第75回桜花賞(ペースと距離実績)

いよいよ桜花賞ですか。
昨年は幸運にも◎→○→▲
で1-2-3着決着でした。

昨年の予想記事は参考になるものが多いと思います。
是非一度ご覧ください。

さて、昨年も書いたこの記事
第74回桜花賞(ペースと距離実績)

今年はルージュバックの芝1600mの経験が無い点が話題になっています。

また、チューリップ賞組意外が1番人気になりそうなのも注目点ですよね。
では、ズバリ結論から申し上げるとルージュバックが桜花賞で好走できるかどうかはペース次第となります。

まず、昨年も紹介したこのデータを見ていただきます。
桜花賞01

ルージュバックはAタイプの馬と言う事になります。
Aタイプを持つ馬が勝ったのは超スローになったダイワスカーレットの年(前後3F差1.8秒)しかありません。
(推測ですが3歳春まで歴代最強牝馬のラップを記録していたウオッカが負けたのはこの超スローのラップのせい)
(変な人が湧くと困るので念のため申し上げると、3歳秋以降は歴代最強牝馬とは思ってませんw)

2着なら極端にハイペース(前後3F差1.0以上とか)にならない限り2着はあり得ます。

なので、ルージュバックは2着の可能性が非常に高いと思います。
馬単2着固定とか面白いかもですね。


ちなみに、チューリップ賞以外のステップ馬で、桜花賞で1番人気に支持された馬の桜花賞での成績は
◆レース名別集計
集計期間:2002. 4. 7 ~ 2011. 4.10
ソート:着別度数順
------------------------------------------------------------------------
レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------------
桜花賞G1 1- 2- 2- 0- 0- 0/ 5 20.0% 60.0% 100.0% 58 178
------------------------------------------------------------------------
複勝100%です。

前走距離別でみると
◆前走距離別集計
集計期間:2002. 4. 7 ~ 2011. 4.10
----------------------------------------------------------------------
前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
----------------------------------------------------------------------
1600m 0- 1- 1- 0- 0- 0/ 2 0.0% 50.0% 100.0% 0 195
1800m 1- 1- 0- 0- 0- 0/ 2 50.0% 100.0% 100.0% 145 160
2000m 0- 0- 1- 0- 0- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 180
----------------------------------------------------------------------
前走2000mで負けたのはアドマイヤグルーヴ
その後の成績を見てもこれはやはり2000m→1600mの距離が影響したと思います。

1800mなら2000mほどの心配はないと思ってます。


尚、昨年もご紹介した前後3F差の年別変化グラフ
桜花賞02

まずます前傾傾向が強いじゃないか、ルージュバック危険!と思うかもしれませんが
昨年は離し逃げの展開でPCI3:59.73(平均54.46)
ハープスターの上り3F:32.9のスローペースのレースです。

今年はメンバーを見渡しても極端なハイペースはない気がするのですが。

スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。
早速ですが、まず桜花賞は枠順との戦いがあります。
1〜6番[0-0-1-47]※
7〜12番[5-2-4-36]
13〜18番[3-6-3-36]
※07年カチマタボタン
1〜3枠に入ったらほぼ絶望。

次にローテーションですが、本気で桜花賞を勝ちたい馬はチューリップ賞を選ぶ傾向にある。という事
[6-2-4-19]チューリップ賞組
[2-6-4-100]その他※
※その他組の前走着順別
1着馬[1-5-3-27]
2着馬[0-0-1-21]
3着馬[1-0-0-9]
4着下[0-1-0-43]

次に、1番人気馬は何勝してるかで信頼度が異なります。
3勝以上[3-2-0-1]※
2勝以下[0-0-0-2]
※3勝以上で着外になったのは13年4着のクロフネサプライズ

最後に血統。ディープインパクト産駒が初年度産駒から去年まで4連勝してます。
[4-2-0-4]※
※体重別だと
450kg以上[4-0-0-0]
440kg以下[0-2-0-4]


ポイントはこのぐらいでしょうか。今年はチューリップ賞が道悪でしたので、この組の疲労度が心配ではあります。

現時点での買い目候補としては
アンドリエッテ
クイーンズリング
クルミナル
ココロノアイ
ミッキークイーン
ルージュバック
レッツゴードンキ
以上7頭を考えてます。1〜3枠に入った馬を消して最終的に5〜6頭で組み立てられればと考えてます。


Re: タイトルなし

必勝法さん


こんばんは。
またまた貴重なデータありがとうございます。

昨年も紹介してますが、チューリップ賞組も含め4着以下からの巻き返しは
OP以上の勝ち星がある馬に限られてますよね。

まあた道悪で疲労が心配と言う話をよく聞くのですが
個人的には疲労が溜まりやすいのは超前傾ラップのレースで
スピードを出しにくい道悪はあまり疲労は蓄積しないんではないかと思ってます。
あくまでも個人的にデータをいろいろいじった経験からの感想ですが。


Re: タイトルなし

必勝法さん


現時点の狙い馬は割と似ているかもです。
ペース次第でどの馬を狙うかは変わりますが。

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: