第31回フェアリーS(仮説)

ひょっとしたら素晴らしい発見かもw
フェアリーSの位置づけ
このレースは厳寒期の1月に行われ、既に賞金を十分に稼いだ馬は出走してこなく
春を前に少しでも賞金を稼ぎたい馬と、遅れてデビューした馬がぶつかるレース。

◆フェアリーS1着馬の共通点
あくまでもサンプルが少ないので、仮説ですが
フェアリーS

1着馬は次の2タイプに分けられる。
①11月以降に1勝目を挙げた、遅咲きの馬
②9月末以降にデビューをして2勝目を挙げている馬

つまりは、早々にデビューをしたにも関わらず、未だ賞金を積み上げられていない馬は勝てない。
遅くデビューした馬に抜き去られるレースがフェアリーS。

◆2着馬
2着馬も見てみると
フェアリーS02

6頭中4頭は11月以降に初勝利を挙げた馬です。
ここまで合致すると偶然とは思えなくないですか?

3歳限定戦は、そのレースを点で見るのではなく、クラッシックロードとして線で見ることも大事だと言う話でした。



もし、このデータが今年も合致したら、もったいデータなので「俺用メモ」で自分以外閲覧できないようにしますw
外れたらそのまま公開w

スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshin

Author:Toshin
2017年2月以降の記事から月額の有料記事になりました。
それ以前の記事は殆ど無料でご覧になれます。

ラップ分析とかコース分析等を「TARGET frontier JV」を使って
かなり細かくやっています。

時々つぶやいてます。
https://twitter.com/HaretaraToshin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
カテゴリー
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: