私流「TARGET frontier JV」を使った馬場差計算(基準タイム表)

Twitterの方で興味を持たれた方がいたようなので、解説します。

あくまでも我流で、もっと効率的なやり方があるのかもしれません。

馬場差を計算するには、基準となるタイムが必要となります。

まずは基準タイム表の作り方から
「TARGET frontier JV」のメインメニューから「開催タイム分析」を選びます。
馬場01


そうすると次のようなメニュー画面が現れますから、基準タイムを作成したい競馬場と開催日を選びます。
※ここでは東京開催を選んでます。
馬場02

最低でも数年分選ばないと年に数回しか施行されない条件はサンプル数が少なくなります。

選び終わった後に、「選択完了」を押すと、次の画面になります。
この時、「クラス別平均」を押して平均タイムを表示させてください。
馬場03

後は、これをデータとして出力させます。
馬場04

メニューバーから「ファイル」>「ファイル出力」を選びます。


そうすると、次のメニュー画面が表示されますので、その中から
「4:全距離一括 ★画面イメージ(HTML)」
を選びます。
馬場05

そうすると、保存するファイル名を聞いてくる画面が出るので、適当にファイル名を付けて保存します。

保存先を変更しなければ、ファイルは恐らく
「c:TFJV:TXT」のフォルダに保存されています。

これをエクセルを立ち上げてファイルを開きますが、かならず「全てのファイル」が表示されるように設定してください。
そうしないとエクセルのファイルではないので、見つからない事になります。

ひらくとこんな画面になるはずです。
馬場06

この画面の1着タイムを私は基準タイムにしています。
(ようは馬場関係なく、同クラスの平均1着タイム)

本当は、シーズン毎に基準タイムを設けた方が良いのですが手抜きでこれでやってます(笑)

これで各競馬場の基準タイムのシートを各競馬場毎にまとめて、基準タイムのエクセルデータとして保存しています。

あとは、このタイムと基準タイムの差を計算して、その日の馬場差を計算しています。


馬場差計算用のエクセルシートは別に作成しています。
これも「TARGET frontier JV」から、その日の開催レースをまとめたデータを抽出できるのですが、それはまた次回の機会に(笑)


完全自己流なので、こうした方が楽だよみたいなテクニックがありましたら是非教えて欲しいです。
スポンサーサイト

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます!

JRA-VANは、Macに対応してなくて囧rz
導入出来ないのです。競馬ラボサイトのを利用してますが、
少し古くて、残念‼️

Re: No title

チョビ丸さん

そうなんですか、でもネットではMACユーザーで「TARGET frontier JV」を使いこなしている記事なんかを見かけますけど。
例えばこちらの方とか
http://takobouzu.xsrv.jp/


No title

こんばんは、いつも勉強させていただいております。

馬場差の計算ができなくてずっと困っていました、大変ありがたい記事でした。

是非、続編もお願いいたします。

Re: No title

まめおさん

こんばんは。
そんなに大した内容ではないのですが、喜んでもらえて何よりです。

馬場差の計算は地味でめんどくさいのですが、ああ馬場差をつけていて良かったなと思う時が確実にあります。
あと、馬場差を計算せずにタイムの事を語っている人を見て、何て的外れな事言っているんだと思う時もあります。
より精度の高い予想を目指すならやるべきですね。
プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: