崎騎手に求められる采配で、圧倒的一番人気というのはマークされるので基本的には不利。馬はOK!戸崎がしっかりナビできるか!という桜花賞という目線をもってます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

しっちぃさん


細かな解説ありがとうございます。
最終的にどのような結果になるかわかりませんが、G1級の能力を示しているのはこの馬だけの気がします。

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: