第49回共同通信杯(リアルスティール)

共同通信杯の名を聞くといよいよ春のG1の足音が聞こえてきた気がしますね。

さて、巷で評判のリアルスティールですが、新馬戦も0.6秒差の圧勝で更に評価を高めた気がします。
過去のデータ的には既に紹介の通り、新馬戦組の成績はあまり良くないのですが、この馬の新馬戦のラップを紹介しておきます。

共同01

スローの瞬発力戦ですが、後3F目と後2F目は確かにすばらしいものがあります。
しかし、一番気になるのは後1F目。
明らかに平均値に近づいてます。

これはバテた考えられます。
0.6秒も離したから手を抜いたんではという考え方もあるでしょうが、過去の経験則として本当に強い馬のラップは離して勝った場合でも後1Fがこれほど落ち込むケースは余りありません。

ラップ全体も優秀ですが、唯一無双というわけではありません。
優秀さで言うなら、私がブログで伝説の新馬戦じゃないかと申し上げたブルーフラッシュの新馬戦の方が上です。

ゴールスキーの新馬戦とほぼ同じか、若干上かもしれないぐらいです。

でも、リアルスティール戦の2-3着馬が次走未勝利戦を勝ちあがっているという指摘もあるでしょうが
その未勝利戦のレベルは大した事ありません。
特に3着のメイショウリンクスの勝った未勝利戦はかなり低レベルだと思います。

ブルーフラッシュの新馬戦は
1着 ブルーフラッシュ ⇒ 500万(笑)
2着 ショウナンパンドラ ⇒秋華賞1着
3着 エイシンスパルタン ⇒5戦3勝で現1600万

ゴールスキーの新馬戦は
1着 ゴールスキー ⇒ マイルCS 3着
2着 フラガラッハ ⇒ 中京記念1着 等
3着 アドマイヤタイシ ⇒ G3を連続5回2着 等

という感じなので、将来オープンクラスで活躍する可能性は高そうですが、今回の共同通信杯で間違いなく好走できるレベルにあるかと言われると疑問があります。


そう言う意味ではどんな走りをするか、見るレースかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

共同通信杯とは話が違うんですが、今年のエルフィンSのレベルは賭神さんから見てどうでしょうか?
個人的には勝ち馬は出負けしてのレースで2着馬は大きく馬体重を減らしてのレースでした。まだまだ時計は詰めないといけないと思いますが、今後もお金になりそうな匂いがした2頭に見えました。

Re: タイトルなし

チロルさん


仰る通りエルフィンSはなかなかのレベルだと思います。

ラップが
12.8-11.3-12.1-12.9-12.3-11.2-11.2-11.5
なので、後3F目から11.2はかなり逃げ馬にもきつかったと思います。

4着のサトノゼファーまでは次走警戒したいですね。

返信ありがとうございます。

なるほど、ではサトノゼファーは開幕週のすみれSあたりに出てきてもらいたいですね(≧∇≦)b
プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。



時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: