マテンロウハピネス

残念ながらアーリントンCはハズレたのですが
1着のヤングマンパワーは新馬戦>OP特別3着の馬でした。

確か昨年だったと思いますが、
新馬戦後にOP以上のレースに挑戦して好走した馬は
いきなりのレベルアップに対応したので
その後好走する確率が高いみたいな感じの事を記事で述べた記憶があります。


今回はこのパターンに当て嵌まったゆですね。
知識としては持っていたので大変くやしいですね。
ジュニアC自体のレースレベルもそれなりに評価していたのはTwitterでつぶやいていたような記憶があります。

過去データで中山コース組は殆どG1の朝日杯組しか通用していなかったので、軽視しました。
過去の傾向と馬自体の評価のバランスが難しいです。

さて、今回も新馬>重賞好走の馬が1頭出ました。
マテンロウハピネスですね。

有料記事の方で書きましたが、この馬の新馬戦の内容はなかなか評価できます。
馬場差を計算しない方には難しかったかもしれませんが。

そこで3歳1月2月で新馬>芝重賞4着以内の馬の次走成績を調べてみました。
◆馬場状態別集計
前走クラス:新馬・本レースより後の1走
集計期間:2001. 1.21 ~ 2014.11. 8
----------------------------------------------------
馬場状態 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------
芝 5- 1- 3- 0- 0- 5/14 35.7% 42.9% 64.3%
----------------------------------------------------

◆クラス別集計
前走クラス:新馬・本レースより後の1走
集計期間:2001. 1.21 ~ 2014.11. 8
----------------------------------------------------
クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------
500万下 1- 0- 1- 0- 0- 3/ 5 20.0% 20.0% 40.0%
OPEN特別 2- 0- 0- 0- 0- 0/ 2 100.0% 100.0% 100.0%
G3 2- 0- 1- 0- 0- 1/ 4 50.0% 50.0% 75.0%
G2 0- 1- 1- 0- 0- 0/ 2 0.0% 50.0% 100.0%
G1 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
----------------------------------------------------
500万の成績が一番悪いのは、陣営が強気に出た(自信がある)方が次走も好走するということでしょうか。
いずれにしてもOP以上に出てきたらかなりの好走率です。

次回忘れずに狙ってみたいですね。
スポンサーサイト

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: