第89回中山記念(タガノグランパ)

本日も少し有料記事を加筆しました。
軸馬候補を挙げています。

タガノグランパを実は条件付きで穴馬候補と考えています。

一見好走条件がわかりにくく思えるのですが
凡そ3つの条件があると思ってます。

①距離短縮
◆前走距離別集計
集計期間:2013.11.24 ~ 2015. 2. 8
--------------------------------------------------------
前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
--------------------------------------------------------
同距離 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
今回延長 0- 1- 0- 2- 1- 1/ 5 0.0% 20.0% 20.0%
今回短縮 2- 0- 2- 0- 0- 1/ 5 40.0% 40.0% 80.0%
--------------------------------------------------------
明らかに距離を短縮した場合の成績が良いです。

②先行した時
4角位置別成績
2番手 アーリントンC2着
3番手 ダービー4着
5番手 新馬1着、500万1着
7番手 シンザン記念3着
8番手 セントライト3着
10番手以下 1-0-0-5/6
     勝ったのはファルコンSで1400m

③RPCIが低いレース
 ◆RPCI別集計
集計期間:2013.11.24 ~ 2015. 2. 8
----------------------------------------------------
RPCI 着別度数 勝率 連対率 複勝率
----------------------------------------------------
RPCI~36 1- 0- 0- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
~44 1- 0- 0- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
~52 1- 1- 1- 0- 0- 2/ 5 20.0% 40.0% 60.0%
~60 0- 0- 1- 2- 0- 0/ 3 0.0% 0.0% 33.3%
~68 0- 0- 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
----------------------------------------------------

これらの特徴は全て持続力戦に適性がある事を示しています。
逆言うとキレ不足な馬で先行してハイペースでもバテない馬と言えるかもしれません。


中山記念の平均ラップは次の通りで
中山記念01

実は5F目がトップスピードになる非常に珍しい重賞です。
以前当ブログで芝1600mの速い持ちタイムの馬が好悪走しやすいという傾向を紹介しましたが
この中盤が締まった流れが原因と考えられます。

その点で今回タガノグランパが先行で来たらという条件付きで好走の可能性があると思っています。
先行するかどうかは当日までわかりませんが、タガノグランパの馬番別傾向を見ると外枠を引くと控える傾向にあります。
内枠~中枠なら先行する可能性が高まります。

明日の枠順次第では紐候補に浮上すると思います。

スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: